スリランカのために祈りましょう

2019年04月24日

カトリック東京大司教区のみなさま

御復活おめでとうございます。

 去る4月21日、私たちが御復活の主日の喜びに包まれていたとき、スリランカでは大規模な爆発テロ事件が発生し、多くの方が生命を奪われ、また負傷されました。攻撃を受けたのは首都コロンボをはじめとした複数の町の教会やホテルです。
 喜びの日であるべき復活祭に、このような悲劇に直面された多くの兄弟姉妹の心に受けた衝撃を思うとき、また愛する家族や友人を失った多くの方々の悲しみを思うとき、どのような言葉も慰めにはならないことを実感いたします。
 いかなる理由があるにせよ、尊厳ある人間の生命を暴力的に奪うことは、決して認められることではありません。その蛮行を、強く非難します。

 暴力的に生命を奪われた方々の永遠の安息を祈るとともに、怪我をされた方々の一日も早い回復をお祈りいたします。また、祈りのために教会に集まっていた多くの方が、今回の暴力的攻撃によって恐怖にさらされたことを考えるとき、スリランカの教会が受けた衝撃と深い傷を思わずにはいられません。スリランカの兄弟姉妹の、心の傷のいやしのために祈りたいと思います。

 宗教に生きる私たちは、生命の尊厳を守り抜き、神の秩序が確立された世界を実現するために、平和への道を選択しなければならないことを、あらためて心に刻みたいと思います。

 私たちはスリランカのために祈りを捧げたいと思います。復活節第二主日にあたる4月28日の主日ミサにおいて、スリランカの教会の兄弟姉妹のために、またスリランカにおける平和の確立のために、亡くなられた方々の永遠の安息のために、また負傷された方々の一日も早い回復のために、祈りをささげてくださるようお願いいたします。

 復活の主の力強い御手が、私たちを包み込んでくださることを願いながら。

2019年4月24日

カトリック東京大司教区 大司教
タルチシオ菊地功