6がつ21にちからのきょうかいかつどうのさいかいにむけて(かんたんなにほんご)

2020年06月10日

とうきょうきょうくしんとのみなさま

きょうかいかつどうのさいかいにむけて

しんがたコロナウイルス(COVID-19)のために、しじゅんせつから、こうかいのミサをちゅうししていましたが、


6がつ21にちからきょうかいをすこしずつさいかいします。

ミサもはじまりますが、しばらくのあいだ、つぎのことをまもってください。

1. ミサでは、まわりのひとと1.5メートルから2メートルはなれてください。そのために、いちどにミサにはいれるにんずうをすくなくします。

2. おとしより(とくに75さいいじょうのひと)、びょうきがあるひとは、まだきょうかいにこないで、じぶんのいえでおいのりしてください。おとしよりやびょうきのひとがしんがたコロナウイルスにうつると、ひどくなりやすいです。なくなることもあります。

3. ミサではかならずマスクをつけてください。せいどうにはいるときはてやゆびをしょうどくしてください。

4. しばらくのあいだ、せいどうのいりぐちにせいすいはおきません。

5.しばらくのあいだ、ミサで、みんなでうたうことはしません。

6.ミサのへいわのあいさつでは、まわりのひとのからだにさわらないでください(ハグやあくしゅをしないでください)。

7.しばらくのあいだ、ミサでほうのうはしません。ごせいたい(キリストのからだ)はくちではなく、てでもらうようにおねがいします。

8.ミサのなかでけんきんはあつめません。ほかのほうほうであつめます。

ミサいがいのかつどうでも、つぎのことにきをつけてください。

1.せんれいしきは、とくべつに、すくないにんずうでおこないます。

2.けっこんしきは、できるだけえんきしてください。

3.ゆるしのひせき(こっかい)は、ウイルスがうつらないように、すこしはなれておこないます。

4.びょうしゃのとゆは、ウイルスがうつらないようにきをつけておこないます。

5.おそうしきは、かぞくとよくはなしあって、ウイルスがうつらないようにきをつけておこないます。さきにかそうだけをして、あとでおそうしきをすることもできます。

6.ミサいがいのきょうかいのあつまりは20にんよりすくないにんずうで、みじかいじかんでしてください。まわりのひとと1.5メートルいじょうはなれること、マスクをすることをわすれないでください。