宣教地召命促進の日 祈りと共同祈願

2021年12月03日

毎年、12月の第1日曜日(今年は12月5日)は「宣教地召命促進の日」にあたっています。東京教区教皇庁宣教事業では、今年の宣教地召命促進の日のために祈りと共同祈願を作成いたしました。ミサや共同体の祈りの中で、また、置かれた場での祈りにおいてご活用いただければ幸いです。

宣教地召命促進の日 祈り

いつくしみ深い父よ、

あなたはすべての人をキリストの栄光にあずからせるために、それぞれに与えられた たまものに応じて、愛によって働く生きた信仰の道を進むよう招いておられます。あなたの霊を豊かに注ぎ、わたしたち一人ひとりの歩みを支え、導いてください。

教会の司牧者、奉献生活者として生涯をキリストにささげようと決意し、その歩みを始めた若者たちが、その霊的同伴者・指導者と、忍耐と希望を共にしながら、あなたの愛に生かされる体験を重ねることができますように。彼らのうちに「よいわざを始めてくださった神ご自身が、それを完成してくださいますように」。

また、多くの若者が、神の国の建設のための特別な招きにこたえることができるよう、聖霊によって励まし力づけてください。司教、司祭、助祭、奉献生活者の喜びに満ちた生活のあかしと、ともに歩む教会共同体のあたたかい交わりが、若者たちにとって自分の招かれている道を識別する助けとなりますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

おとめマリアよ、あなたのように、神の招きに「はい」とこたえる愛と勇気を、わたしたち、とくに若者たちのためにとりなしてください。

(東京教区教皇庁宣教事業(MISSIO TOKYO)作成)

共同祈願 
(東京教区の宣教司牧方針から)

・神の国の完成を目指して、司教、司祭、修道者、信徒が、それぞれの多様性を認めつつ、一つになって福音を宣べ伝えようと、ともに歩む東京教区を祝福し、あなたの霊で満たしてください。その生き生きとした歩みの中で、子どもたち、若者たちのうちに、主の特別な招きにこたえる恵みが育まれますように。