平和旬間2021

 

ミャンマーの人々に想いを寄せて

カトリック東京大司教区 大司教
菊地 功

2021 年2 月1 日に発生したクーデター以降、ミャンマーの国情は安定せず、人々とともに平和を求めて立ち上がったカトリック教会に対して、暴力的な攻撃も行われています。

そこで2021 年の平和旬間は、特に東京教区の姉妹教会であるミャンマーの教会に思いを馳せ、ミャンマーの人々のために、またその平和のために特に祈るときとしたいと思います。

ミャンマー司教協議会会長であるチャールズ・ボ枢機卿の平和への呼びかけに応え、聖霊の導きのもとに、政府や軍の関係者が平和のために賢明な判断が出来るように、弱い立場に置かれた人々、特にミャンマーでの数多の少数民族の方々のいのちが守られるように、信仰の自由が守られるように、この平和旬間にともに祈りましょう。

また具体的な行動として、8月8 日の主日のミサで「ミャンマーの人々のため」の意向で、特別献金をお願いいたします。

神の望まれる平和が、この世界に実現しますように。御旨が行われますように。

ミャンマーの教会のための祈り

罪と暗闇へのキリストの勝利を記念するわたしたちは、
ミャンマーの人々が闇に打ち勝ち、
真の平和と和解を実現することができるよう願い求めます。
今、教皇と共に祈ります。
ミャンマーの兄弟姉妹の勇気と忍耐が、
父である神の愛の力を信じる希望の証となりますように。
聖母マリア、私たちのために祈ってください。

※スマホ用祈りのカードはこちら

平和旬間 2021「ミャンマーの人々のため」特別献金のお願い

郵便振替口座
口座号記番号 00130-9-55151
加入者名   宗教法人 カトリック東京大司教区

※通信欄に「ミャンマーの特別献金」と記入してください。
 恐れ入りますが振込手数料はご負担ください。

皆様の献金は、東京教区のミャンマー委員会(責任者:レオ・シューマカ神父)を通じて、ミャンマーの教会に届けられます。

・平和旬間 2021「ミャンマーの人々のため」特別献金の受付は8月31日をもって終了しました。
・8月31日以降、ミャンマーの人々のために献金をなさりたい方は、教区本部事務局までお問い合わせください。
・通常、小教区で皆様にお願いしている「ミャンマーの教会のための献金」は、ミャンマーの神学校の建設と運営のために使われています(経緯に関してはこちらをご一読ください)。内戦で苦しんでいるミャンマーの人々のために献金をなさりたい方は、上記の通り教区本部事務局までご連絡ください。