ミャンマーからのお礼状

2021年03月29日

先日、菊地大司教からミャンマー司教協議会宛にお送りした手紙(詳細はこちら)に対し、マンダレー大司教区のマルコ・ティン・ウィン大司教様とミャンマーカトリック司教協議会秘書のピーター神父様より御礼のメールを頂きましたのでご紹介いたします。


Your Grace,

Thank you very much indeed for your letter and for the prayerful animation of the churches of Tokyo. I greatly appreciate your solidarity in prayers..

As a pastor of the diocese I try to stay close to the people in many different ways.

I was away from the office recently to give a preparation retreat before the priestly ordination of 4 deacons of Mandalay.

With prayerful wishes,
+ Marco Tin Win

主の平和

大司教様からのお手紙と、東京教区の皆様の祈りによる励ましと連帯に心から感謝いたします。

教区の牧者として、私は様々な方法で人々に寄り添うよう努めています。

マンダレーの4人の助祭のために司祭叙階準備黙想を行うため、数日間オフィスを離れていました。

祈りを込めて

マンダレー大司教 
†マルコ・ティン・ウィン


2020年2月ミャンマーのマンダレーにて。菊地大司教と祈りを捧げるマルコ大司教。


Greetings from CBCM.

Thank you so much for your message of solidarity with us in time of special need.

I will forward your letter to all our Arch/Bishops in Myanmar.

May I take this occasion to invoke the maternal care and protection of the Immaculate Mary be upon you, your sheep and all children of Japan.

In the service of the Lord,

Fr. Peter
Executive secretary
CBCM

ミャンマーカトリック司教協議会よりご挨拶いたします。

大司教様からの連帯のメッセージに心から感謝いたします。今こそ私たちはそれを必要としています。

ミャンマーのすべての大司教と司教に、菊地大司教様からのお手紙を伝えます。

この場をお借りして、大司教様と日本の信徒の皆様の上に無原罪の聖母マリアの保護がありますようお祈りいたします。

主への奉仕のうちに

ミャンマーカトリック司教協議会
秘書
ピーター神父