2021年「性虐待被害者のための祈りと償いの日」について

2021年02月12日

カトリック東京大司教区の皆様

2021年「性虐待被害者のための祈りと償いの日」について

※英語版はこちら

神を信じるわたしたちには、神の賜物である尊厳あるいのちを守るために最善を尽くす義務があります。残念ながら、その務めの模範たるべき聖職者が、とりわけ性虐待という人間の尊厳を辱め蹂躙する行為におよんだ事例が、世界各地で、過去にさかのぼって多数報告されています。なかでも保護を必要とする未成年者に対する性虐待という、卑劣な行為を行った聖職者の存在も明らかになっています。

加えて司教をはじめとした教会の責任者が、聖職者の加害行為を隠蔽した事例も、少なくありません。日本の教会も例外ではありません。

教皇フランシスコは、聖職者によるこのような問題に教会が全体として真摯に取り組み、その罪を認め、ゆるしを願い、また被害にあった方々の尊厳の回復のために尽くすよう求めておられます。そして特別の祈りの日を設けるようにと指示されました。日本の司教団は、日本における「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を、四旬節・第二金曜日と定めました。

2021年にあっては、来る3 月5日(金)がこの「性虐待被害者のための祈りと償いの日」にあたります。

東京教区の各小教区共同体にあっては、この日、またはその直後の日曜日に、教皇様の意向に従ってミサを捧げてくださるようにお願いいたします。そのミサにおいては、『ゆるしの奉献文』が使用されることといたします。またこの意向を持ってのミサが主日など他の日に捧げられる場合でも、3月5日当日には、祈りの時を持つことも勧められています。なお共に唱えるための祈りが新潟教区訳で準備されています。

また東京カテドラル聖マリア大聖堂では、3月7日(日)午前10時の関口教会主日ミサをこの意向を持っての大司教ミサといたします。祈りを共にしてくださるように、お願いいたします。

無関心や隠蔽という教会の罪を認めるとともに、被害を受けられた方々に心からお詫び申し上げます。同じようなことが繰り返されないように、信仰における決意を新たにし、愛のうちに祈り、行動したいと思います。

カトリック東京大司教区
大司教 菊地功

 

<参照>

「性虐待被害者のための祈りと償いの日」共同祈願例文

・いつくしみの主である神よ、教会に集う私たちが、被害に遭われた方の痛みに寄り添い、共に癒しの道を歩めるよう導いてください。
・加害者が謙虚にその過ちを認め、被害に遭われた方とその家族に誠実に謝罪することができるよう、光と力をお与えください。
・仕えるために来られたキリストに従い、人々への奉仕の道を歩むことを選んだ聖職者たちが、その使命を全うすることができるよう導いてください。
・神の民である私たちが良心に目覚め、弱い立場におかれている子どもや大人を守り、連帯し、キリストの福音を告げる使命を全うすることができますように。

(カトリック中央協議会 子どもと女性の権利擁護のためのデスク 作成)

 

的虐待被害者のための祈り」

※スマホ用祈りのカードはこちら

天の父よ、あなたは、あなたのすべての子どもたち、特に最も小さく弱い子どもたちを愛し、心にかけておられます。性的虐待を受け、信頼と純真の心を傷つけられてしまった、自分を守ることのできない多くの子どもと大人たちをあなたに委ねます。私たちが彼ら、彼女らの苦しみの叫びに耳を傾け、損なわれた多くの人生に寄り添い、責任ある行動を取っていくことができますように。

被害を受けた方々が、仲間や家族からの理解と支えを受け、あなたの恵みによって傷が癒やされ、平安に生きることができますように。

聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、罪を除いて私たちと同じ弱さを身にまとわれた御子、私たちの主、イエス・キリストによって。アーメン。

(教皇庁児童を守るための委員会作成 新潟教区訳)