仙台教区に新司教任命

2021年12月08日


教皇フランシスコは、本日12月8日20時(ローマ時間お昼)、2020年3月から空位であった仙台教区司教にエドガル・ガクタン(Edgar GACUTAN)神父を任命されました。

ガクタン被選司教は、フィリピン出身の淳心会会員で、現在は東京教区松原教会主任司祭。2014年1月から2017年3月までは仙台教区に派遣されていました。

詳細は追って仙台教区から発表されます。ガクタン被選司教様、おめでとうございます。

エドガル・ガクタン被選司教略歴

1964年9月23日  フィリピン、ルソン島東北部カガヤン(Cagayan)州で誕生
1990年2月 来日
1994年4月23日 司祭叙階(フィリピン)
1994年5月〜1997年3月 大阪教区金剛教会・三日市教会助任司祭
1997年4月〜2003年11月 大阪教区堺ブロック共同宣教司牧
2004年1月〜2012年12月 淳心会日本管区 管区長
2014年1月〜2017年3月 

カリタス大船渡ベース ベース長 
仙台教区第4地区担当
仙台教区外国人支援センター センター長

2017年4月〜 東京教区松原教会
2020年7月〜 淳心会アジア管区・日本地区 地区長