菊地大司教の現状について(2022.6.3)

2022年06月03日

東京教区の皆様へ

菊地大司教の現状について(2022.6.3)

菊地大司教の新型コロナ感染症の状況ですが、本日、自宅療養期間が解除されました。菊地大司教が自身のfacebookページに投稿した現状報告を、本人の了解の下に転載いたします。

「5月23日夜に発症に、25日にはコロナ陽性と診断され、その後、発熱とのどの痛みとともに、10日間の自宅療養を過ごしてきました。保健所から昨晩で療養解除のメールをいただきましたので、今朝から復帰しています。

皆様のお祈りと支えとお見舞いに感謝します。

熱は平熱ですし、のどの痛みは取れたものの、まだ咳が残り、声も十分に戻っていません。体調が完全になるまでは、もう少し時間がかかりそうです。ゆっくり前進します。あらためて、皆様のお祈りに感謝します。」

完全な回復までは今しばらくの時間がかかると思われます。当面は回復状況を考慮しながらの活動となります。引き続き、お祈りによるお支えをよろしくお願いいたします。

教区本部
事務局長
浦野 雄二