菊地大司教

    週刊大司教第六十六回:年間第八主日

    このところ危機的な状況が継続していたウクライナを巡る国際的緊張関係は、国際社会の対話による解決への呼びかけもむなしく、ロシアの軍事侵攻へと発展してしまいました。

    二つ前の記事でもお知らせしましたが、教皇様は、3月2日の灰の水曜日に平和を求めて断食と祈りをするように呼びかけておられます。また教皇様ご自身は、駐バチカン・ロシア大使館へ直接出向かれて、平和への願いを伝えられたとのことです。

    これまでも世界の歴史の中で同様の行動が繰り返されてきたことですが、政治的・軍事的に大きな力を持った国による、他の独立国をもてあそぶような行動は、世界に与える影響を考えるとゆるされることではありません。また今後の世界秩序に与える影響にも大きなものがあると思われます。今般の事態に関わる政治のリーダーたちが、共通善に資する道を選択し、いのちの尊厳を守る道を選択し、一日も早い事態の沈静化をはかるように望みます。同時に、賜物であるいのちが、これ以上の危機にさらされることのないように祈ります。

    以下、26日午後6時配信の、週刊大司教第66回、年間第八主日のメッセージ原稿です。
    ※印刷用はこちら
    ※ふりがなつきはこちら

    年間第八主日
    週刊大司教第66回
    2022年2月27日前晩

    シラ書は、箴言や知恵の書と並んで、人生の現実を冷徹に見据えた辛辣な言葉に満ちあふれています。その言葉は辛辣であると同時に、人生を豊かに生きる上での奥深い示唆にも満ちあふれた含蓄に富む言葉でもあります。

    本日の朗読として指定されているシラ書の箇所は、「まさしくその通り」としか言い様がない示唆に富んだ言葉の羅列であります。「人間も話をすると欠点が現れてくるものだ」と記され、また「心の思いは話を聞けば分かる」と記されています。わたしたちが語る言葉は、わたしたちの心の反映です。心の鏡です。今こうして言葉を語っている自分自身への自戒も込めてでありますが、心にもないことを語ることで自分をより良く見せようとしても、語る言葉がその野望を打ち砕きます。

    ルカ福音はそのことを、イエスの言葉として、「人の口は,心からあふれ出ることを語るのである」と記しています。それはすなわち「木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる」という言葉に集約されます。わたしたちはどのような実を結んでいるのでしょうか。

    同時にルカ福音は、「兄弟の目にあるおがくずは見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」と語るイエスの言葉を記します。どれほどわたしたちは、自らの身を振り返ることなく,他者を裁いていることでしょうか。他者を裁き断罪するとき、わたしたちは時に大きな思い違いをしてはいないでしょうか。自分も同じように、過ちを犯す人間である。弱さを抱えた人間であるということを、忘れてはいないでしょうか。

    コリントの教会への手紙でパウロは、「死よお前の勝利はどこにあるのか」と記しています。死は人間のいのちを奪い、すべてを無に帰することによって、あたかもわたしたちを完全に支配しているかのようであり、それによってわたしたちの上に勝利する存在であるかのように思われます。わたしたちは死によって、すべてを失うからであります。

    しかしパウロは、死はすべての終わりではなく、死に打ち勝って復活した主イエスによって、わたしたちは死による見せかけの勝利を打ち砕き、新しいいのちに生きるという本当の勝利に与るのだと指摘します。人間の存在を無に帰する死という究極の出来事を、主の復活は打ち砕いてしまったのですから、それにあずかる者には恐れるものがありません。パウロは「主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを」わたしたち知っていると記します。

    主に結ばれた苦労に身を委ねないときに、わたしたちは他者を裁きます。主に結ばれた苦労に身を委ねないときに、わたしたちはむなしく虚栄に満ちた言葉を語ります。わたしたちは、主に結ばれて福音に生き、その福音を忠実に語り、その福音が現実化するように努めなくてはなりません。福音は心に秘めておくものではなく、わたしたちの日々の生活を通じて、つまりわたしたちの語る言葉と行いを通じて証しするものです。

    特に、感染症の状況が続く中で、さまざまな活動の自粛が続き,勢いわたしたちはインターネットを通じたコミュニケーションに比重を大きく移しています。インターネットにおける無責任な発言や、他人を裁く言動、また面白おかしくするためなのか、全く真実ではないことを広めようとする言説。時に他者の命を奪うほどの負の力を秘めた言葉の暴力。言葉の後ろに控える人間の心の鏡です。だからこそ、「教会は現代世界の血管に、福音の永遠の力、世界を生かす神の力を送りこまなければ」なりません。(ヨハネ23世「フマーネ・サルーティス」)

    東京大司教タルチシオ菊地功