東日本大震災5周年追悼・復興記念ミサ説教

2016年3月11日(金) 東京カテドラルにて

[聖書朗読箇所]

説教

今日、東日本大震災が起こってちょうど5周年を迎えました。東日本大震災により多くの命を奪われ、また多くの人が行方不明になり、さらに津波によって福島第一原発事故が起こりました。東日本大震災によって、日本列島に住む人だけでなく、世界中の人が大きな、深刻な衝撃を受けたのです。
いまなお多くの人々が心身の傷に苦しみ、不安を抱いていいます。依然として、多くの人々は故郷を追われて、不自由で不安な避難の生活を余儀なくされたのです。
紛れもなく、東日本大震災という出来事には天災と人災の両面があります。地震と津波は自然災害ですが、しかし原発事故は人間が引き起こした災害です。

大震災に出会った日本に住む小学2年生の少女が教皇ベネディクト16世に質問を送ったところ、驚いたことに教皇は丁寧にお答えになり、その答えが公表されました。
日本に住む一少女の質問に教皇ベネディクト16世が愛を込めて丁寧にお答えくださったことをわたしは決して忘れません。
少女の質問は、「どうして日本の子どもは悲しい、怖い思いをしなければならないのですか」ということでした。
教皇の答えは、「それはわたしにも分かりません。しかし信じてください。神様はあなた方の苦しみは御存じです。神様にいつもあなた教方と一緒にいます。そのわけが分かるときがいつかくるでしょう」という趣旨でありました。(『教皇ベネディクト一六世  霊的講話集2011 イエスについて、参照』
わたしはこの5年間、この少女の質問は、「地震と津波はどうして起こったのですか」という趣旨であると思ってきましたが、やがって、これはわたしの思い違いである、とはっきり思うようになりました。
彼女は「福島第一原発事故」を含めての「この恐ろしい大災害がどうして起こったのか」と質問したのだと思います。
自然災害がおこることをわたしたちは止めることができません。しかし人災は別です。原発は人災です。人災である原発事故は人間の責任です。
わたしたたちはどうしたらいいでしょうか。そのためには、原子力発電所の安全を確保して、絶対に原発事故が起こらないようにするか、あるいは、原発自体を廃止するしか、ないと思います。
原子力の平和利用と言いながら人類は何度も原発事故を起こしてきました。原発は安全であるという主張を信用することはできません。原発事故を起こさないためには原発自体を廃止するしかないのです。
そもそも原発自体が、人類の思い上がりであるのです。それはあたかも創世記にでてくる「バベルの塔」のようなもので、人類の神への反抗、不従順、不信仰のしるしなのです。
2011年11月8日、仙台に集まった日本の司教たちはこの事故についてメッセージを発表し、即時廃止を訴えました。
「わたしたち人間には神の被造物であるすべてのいのち、自然を守り、子孫により安全で安心できる環境をわたす責任があります。利益や効率を優先する経済至上主義ではなく、尊いいのち、美しい自然を守るために原発の廃止をいますぐ決断しなければなりません。 ・・・新たな地震や津波による災害が予測されるなか、・・・原発が今回のような甚大な事故を起こす危険をはらんでいます。自然災害に伴う人災を出来る限り最小限にくい止めるためには原発の廃止は必至です。」
またわたしたちの反省と自戒の念を含めて次のようにも訴えました。
「わたしたちキリスト者には、何よりも神から求められる生き方、つまり「単純質素な生活、祈りの精神、すべての人々に対する愛、とくに小さく貧しい人々への愛、従順、謙遜、離脱、自己犠牲」(パウロ6世の「福音宣教」よりの引用)などによって、福音の真正なあかしを立てる務めがあります。」(以上、2011年11月8日 仙台にて、 日本カトリック司教団 )
今日の福音でイエスは言われました。
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11・28-30)
わたしたちは、このイエスの招きに応えて、主イエスからや安らぎをいただき、イエスに学び、神の愛の実行に努めなければなりません。いつくしの神のみ顔である主イエスは人々の痛み、嘆き、苦しみをご存知です。
祈りましょう。
「どうか主よ、わたしたちにいつくしみと癒し励ましの恵みをお与ください。ひとり一人が自分の軛を負いながら、ともに人々の苦しみを担うことができますよう、聖霊を注いでください。」
今日の第一朗読でパウロは教えます。
「愛は忍耐強い。愛は情け深い。・・・不義を喜ばず、真実を喜ぶ。7すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。愛は決して滅びない。」(一コリント13・4-8)
ところで先日東京カテドラルに三博士(三賢王)の聖遺物を持参されたケルンのヴェルキ枢機卿は、ドイツへ避難してきた膨大な難民を受け入れることについて熱を込めて語っています。※1
難民を兄弟姉妹として受け入れることはパウロの教える神の愛の実行そのものです。具体的に、衣食住の問題、さらに難民の教育と仕事の世話などの課題についても枢機卿は話しました。
神は愛です。神の愛は聖霊によってわたしたちの心に注がれています。(ローマ5・5参照)
この厳しい現実の中で神の愛を信じ続け希望し続け、愛を実行する恵みをお祈りいたしましょう。

※1: わたしどものホーム・ページにある「教区からのお知らせ」の欄で、ヴェルキ枢機卿が行った説教の日本語訳を見ることができます。