カトリック成城教会

※新型コロナウイルス感染症防止のため、ミサや各種行事の時間が変更になっている場合があります。教会にお越しの際は、必ず事前にお問い合わせくださるようお願いいたします。

教会堂名

聖タデオ

住所・連絡先

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-21-16 [Google地図]
電話:03-3417-5211 Fax:03-3417-0790
ホームページ:http://www.seijo-church.com/ 携帯サイト:http://www.seijo-church.com/m


小田急小田原線「成城学園前駅」南口より、徒歩2分。  
【渋谷駅より】 3番のりば 小田急バス・東急バス 渋24系統 “成城学園前駅行き”
【東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」より】 3番のりば 小田急バス・東急バス 玉07系統 “成城学園前駅行き”
【京王線「千歳烏山駅」より】 南口1番のりば 小田急バス 成06系統 “成城学園前駅行き” 北口1番のりば 小田急バス 成02系統 “成城学園前駅行き”
【京王線「調布駅」南口より】 2番のりば 小田急バス 成04系統 “成城学園前駅行き” 成城学園前駅下車、徒歩2分。

主日のミサ

土曜日 18:00  
日曜日 8:30 10:00

平日のミサ

初金ミサ:第1金曜日 10:00

創立年月日

1953年

主任司祭

トマス・アクィナス 山本 量太郎 (やまもと りょうたろう)

信徒数

2,592人(2019年12月31日現在)

主日のミサ

土曜日 18:00
日曜日 8:30 / 10:00

週日のミサ

初金ミサ:第1金曜日 10:00

宣教協力体

多摩南

教会学校

上記「成城教会ホームページ」を参照 ください。

講座

上記「成城教会ホームページ」を参照 ください。

福祉活動

上記「成城教会ホームページ」を参照 ください。

諸活動

上記「成城教会ホームページ」を参照ください。

身障者設備

聖堂入口にスロープ、信徒会館にエレベータ、トイレ

歴史

1953年11月に、喜多見教会の主任司祭の大越神父様のご熱意と共に、故佐藤裕雄氏の並々ならぬご尽力によって、現在の地に教会が建立されることになりました。購入した邸宅には、数奇屋造りの日本家屋と和風庭園があり、前者は聖堂、司祭館、信徒会館を兼ね、あらゆる活動の場として活気に満ちていました。それから間も無く、新しい聖堂建設を目指すことになり、信徒たちは一致団結して資金集めに知恵を絞り、日曜毎の雑貨屋、瓦献金、音楽会などが行われました。大きな支援として、1954年春にボストン市のクッシング大司教から寄せられた一万ドル(約400万円)を土井大司教が建設基金に当ててくださいました。
 
設計者は当時早稲田大学教授の今井謙次氏(1895-1987)です。大越神父の『聖堂は聖タデオに捧げられる。聖タデオは目立たない聖人であった』という一言が設計に反映されたとのことです。外部はコンクリートの打ちっぱなし、祭壇部の七つの星のステンドグラスと、祭壇前のアーチなどが今井氏の苦心作で、聖堂の特徴でもあります。
こうして、「便利なところに宣教の根拠地を!」という熱い思いが実り、1955年3月21日に新聖堂が落成し、土井大司教他、教区から65名の司祭を迎えて、聖タデオに捧げた成城教会の献堂式が荘厳かつ盛大に行われました。
教会設立10周年を記念して、1963年11月3日に、現在のルルドが完成し、祝別されました。
 
鐘楼の鐘は、音楽家、故属(さっか)啓成氏が、ケルンに特注して1965年4月にご寄付いただいたものです。学園地区として知られる成城の町では、毎日曜日の朝ごとに、晴朗で清らかに澄んだ鐘の音がひびき渡り、日曜日のミサを告げています。
 
献堂50周年を 記念て、教会施設の充実が行われました。1968年11月3日にルルド像、1978年10月に鉄筋コンクリート2階建信徒会館、1985年11月に司祭館がそれぞれ完成し、1999年9月には聖堂が補修され、会館に車椅子用エレベーターが設置されました。
2005年4月に岡田武夫大司教を迎えて献堂50周年の記念ミサが捧げられました。同年3月に「カトリック成城教会献堂50周年記念誌」(A4サイズ90ページ)が発行されています。

 

現状

その他の最近の主な行事としては、2006年11月に岡田大司教による49名の堅信式と2007年2月に御受難修道会の染野治雄神学生の助祭叙階式が行われています。
歴代の主任司祭は次の通りです。
初代: 大越菊次郎師(1953-1969)
第2代: 鈴木一郎師(1969-1974)
第3代: 市川裕師(1974-1985)
第4代: 井手雄太郎師(1985-1998)
第5代: コンスタン・ルイ師(パリ外国宣教会)(1998-2005)
第6代: ブランビッラスカ・フェルッチョ師(ミラノ外国宣教会)(2005-2008)
第7代: パウロ 福島 一基師(2008-2016)
第8代: トマス・アクィナス 山本 量太郎師(2016- )

いくつかの貴重な建造物・作品があり、信徒は約2,000名となり、様々な活動が行われています。交通にも便利な立地です。「人にやさしくみんなでわかちあえる教会」と「お祈りを大切にする教会」を目指しています。
ホームページを是非ご覧ください。