菊地大司教

    緊急事態宣言が発令されている間の現行の措置

    2020年04月27日

    カトリック東京大司教区
    緊急事態宣言が発令されている間の現行の措置
    2020年4月27日

    カトリック東京大司教区 大司教 菊地功

     

     1:いのちを守るために、基本は、家にとどまりましょう。
    特に高齢であったり持病のある方にあっては、自宅において共同体の祈りに加わるようになさってください。

    2 : 主日のミサにあずかる義務の免除
    当面の間、東京教区のすべての信徒を対象に、主日のミサにあずかる義務を免除します。

    3:公開ミサの中止
    当面の間、不特定多数が参加する公開のミサを原則として中止します。

    4:諸行事・活動の中止
    ミサ以外の諸行事・会合・集いに関しては、緊急に必要な場合を除いて、どのような規模であっても、緊急事態宣言が解除されるまでは、中止または延期としてください。

    5:結婚式
    結婚式に関しては、延期が難しい場合、充分な感染症対策を行い、社会的距離をとって、行います。

    6:葬儀
    葬儀についても、参列者や司祭だけでなく、葬儀社の方々も感染の危険にさらされています。ご遺族の皆様には司祭とよく話し合い、例えば火葬を先に済ませて、後日事態が落ち着いてから葬儀を行う可能性もお考えください。
    諸事情から、ごく小規模で行われる場合でも、感染症対策や社会的距離を充分にとって行います。

    以上