東京教区における9月13日以降の対応について

2021年09月03日

カトリック東京大司教区の皆様

カトリック東京大司教区 大司教
菊地功

東京教区における9月13日以降の対応について

東京教区の管轄する東京都と千葉県における緊急事態宣言下での公開ミサの自粛については、8月13日付の公示を持って、皆様にお知らせいたしました。

9月12日までの公開ミサの自粛に関する教区の公示後に、政府にあっても緊急事態宣言を9月12日まで延長とされました。現時点では、感染の拡大傾向に一定の歯止めがかかりつつあるように見受けられますが、同時に政府においては緊急事態宣言のさらなる延長も検討されているとの情報もあります。

教区としてはすでにお知らせしたように、9月5日までに、12日以降の対応について判断をすることとしておりました。そこで、以下のように決定いたしましたので、お知らせいたします。

政府において当初の予定通り、9月12日をもって緊急事態宣言を解除される場合には、翌9月13日から、教区の対応をステージ3とし、感染対策を行った上での公開ミサを再開します。ステージ3の詳細については、12日以前にお知らせします。

しかし、政府において緊急事態宣言を延長する場合には、原則として、新たに設定される緊急事態宣言解除の期限まで、現在の公開ミサの自粛を継続します。

いずれの場合でも、9月12日までに、あらたな対応の詳細をあらためて公示いたします。

以上