菊地大司教

    週刊大司教第三十八回:年間第十九主日

    暑い毎日が続いております。暑いとは言え、8月7日は立秋です。ですので、この場を借りて、教区の皆様に残暑お見舞い申し上げます。どうか暑さに気をつけて、同時に感染対策も怠らずに、安全にお過ごしください。

    現在東京教区が管轄する東京都と千葉県は、緊急事態宣言の対象となっています。この数日発表される、毎日の新規陽性者の数も高い数字が連続しています。加えて感染力が高いと言われるデルタ株が広まっているという報道もありました。

    高齢の方を中心にワクチン接種が進んでおり、高齢者が感染しても重症化は避けられているという話も耳にしますが、しかし、慎重な感染対策を続けることは不可欠です。

    マスクをすること、手洗いやうがいを徹底すること、互いの距離をとることは、絶対に忘れないでください。加えて、教会でお願いしている、一斉に唄ったり祈りを唱えないことを徹底してくださるようにお願いします。6日の東京都知事の記者会見では、マスク着用や手指の消毒の徹底に加えて、施設の入場制限を徹底することや、互いの距離を1.8mはとることが強く求められています。聖堂の人数制限の厳守と、互いの距離の確保を、今一度、徹底してくださるように、お願いします。

    その上で、特にミサが終わった後のことですが、ミサの前も同様です。互いのおしゃべりです。そもそも聖堂では、日頃からいわゆる「おしゃべり」は避けて沈黙のうちに祈りの雰囲気を保っていただきたいのです。そして、対策への慣れもあるのだと思いますが、中にはよく聞き取れないからとマスクをずらしたり、互いに近づいたり、大声になったり、数名の方が密集したりと、今少し慎重に行動してくださるようにお願いいたします。

    わたしとしてはなんとか安全を確保しながら、できる限りミサの公開を継続し、秘跡にあずかっていただく機会を確保したいと願っています。ですので、どうか今しばらくの間は、慎重な対策の徹底をお願いします。

    すでに何度もお知らせしているように、ミサ参加者の受付をしてくださる方や消毒を担当してくださる方の確保が難しい場合、またそういった方々から不安が聞かれる場合は、主任司祭は「躊躇せず」に、ミサの公開を中止してください。地域によって感染の事情が大きく異なっていますので、基本的には、「いまはミサのために聖堂に集まることは難しいことなのだ」と言う認識を大前提に、お考えください。

    少しでも体調の悪い方や、不安のある方は、どうか自宅でお祈りください。主日のミサの義務は、現在も教区全体に対して免除しています。

    以下、7日夕方6時配信の、週刊大司教第三十八回のメッセージ原稿です。
    ※印刷用はこちら
    ※ふりがなつきはこちら

    年間第19主日
    週刊大司教第38回
    2021年8月8日前晩

    列王記は、預言者エリヤがバアルの祭司たちと対峙し勝利した後、王妃イゼベルから恨みを買って、荒れ野へと逃れていく話を記します。神の道に忠実であり、その義を貫徹しようとすることは命がけであることが明示されている一方、精根尽き果てた義の人エリヤを、神は励まし続けたとも記されています。神の与えた使命を果たそうとする人に、神は寄り添って励ましてくださいます。

    パウロはエフェソの教会への手紙で、わたしたちを生かし力づけてくださる聖霊に逆らうことなく、神に倣うものとして、「互いに親切にし、憐れみに心で接し、・・・ゆるし合いなさい」と勧めます。神の聖霊に満たされているものは、キリストご自身が愛ゆえにあがないのいけにえとなられたことに倣い、愛によって歩むのだとパウロは指摘します。

    ヨハネ福音は、先週に続けて、主ご自身が「いのちのパン」であり、「天から降ってきた生きたパン」を食べるものは、「永遠に生きる」と宣言された言葉を記しています。

    賜物であるいのちを生かし続けようとする神の愛は、主ご自身が自ら十字架へと歩まれたその行為のうちに明示されています。わたしたちには、キリストをいただくものとして、その神の愛、すなわちすべてのいのちを守り生かそうとする神の愛に応えて生きる務めがあります。

    わたしたちにとって、すべてのいのちを守るために行動することは、平和のための行動でもあります。パウロが指摘するように、「無慈悲、憤り、怒り、わめき、そしりなど」は、「一切の悪意」」とともに、いのちを大切にする行動とは対極にあり、すなわち平和を破壊する行動につながります。しかし「互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストによってあなた方を赦してくださったように、赦し」あうことは、いのちを守る行動に繋がり、平和を築き上げます。

    「過去をふり返ることは、将来に対する責任を担うことです」と、教皇ヨハネ・パウロ二世は、1981年に広島で述べられました。

    第二次世界大戦が終結してから今に至るまで、戦争の悲惨な現実が繰り返し多くの人によって語り続けられてきたのは、戦争が自然災害のように避けることのできない自然現象なのではなく、まさしく教皇ヨハネ・パウロ二世が広島で指摘されたように、「戦争は人間のしわざ」であるからに他なりません。そして、「人類は、自己破壊という運命のもとにあるものでは」ないからこそ、その悲劇を人間は自らの力で避けることが可能です。

    教皇フランシスコは、長崎の爆心地公園で、こう述べられました。

    「軍備拡張競争は、貴重な資源の無駄遣いです。本来それは、人々の全人的発展と自然環境の保全に使われるべきものです。今日の世界では、何百万という子どもや家族が、人間以下の生活を強いられています。しかし、武器の製造、改良、維持、商いに財が費やされ、築かれ、日ごと武器は、いっそう破壊的になっています。これらは神に歯向かうテロ行為です」

    教会にとって平和とは、戦争がないことだけを意味してはいません。それは神の秩序が確立された状態であり、すべてのいのちが大切にされている共通の家で、だれも排除されることのない社会を実現することであります。天上での完成の日を目指して、わたしたちは神が愛をもって創造されたこの世界を、日々、神の望まれる姿へ近づける努力を怠ってはなりません。その使命を果たす努力を続けるわたしたちに、なかなかゴールに到達できずに疲れ切ったわたしたちに、主は常に寄り添い、ともに歩んでくださいます。

    東京大司教タルチシオ菊地功