2021年待降節メッセージ

2021年11月27日

助け合いながら、ともに歩む

カトリック東京大司教区 大司教
菊地功

「いつも目を覚まして祈りなさい」と呼びかける主は、わたしたちが、「時のしるし」に心を向けるよう招いておられます。命の危機すら感じさせられた感染症の状況の中で、主の降誕を迎えるために準備をするのは、今年で2回目となりました。全体の状況は明るい兆しも見られるものの、感染の再燃を危惧する声もあり、先行く道筋が完全に見通せるようになったわけではありません。

わたしたちはこの2年間、困難な状況の中で互いに支え合い、助け合いながら、ともに道を歩むことの大切さを肌で感じました。同時にそういった神の目で見た真の連帯が実現し切れていないことも知っています。私たちのいのちは、「互いに助けるもの」となるように、わたしたちに与えられています。助け合い、支え合いながら生きることは、わたしたちがこの命をよりふさわしく生きていくために欠くことのできない務めです。

教会は今、2023年秋に向けて、シノドスの歩みをともにしています。教会は、神の民として、互いに支え合い、助け合いながら、ともに歩んでいくことによって成立しているのだと言うことを、実際に体験しようとしています。ともに歩むことの大切さは、今の世界の状況の中でわたしたちが「時のしるし」を読み解くとき、真っ先に気がつく神からの呼びかけです。

今しばらくは、慎重な行動が必要です。まだ以前のような集まりができませんが、しかし、共にいてくださる神の誕生を前に、より良い準備ができるように、互いに支え合いながら歩み続けましょう。