諸宗教の祈り「希望と連帯に向けた諸宗教のひととき」実施のお知らせ

2020年03月27日

新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受け、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会は、人類家族の希望のための宗教者の連帯を呼びかける諸宗教の祈り「希望と連帯に向けた諸宗教のひととき」を実施します。

この諸宗教の祈りは、4月1日、WCRP/RfP国際委員会に関係する宗教指導者がそれぞれの場所で祈りを捧げ、それらをインターネットで中継することで祈りの時間を共に分かち合うものです。現在の困難な状況において、一人ひとりのいのちを尊重し、すべての人々の幸福の祈りを捧げ合います。カトリック教会からはジョン・オナイェケン枢機卿(ナイジェリア・アブジャ大司教)が祈りを捧げます。

宗教に関係なくどなたでもご参加いただけます。具体的な内容、参加方法(視聴方法)は世界宗教者平和会議日本委員会のホームページをご覧ください

世界宗教者平和会議とは

1970年に京都で創設された世界の主要な宗教の代表者による平和を指向する国際団体であり、国連公認のNGO。