ヨセフ年記念企画「東京教区のヨセフ像」

2021年03月15日

このコーナーでは、ヨセフ年を記念して東京教区の教会や修道院に置かれているヨセフ像を、その像にまつわるエピソードと共にご紹介します。機会があれば、最寄りの「ヨセフ様巡り」の巡礼をなさってみてはいかがでしょうか?
※ヨセフ年に関する詳しい解説はカトリック中央協議会の特設ページをご覧ください。
※カトリック中央協議会では「聖ヨセフの連願」「聖ヨセフへの祈り」の日本語訳を公表しています。お祈りください。

東京カテドラル

カテドラルのルルドの横に立つヨセフ像をご存じでしょうか。白柳誠一枢機卿によって「受けとめるヨゼフ」と名付けられたこの像は、彫刻家の関谷光生(せきや みつお)氏の手によって1999年に完成しました。銘板の文字も白柳枢機卿の筆によるものです。カトリック信者ではない関谷氏は、ヨセフ像を制作するにあたり、アトリエで森一弘司教や稲川保明神父から説明を受けたり、森司教と一緒に宇治のカルメル会のヨセフ像を見学しに行ったりするなどして、聖ヨセフへの理解を深めたそうです。

また、このヨセフ像の設置には、当時司教館で奉仕していた大阪聖ヨゼフ宣教修道女会のシスターたちへの感謝も込められており、大阪ヨゼフ会の本部修道院(大阪府箕面市)にも関谷氏の手によるヨセフ像が置かれています。カテドラルの正面扉から外に出ると、ルルドのマリア像と受けとめるヨセフ像の両方が目に入ります。今年はヨセフ年。カテドラルにお越しの際には、ルルドだけではなく、是非ヨセフ像の前にも足を運び、主イエスの養父である聖ヨセフに祈りを捧げていただければ幸いです。


白柳枢機卿の筆による銘文

本所教会

本所教会のヨセフ像。 「1951年聖堂が建てられた時に、一緒に安置されたものと思われます。一部修正してありますが、当時のままだと思います」(本所教会信徒)とのこと。

ヨセフ像の写真募集します!

「ヨセフ年」を記念して、東京教区の教会や修道院にあるヨセフ像の写真を募集いたします(個人所有は含みません)。その像が制作・設置された由来や像にまつわるエピソードの文章を添えて、教区本部事務局広報部宛に郵送かEメールで写真をお寄せください。お送りいただいた写真と文章は教区ニュースと教区ウェブサイトでご紹介いたします。沢山のご応募お待ちしています!

送付先
郵送:〒112-0014 
   東京都文京区関口3-16-15
   カトリック東京教区事務局広報部
   E-mail

※メール添付の場合、ファイル形式は問いませんが、できる限りサイズの大きな写真を添付してください。