東京大司教区司祭人事について(第3次)


20170417094621962_0001




聖週間の典礼(4月13日~4月16日)


東京都

赤堤 156-0044 世田谷区赤堤3-20-1  Tel/03-3321-0019

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 10:00

赤羽 115-0045 北区赤羽2-1-12    Tel/03-3901-2902

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

秋津 204-0024 清瀬市梅園3-14-18  Tel/042-491-2781

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 10:00

あきる野 190-0142 あきる野市伊奈1  Tel/042-596-1261

  • 4月13日(木) 21:00         
  • 4月14日(金) 21:00
  • 4月15日(土) 21:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

浅草 111-0053 台東区浅草橋5-20-5  Tel/03-3851-4009

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

麻布 106-0031 港区西麻布3-21-6  Tel/03-3408-1500

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

足立 123-0872 足立区江北3-40-27  Tel/03-3897-8356

  • 4月13日(木) 20:00         
  • 4月14日(金) 20:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

泉町 193-0814 八王子市泉町1287   Tel/042-625-5165

 

板橋 193-0814 八王子市泉町1287   Tel/042-625-5165

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 10:00

上野 110-0004 台東区下谷1-5-9    Tel/03-3844-4477

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 12:00 (中国センターとの合同ミサ)

梅田 123-0851 足立区梅田7-19-22   Tel/03-3880-4718

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:00 (日・英)
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

青梅 198-0041 青梅市勝沼1-197    Tel/0428-22-4895

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

大島 100-0101 大島町元町馬の背251  Tel/03-3943-2301

 

大森 143-0016 大田区大森北2-5-11   Tel/03-3761-5047

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

荻窪 168-0072 杉並区高井戸東4-18-13 Tel/03-3334-8216

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

葛西 134-0083 江戸川区中葛西1-10-15 Tel/03-3689-0014

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

蒲田  144-0054 大田区新蒲田1-13-12    Tel/03-3738-0844

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

上野毛 158-0093 世田谷区上野毛2-14-25  Tel/03-3704-2171

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

亀有 120-0003 足立区東和4-3-20  Tel/03-3606-1757

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00(15:00 十字架の道行)
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

神田 101-0065 千代田区西神田1-1-12  Tel/03-3291-0861

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

北町 179-0081 東京都練馬区北町3-16-1 Tel/3933-5057

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

吉祥寺 180-0005 武蔵野市御殿山1-7-8 Tel/0422-44-0181

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間&16:00(タガログ語)

清瀬  204-0022 清瀬市松山1-21-12 Tel/042-491-0104

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

小岩 133-0057 江戸川区西小岩4-4-1 Tel/03-3657-0656 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

高円寺 166-0003 高円寺南2-33-32 Tel/03-3314-5688

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

麹町 102-0083 千代田区麹町6-5 Tel/03-3263-4584 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

小金井 184-0005 小金井市桜町1-2-20 Tel/042-384-5793 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

小平 187-0001 小平市大沼町2-32-10 Tel/042-343-9981 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

三軒茶屋 154-0024 世田谷区三軒茶屋2-51-32 Tel/03-3421-1605 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30 (15:00十字架の道行)
  • 4月15日(土) 19:30 (復活徹夜祭)
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

潮見 135-0052 江東区潮見2-10-5 Tel/03-3644-8189

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00 
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

渋谷 150-0036 渋谷区南平台町18-13 Tel/03-3463-5881 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 10:00

志村 174-0043 板橋区坂下1-38-22 Tel/03-3960-3566 

 

下井草 167-0021 杉並区井草2-31-25 Tel/03-3396-0305 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 18:00ミサはありません

成城 157-0066 世田谷区成城2-21-16 Tel/03-3417-5211 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30 
  • 4月15日(土) 18:00 
  • 4月16日(日) 8:30 10:00    14:00

関口 112-0014 文京区関口3-16-15 Tel/03-3945-0126 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 (洗礼式)
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

関町 177-0051 練馬区関町北2-11-7 Tel/03-3920-2211 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 9:30 (7:00のミサはありません)

瀬田 158-0095 世田谷区瀬田4-16-1 Tel/03-3708-0222 

 

世田谷 155-0031 世田谷区北沢1-45-12 Tel/03-3467-0974 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 18:00

洗足 145-0064 大田区上池台4-7-5 Tel/03-3726-7108 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

高輪 108-0074 港区高輪4-7-1 Tel/03-3441-5556 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 8:00 10:00

高幡 191-0042 日野市程久保4-7-14 Tel/042-592-2463

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 10:00

立川 190-0022 立川市錦町2-8-10 Tel/042-522-1475 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 18:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

多摩 206-0022 多摩市聖ヶ丘1-30-2 Tel/042-374-8668 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

調布 182-0033 調布市富士見町3-21-12 Tel/042-482-3937 

  • 4月13日(木) 19:00 (調布教会聖堂)        
  • 4月14日(金) 19:00 (調布教会聖堂)
  • 4月15日(土) 19:00 (調布教会聖堂)
  • 4月16日(日) 8:00  10:30

築地 104-0044 中央区明石町5-26 Tel/03-3541-8185 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

田園調布 145-0071 大田区田園調布3-43-1 Tel/03-3721-7271

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

東京韓人 112-0014 文京区関口3-16-15 Tel/03-3941-0929 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) なし
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

徳田 176-0013 練馬区豊玉中1-39-1 Tel/03-3991-2101 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:30 
  • 4月16日(日) 10:00のみ

豊島 171-0051 豊島区長崎1-28-22 Tel/03-3957-2540 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 7:00   11:00(英語)  19:30  

豊田 191-0062 日野市多摩平3-12-10 Tel/042-581-8352 

  • 4月13日(木) 20:00         
  • 4月14日(金) 20:00
  • 4月15日(土) 20:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

八王子 192-0066 八王子市本町16-3 Tel/042-622-1642 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

初台 151-0053 渋谷区代々木5-16-3 Tel/03-3466-0361 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

碑文谷 152-0003 目黒区碑文谷1-26-24 Tel/03-3713-7624 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 7:00   10:30   18:00

府中 183-0055 府中市府中町1-40-11 Tel/042-361-9888 

  • 4月13日(木) 19:30           
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

本郷 113-0021 文京区本駒込5-4-3 Tel/03-3941-5916 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

本所 130-0011 墨田区石原4-37-2 Tel/03-3623-6753 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

町田 194-0021 町田市中町3-2-1 Tel/042-722-4504 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

松原 156-0043 世田谷区松原2-28-5 Tel/03-3321-0941 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

町屋 116-0001 荒川区町屋4-7-9 Tel/03-3809-0414

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

三河島 116-0002 荒川区荒川3-11-1 Tel/03-3891-3033 

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

目黒 141-0021 品川区上大崎4-6-22 Tel/03-3491-5461 

  • 4月13日(木) 19:00     21:00(英語)         
  • 4月14日(金) 19:00  21:00(英語)
  • 4月15日(土) 19:00 (日本語・英語)
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

六本木 106-0032 港区六本木4-2-37 Tel/03-3401-2141 

  • 4月13日(木) 19:30         
  • 4月14日(金) 19:30
  • 4月15日(土) 19:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

千葉県

市川 272-0021 市川市八幡3-13-15 Tel/047-322-5488 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

鴨川 296-0001 鴨川市横渚1727-1 Tel/04-7092-0432 

  • 4月13日(木) なし        
  • 4月14日(金) なし
  • 4月15日(土) なし
  • 4月16日(日) 14:00

木更津 292-0831 木更津市富士見3-1-13 Tel/0438-22-3873  

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

五井 290-0081 市原市五井中央西 1-33-10 Tel/0436-21-3830 

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00(国際ミサ) 
  • 4月16日(日) 11:00

佐原 287-0003 佐原市佐原イ417 Tel/0478-52-4079 

  • 4月13日(木) なし        
  • 4月14日(金) なし
  • 4月15日(土) 15:00
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

館山 294-0045 館山市北条1901-7 Tel/0470-22-0780 

  • 4月13日(木) 15:00           
  • 4月14日(金) 15:00
  • 4月15日(土) なし 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

千葉寺 260-0844 千葉市中央区千葉寺町70 Tel/043-261-2920 

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

銚子 288-0812 銚子市栄町1-1448 Tel/0479-22-2795 

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

東金 283-0802 東金市東金251-2 Tel/0475-52-2357 

  • 4月13日(木) 19:00           
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

豊四季 270-0134 流山市長崎2-444 Tel/04-7145-9933 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

習志野 262-0044 千葉市花見川区長作町1385-2 Tel/043-216-0035

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

成田 286-0048 成田市公津の杜2-2-1 Tel/0476-26-4926

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

西千葉 260-0034 千葉市中央区汐見丘町11-14 043-241-4812 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 18:30 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

松戸 271-0092 松戸市松戸1126 Tel/047-362-3516

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 10:30(国際ミサ)

茂原 297-0029 茂原市高師992 Tel/0475-22-2420 

  • 4月13日(木) 19:00         
  • 4月14日(金) 19:00
  • 4月15日(土) 19:00 
  • 4月16日(日) 通常の主日ミサの時間

                                                                             




東京大司教区司祭人事について(第2次)


第二次2




ミサへの招き


東京教区とさいたま教区の皆さんへ
緊急のお知らせ

教皇大使ジョセフ・チェノトゥ大司教よりのお願いをお知らせします。
この度日本政府の招待で教皇庁国務省より外務局長のポール・リチャード・ギャラハー大司教が訪日します。(外務大臣に当たる役職の方です。)
大司教は、日本の教会の訪問を強く希望しています。そこで2017年1月29日の東京カテドラルの10時のミサを共同司式し、ミサ中、英語で説教と挨拶をしてくださることになりました。(通訳あり)
多数の方の参加が望まれます。
                                      

                                   2017年1月13日

                     東京大司教・さいたま教区管理者 ペトロ 岡田武夫




東京大司教区司祭人事について(第1次)


20170123123711824_0001




2016年クリスマスと新年のミサ


2016年
クリスマスと新年のミサ

貧しい人として馬小屋でお生まれになったイエスは、すべての人々に光をお与えになりました。イエスは「私はこの世の中の光である。私に従う者は、決して闇の中を歩むことはない」、とおっしゃいました。光の中を歩む人は、いつも、勇気と永遠の生命への希望、そして、愛をもって天の国を目指して歩んでいるのです。祈りの雰囲気の中で、クリスマスの真の意味を味わうために、どうぞ、教会にいらしてください。降臨された幼子イエスを見つめ、そこから命、希望、愛を汲み取ってください。

恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。
この方こそ主メシアである。
あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中で寝ている乳飲み子を見つけるであろう。
これがあなたがたへのしるしである。
(ルカ 2・10 – 14)


クリスマスと新年のミサの時間

車でお越しの方は、駐車場の有無を必ずをご確認ください。

※スマートフォンで下の表をご覧の際は、表を左右にスクロールして詳細を見ることができます。

☆★☆東京都☆★☆
教会名 12月24日 12月25日 1月1日 住所 電話
赤堤 19:00
キャンドルサービス
10:00 10:00 156-0044
世田谷区赤堤3-20-1
03-3321-0019
赤羽 17:00 19:00 7:00 9:00 17:00 0:00(23:30よりロザリオの祈り)
10:00 17:00
115-0045
北区赤羽2-1-12
03-3901-2902 
秋津 16:00(キャンドルサービス)
19:00
6:30 10:00

12/31
19:00

1/1
11:00

204-0024
清瀬市梅園3-14-18
042-491-2781
あきる野 21:00 11:00 8:30 190-0142
あきる野市伊奈1
042-596-1261
浅草 19:00 10:00
14:30(英語)
0:00 12:00 111-0053
台東区浅草橋5-20-5
03-3851-4009
麻布 19:00 21:00 7:00 9:30 7:00 9:30 106-0031
港区西麻布3-21-6
03-3408-1500
足立 20:00  9:00 12/31
23:40  聖体賛美
24:00

1/1
11:00

123-0872
足立区江北3-40-27
03-3897-8356
泉町  19:00     193-0814
八王子市泉町1287
0426-25-5165
板橋 19:00 10:00  12/31
6:30

1/1
10:00 

173-0034
板橋区幸町8-6
03-3955-5470
上野 20:00(日・中) 10:00
12:00(中国語)
10:00
13:30(中国語)
110-0004
台東区下谷1-5-9
03-3844-4477
梅田 20:00(日・英) 10:00  14:00(英)  12/31
20:00(英)

1/1
10:00
14:00(英)

123-0851
足立区梅田7-19-22
03-3880-4718
青梅 18:00  8:30 12/31
19:30

1/1
11:00 

198-0041
青梅市勝沼1-197
0428-84-2258
大島       100-0101
大島町元町馬の背251
03-3943-2301
大森 18:00キャンドルサービスあり

20:00 キャンドルサービスあり

7:00 9:30  9:30  143-0016
大田区大森北2-5-11
03-3761-5047
荻窪 18:30キャンドルサービス
~ミサ
10:00 11:00 168-0072
杉並区高井戸東4-18-13
03-3334-8216
葛西 19:00(18:00キャンドルサービス) ・・・・・・ 12/31
19:00

1/1
10:00 16:00(英)

134-0083
江戸川区中葛西1-10-15
03-3689-0014
蒲田 19:00  10:00 10:00 144-0054
大田区新蒲田1-13-12
03-3738-0844
上野毛 17:00子どもと共に19:30クリスマスキャロル20:00
24:00
7:00 10:30 18:00 0:00(23:30聖体賛美)
7:00 10:30
18:00
158-0093
世田谷区上野毛2-14-25
03-3704-2171
亀有 19:00キャンドルサービスも含め)  9:30     12/31
23:15(ロザリオ)  23:45 ミサ
    
1/1
11:00     
120-0003
足立区東和4-3-20
03-3606-1757
神田 18:00 20:30 ・・・・・・ 0:00 12:00  101-0065
千代田区西神田1-1-12 
 03-3291-0861
北町 17:00
20:00キャンドルあり
9:30 9:30 179-0081
練馬区北町3-16-1
03-3933-5057
吉祥寺 18:00   20:00
22:00
7:00 9:00
10:30   12:00
16:00(英) 18:00
0:00 7:00
9:00 10:30
12:00 16:00(英)
18:00
180-0005
武蔵野市御殿山1-7-8
0422-44-0181
清瀬 18:00 8:00
10:00
11:00 204-0022
清瀬市松山1-21-12
042-491-0104
小岩 16:00キャンドルサービス
16:30 19:30
9:30 9:30 133-0057
江戸川区西小岩4-4-1
03-3657-0656
高円寺 18:00 21:00 10:00 0:00 11:00 166-0003
高円寺南2-33-32
03-3314-5688
麹町 17:00
19:00(手話通訳付き)
21:00 22:30(英)
7:00 8:30 
10:00(手話通訳付き)  
12:00(英)  13:30(スペイン)
18:00
0:00 7:00
8:30 10:00(手話通訳付き)
12:00(英) 13:30(スペイン)
18:00      
102-0083
千代田区麹町6-5
03-3263-4584
小金井 18:00 21:00  7:00 10:00 0:00 11:00 184-0005
小金井市桜町1-2-20
042-384-5793
小平 18:00 9:30 10:00  187-0001 東京都小平市大沼町2-32-10 042-343-9981
三軒茶屋 19:00 21:00 23:00 8:30 10:30 12/31
18:30

1/1
0:00 8:30
10:30

154-0024
世田谷区三軒茶屋2-51-32
03-3421-1605
潮見 19:00 10:00 10:00 135-0052
江東区潮見2-10-5
03-3644-8189
渋谷 17:00 20:00 10:00 11:00 150-0036
渋谷区南平台町18-13
03-3463-5881
志村 18:00キャンドルサービスあり 9:30 12:00 174-0043
板橋区坂下1-38-22
03-3960-3566
下井草 19:00  22:00 7:00 10:00 12/31
18:00 24:00

1/1
7:00 10:00

167-0021
杉並区井草2-31-25
03-3396-0305
成城 16:00 18:00
20:00 22:00 
8:30 10:00 0:00 8:30
10:00 
157-0066
世田谷区成城2-21-16
03-3417-5211
関口 17:00 19:00
22:00   
0:00 10:00 0:00 10:00  112-0014
文京区関口3-16-15
03-3945-0126
関町 18:00子どもたちのキャンドル入堂 10:00 12:00 177-0051
練馬区関町北2-11-7
03-3920-2211
瀬田 17:00 21:00  7:00 9:30 0:00 7:00
9:30
158-0095
世田谷区瀬田4-16-1
03-3708-0222
世田谷 18:00 ロウソク行列
18:30 ミサ
20:30
10:30  12/31
18:00

1/1
10:30

155-0031
世田谷区北沢1-45-12
03-3467-0974
洗足 17:45クリスマスキャロル
18:00子どもミサ

20:45キャロル 21:00

9:45クリスマスキャロル
10:00
11:00 145-0064
大田区上池台4-7-5
03-3726-7108
高輪 17:30  21:00 8:00 10:00 0:00 11:00 108-0074
港区高輪4-7-1
03-3441-5556
高幡 18:00キャンドルサービス・ミサ 10:00 0:00 11:00  191-0042
日野市程久保4-7-14
042-592-2463
立川 18:00 21:00 8:00 10:00  11:00  190-0022
立川市錦町2-8-10
042-522-1475
多摩 17:00 21:00 10:00 11:00 206-0022
多摩市聖ヶ丘1-30-2
042-374-8668
調布 17:00 20:00
0:00 
8:00 10:30 00:00 8:00
10:30
182-0033
調布市富士見町3-21-12
042-482-3937
築地 19:00 9:30 12:00(ミャンマー語) 12/31
18:00

1/1
9:30

104-0044
中央区明石町5-26
 03-3541-8185
田園調布 15:00 17:00
20:00 23:00
7:30 9:00
11:00
0:00 7:30
9:00 11:00
145-0071
大田区田園調布3-43-1
03-3721-7271
東京韓人 ・・・・・・ 12:15 12/31
19:00

1/1
12:15

112-0014
文京区関口3-16-15
03-3941-0929
徳田 19:30キャンドルサービス
20:00
10:00    12/31
18:00

1/1
10:00

176-0013
練馬区豊玉中1-39-1
03-3991-2101
豊島 18:30クリスマスキャロル
19:00 22:00
9:30  11:30(英) 11:00 171-0051
豊島区長崎1-28-22
03-3957-2540
豊田 20:00  10:00  10:00  191-0062
日野市多摩平3-12-10
042-581-8352
八王子 18:00 21:00 7:00 10:00  0:00 11:00 192-0066
八王子市本町16-3
0426-22-1642
初台 17:00
21:00
8:30
10:00
12/31
17:00 

1/1
0:00 8:30
10:00

151-0053 渋谷区代々木5-16-3 03-3466-0361
碑文谷 16:00 19:00
22:00 24:00
7:00 10:30
18:00
0:00 7:00
10:30 18:00
152-0003
目黒区碑文谷1-26-24
03-3713-7624
府中 18:00
20:15キャンドルサービス
21:00ミサ後ティーサービス
8:00
10:00ミサ後ティーサービス
12/31
19:00 

1/1
8:00 10:00

183-0055
府中市府中町1-40-11
042-361-9888
本郷 19:00  9:30 9:30 113-0021
文京区本駒込5-4-3
03-3941-5916
本所 16:00供とともに捧げるクリスマス
19:00
9:30 0:00 9:30 130-0011
墨田区石原4-37-2
03-3623-6753
町田 17:00 19:30
22:00
7:30 10:30 0:00 11:00 194-0021
町田市中町3-2-1
042-722-4504
町屋 18:45クリスマスキャロル19:00ミサ ・・・・・・ 11:00  116-0002
荒川区町屋4-7-9
03-3809-0414
松原 17:00 20:00 8:30 11:00 0:30 11:00 156-0043
世田谷区松原2-28-5
03-3321-0941
三河島 19:30キャンドルサービス続いてミサ 7:00
10:00
11:00 116-0002
荒川区荒川3-11-1
03-3891-3033
目黒 17:00
19:00(18:30キャロル)
21:00(英)
23:00(22:30キャロル)
7:30 10:00
12:00(英) 17:00
0:00(英) 7:30
10:00 12:00(英)
17:00
141-0021
品川区上大崎4-6-22
03-3491-5461
六本木 16:30(英)
18:00 
20:15 (キャロル) (英)
21:00(英)  
7:00  8:00(英)
10:15(英)
12:00(英)
18:00(英)
12/31 18:00(英) 
19:00

1/1
0:00(英) 7:00
8:00(英) 10:15(英)
12:00(英) 18:00(英)

106-0032
港区六本木4-2-37
03-3401-2141
ドイツ語ミサ共同体       153-0061
東京都目黒区中目黒3-18-17
03-3712-0775

最寄りの教会をお探しの方はこちらへ(教会検索)

 
☆★☆千葉県☆★☆
教会名 12月24日 12月25日 1月1日 住所 電話
市川 19:30キャンドルサービス   
20:00  
8:00 10:30 
13:00(スペイン語) 
8:00 10:30  272-0021 
千葉県市川市八幡3-13-15
047-322-5488
鴨川 ・・・・・・  14:00  14:00  296-0001 
千葉県鴨川市横渚1727-1
047-092-0432
木更津 19:00 10:00 14:00(英語) 10:00 292-0831 
千葉県木更津市富士見3-1-13
0438-22-3873
五井 19:00 9:30 13:00(英) 11:00 290-0081 
千葉県市原市五井中央西1-33-10
0436-21-3830
佐原 15:00 ・・・・・・  12/31
15:00

1/1
・・・・・・

287-0003 
千葉県香取市佐原イ417
0478-52-4079
館山 ・・・・・・ 14:00 14:00 294-0045 
千葉県館山市北条1901-7
0470-22-0780
千葉寺 19:00 11:00(国際) 17:00(スペイン語)  11:00 260-0844 
千葉県千葉市中央区千葉寺町70
043-261-2920
銚子 19:00 10:15 12:00 288-0812 
千葉県銚子市栄町1-1448
0479-22-2795
東金 19:15キャンドルサービス
19:30ミサ
 9:30 9:30 283-0802 
千葉県東金市東金251-2
0475-52-2357
豊四季 18:00  
21:00キャンドルサービス15分前
10:00 0:00 11:00 270-0134 
千葉県流山市長崎2-444-1
04-7145-9933
習志野 17:00 20:00 7:30 10:00 7:30 11:00 262-0044 
千葉県千葉市花見川区長作町1385-2
043-216-0035
成田 17:00 20:00 9:30 0:00 12:00  286-0048 
千葉県成田市公津の杜(こうづのもり)2-2-1
0476-26-4926
西千葉 17:00 20:00 7:30 9:30 7:30 9:30
12:30(英語)
260-0034 
千葉県千葉市中央区汐見丘町11-14
043-241-4812
松戸 18:00 子どもの奉仕するミサ
キャンドルサービス  
20:30 国際ミサ  
(20:10クリスマスキャロル) 
10:30 14:00(タガログ語) 12/31
23:00

1/1
10:30

271-0092 
千葉県松戸市松戸1126
047-362-3516
茂原 19:00キャンドルサービス
続いて国際ミサ
10:00 0:00 11:00 297-0029 
千葉県茂原市高師992
0475-22-2420

最寄りの教会をお探しの方はこちらへ(教会検索)

 

 

 




「いつくしみの特別聖年」の閉幕にあたり


20161104131300249_0001f




司教叙階25年を祝う 教皇フランシスコの手紙


201609

尊敬する兄弟

 ペトロ 岡 田  武 夫 様

東 京 大 司 教

 「空位及び聖座の指示による」さいたま教区使徒座管理者

尊敬する兄弟よ,あなたがこの9月に司教叙階25周年銀祝を迎えるにあたり,心よりこの書簡を送り,私のお祝いの気持ちを明らかにするために,すべての幸いと善をお祈りいたします。あなたが聖なる奉仕職の遂行において必要な注意深さを持って行ってきたことを充分に認識しましたので,この与えられた機会に,あなたがなされてきたことに感謝し,また卓越したあなたの使徒的努力を思い起こしております。

あなたは,受洗して22歳の若きにおいて,法律学を修めた後,化学会社に一年間勤め,東京大神学校に入ることを決心し,そこでの課程をおえてカトリック上智大学において神学修士となりました。

司祭に叙階し,小教区助任司祭及び主任司祭として短期間の司牧職奉仕をした後,ローマに送られ,教皇庁立グレゴリアン大学霊性研究所において宣教の霊性の博士号を取得されました。

母国に戻って後,福音宣教の論文と書物を書きながら,小教区の務めと日本カトリック司教協議会宣教・司牧研究所の所長職を果たしました。

1991年,聖なる思い出にあふれる私の前任者,聖ヨハネ・パウロ2世教皇は,あなたの秀でた精神と天賦の才能や,あなたの功績である教会での経験知識のゆえに,あなたを浦和教区の司教に任命しました。その後教区は名前をさいたま教区と改め,あなたは東京大司教区に転任され,今や熱心に統治されております。

重大な司牧と教父の職務を果たすにあたり,細心の注意を払って努力し,配下の司祭たちと共に,聖なる典礼,福音宣教,正義と平和,困窮する人々や貧しい人々,種々の必要に迫られている人々への熱心な配慮を行ってきたことなど,これらの事柄は賞賛すべきものと認められます。

さらに、私は,あなたがカトリック司教協議会の会長であったこと,そして、教皇庁諸宗教評議会のメンバーであることも存じております。

これほどに素晴らしい司教職の成功を思い出して,尊敬すべき兄弟よ,処女マリアの歌と共に,神における霊的な喜びを表しましょう:「わたしの魂は主を崇め,わたしの霊は救い主である会に,喜び躍ります」(ルカ 1, 46-47)。永遠の大祭司であるキリストが,聖なる処女マリアの取りなしによって,功績のある司牧者であるあなたに,長い日々にわたり,その恵みを見守り,育み,保護しますように。

結びに,天からの賜物の知らせと仲介者,私の特別な愛の証拠となるように,これをあなた,尊敬する兄弟に,そしてあなたを通して補佐司教や司教総代理並びに,愛する日本のこれらの最愛の教会共同体に,私のためそして私のペトロの職務のためのあなたがたの願いを祈りながら,この聖ペトロの座から,主における記念を分かち合う使徒的祝福を送ります。

キリストの平和,光そして愛が,あなたがた,私の最愛の日本の子どもたちの心に常にとどまりますように。

バチカンにて,2016年8月12日,いつくしみの特別聖年,教皇在位4年目

 

2016092
フランシスコ




教会学校リーダーの皆さんへ 東京教区こどものミサのお知らせ


2016.8.15
東京教区教会学校委員会

2016年度東京教区「こどものミサ」

【日時】  2016年 10月9日(日) 午後2時半~5時
【場所】  東京カテドラル関口教会「聖マリア大聖堂」&前庭
【テーマ】 「何回赦すべきでしょうか。七回までですか」(マタイ18・21)
       -神さまのいつくしみは永遠-

k2
k2016x今年も東京教区主催の「こどものミサ」が、10月9日(日)午後2時半から、東京カテドラルにて、岡田大司教様の主司式でおこなわれます。「こどものミサ」では、毎年参加される小教区ごとに、テーマに基づいた奉納物を準備していただき、当日のミサで奉納するという形をとっています。 そこで、今年のテーマについて、テーマに関するカテケージス(教え)、奉納物など、教会学校リーダーの皆さんに、当日までに子どもたちと共に準備していただきたい事についてお知らせします。

お知らせの内容

1.テーマについて(2~6ページ)
テーマとなっている聖書の箇所についての説明です。子どもたちとより豊かな準備が出来る様に、 リーダーの皆さんもテーマとなっている聖書の箇所を深く味わってみてください。

2.当日までに行なっていただきたいカテケージス(教え)(6~10ページ)
「1.テーマについて」および「2.当日までに行なっていただきたいカテケージス(教え)」を参考にしながら、当日までに子どもたちにカテケージス(教え)を行ってください。

3.当日持参していただきたいもの(奉納物の製作)の説明(10~12ページ)
製作していただく奉納物についての説明と注意点、製作時のヒントなどをまとめました。製作した奉納物は、こどものミサ当日に持参してください。 ミサ中に奉納して頂きます。

4.ミサで歌う曲・申し込みハガキの控え(12ページ)

1.テーマについて

「何回赦すべきでしょうか。七回までですか」(マタイ18・21)
-神さまのいつくしみは永遠-

今年は「いつくしみの特別聖年」(2015.12.8~2016.11.20)です。教皇フランシスコはこの特別な年にあたり、わたしたちのまなざしを、特別に御父のいつくしみに向けるようにと促しています。そこで今年は「神のいつくしみ・赦し」に焦点をあててテーマを設定いたしました。
イエスさまは、「赦しなさい」(ルカ6・37)と教えられました。しかし、わたしたち人間にとって「赦すこと」は多くの場合努力を伴うことで、時に非常に難しいことです。それでペトロはイエスに、「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか」と尋ねました。するとイエスさまは、「七回どころか七の七十倍までも赦しなさい」とお答えになりました。
「無理だ」と思ったに違いないペトロに、イエスさまはたとえ話をお話しになりました。「仲間を赦さない家来」のたとえです。このたとえを通してイエスさまは、天のおん父が「憐れみ深い」お方、「赦し」というお方であることを、はっきりと表しておられます。そしてわたしたちにも、「憐れみ深い」者、「赦し」を行う者、になるようにと呼びかけられておられます。
いつくしみの特別聖年にあたり、わたしたちも「神さまのいつくしみ・赦し」を表すものとなっていきますように、福音をしっかりと受け取らせていただきたいと思います。
まず、マタイ18章21~35節を一度お読みいただきたいと思います。

そのとき、ペトロがイエスのところに来て言いました。「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」イエスは言われました。「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。
そこで、天の国は次のようにたとえられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。決済し始めたところ、一万タラントン借金している家来が、王の前に連れて来られた。しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も全部売って返済するように命じた。家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返しします』としきりに願った。その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった。ところが、この家来は外に出て、自分に百デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』そして、主君は怒って、借金をすっかり返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した。
あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」
(マタイ18章21~35節参照)

ここでは福音書の言葉に解説を加えながら、テーマについて説明していきたいと思います。

《福音書の言葉の解説》
「そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。『主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。』」
当時、ユダヤ教では、神は人間の同じ罪を三度までなら赦してくださると考えていました。
ペトロは、イエスさまのいつくしみ深さをよく知っていましたので、だいぶ譲歩して、「七回までですか」と尋ねたのでしょう。

「イエスは言われた。『あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。』」
ペトロの予想に反して、イエスさまは「七の七十倍」、すなわち無制限の赦しをお命じになられました。ペトロはそれを聞いて、おそらく「無理だ!」と思ったに違いありません。
そのようすを見て、イエスさまはペトロにたとえ話をなさいました。それが「仲間を赦さない家来」のたとえです。

「そこで、天の国は次のようにたとえられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。決済し始めたところ、一万タラントン借金している家来が、王の前に連れて来られた。しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も全部売って返済するように命じた。家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返しします』としきりに願った。その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった。」
「天の国は次のようにたとえられる」という言葉の意味ですが、「神さまという方がどういうお方であるのか」また、「神さまとわたしたちのあるべき関係がどういうものであるのか」は、たとえて言えば、こういうことだよ、と言っておられるのだと思います。

「ある王」は神さまを表しています。「家来たち」はわたしたち人間を指しています。
「家来の一人」は、「王」から1万タラントンの借金をしています。これはケタ外れに大きな金額です。このたとえ話では、登場する二つの借金の「額の違い」が話の急所になっています。そこでお金の単位について、すこし丁寧に説明します。

1タラントンは6000デナリオンです。
1デナリオンは、「平均的な一日分の労働の賃金」と言われています。
ですから、
1万タラントンは6000万デナリオン。「6000万日分の給料の額」ということになります。

6000万日は、年に換算して、16万年余。
つまり1万タラントンは、「16万年分の給料の額」です。
16万年は、・・・一人の人が仮に一生に「40年間」働くとして、その4000倍。
おかしな言い方ですが、1万タラントンを働いて返すには、人生を4000回くり返さなくてはなりません。
これは、たとえ持ち物を売り払い、自分も妻も子も奴隷に売ったとしても返せる額ではありませんね。
そこで「王」は、この家来を憐れに思って、彼を赦し、借金を「帳消し」にしたのです。

「ところが、この家来は外に出て、自分に百デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。」
想像を絶する額の借金を帳消しにしてもらったのに、家来はそのすぐ後に、自分に百デナリオンの借金をしている仲間を赦しませんでした。仲間が、「どうか待ってくれ、返すから」としきりに頼んだのに、赦さなかったのです。

「借金を返すまでと牢に入れた」という家来の行為の意味が分かりにくいので、説明します。
当時、最も安全な財産の管理方法は、地中に穴を掘って埋めておくことでした。「借金を返すまでと牢に入れた」とは、「財産の隠し場所を自白するまで牢獄に入れて、拷問を加える」ことを意味します。

「仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』そして、主君は怒って、借金をすっかり返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した。」
 ここに、このたとえ話の中の唯一の「教え」があります。それは「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」というものです。
「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」これこそが、このたとえ話を通して、イエスさまがおっしゃりたいことの中心です。

「王」が憐れんで、赦し、帳消しにしてやった額は「1万タラントン」
「家来」が憐れまず、赦さず、相手が自白するまで牢獄で拷問を加えるとした額が「100デナリオン」そこには金額にして、60万倍の開きがあります。

「王」は怒って不届きな「家来」を牢役人に引き渡しました。牢役人とは拷問役のことです。
「借金を返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した」・・・とありますが、この家来にはどんなに拷問を加えられても、返済の当てはありませんね。すなわちそれは永遠に続く拷問の苦しみを意味します。
そしてそれは、この「家来」が自分の仲間にしたことでもあります。

さて、ここでイエスさまは何をおっしゃりたいのでしょうか?

「赦しなさい」と言われているのだと思います。仲間を「赦さない」時、その裁きが自分をも神の赦しから切り離してしまうのだよと、訴えているのだと思います。
仲間を「赦さない」時、そこには永遠に続く拷問の苦しみがあるのだと教えているのだと思います。だから「赦しなさい」と教えているのだと思います。

「あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」
さて、「七の七十倍赦しなさい」と言われているのに、そう言われる神さまは「赦さない方」なのではないか? という素朴な疑問が生じるかもしれませんね。言葉の表面からはそういう印象を持たれるかもしれません。しかしそうではありません。間違いなく神さまは「赦しそのもの」というお方です。 しかし、「人を『赦さない』時、わたしたち人間は、『赦しそのものである神さま』に出会うことが出来ないよ」という決定的なメッセージなのです。

天の父である神さまと人間とは、「ギブ&テイク」し合うような対等な関係ではありません。また、機械的な「因果応報」のような関係でもありません。
神さまはすでに、わたしたち人間に対して、「1万タラントン」の負い目を「赦し」、帳消しにしておられる「赦しそのもの」というお方です。だから、わたしたち人間も、仲間の「100デナリオン」の負い目を「赦し」、帳消しにするようにと、教えられているのだと思います。
「100デナリオンの赦し」を行わない時、神さまの「1万タラントンの赦し」に出会えない・・・。だから「赦す」ように、と教えておられるのだと思います。

《福音とテーマについてのまとめ》
このたとえの「仲間を赦さない家来」の仕打ちに、見ていた仲間たちは、非常に心を痛めました。このたとえを読んでいるわたしたちも、「この家来は、自分が主君からしてもらったことを思えば、仲間を赦すべきだ」と考えると思います。
しかし、イエスさまは、このたとえの「仲間を赦さない家来」とは、実は、
「『七の七十倍赦せ』というわたしの命令を『無理だ』と思うペトロ、そしてそう思うあなたがた一人ひとりのことなのだよ」
と、おっしゃっているのではないかと思います。そして、「1万タラントン赦されているのだから、100デナリオン赦すのは当然ではないか?」とわたしたちに言っておられるのだと思います。

「1万タラントン赦されている」とは、どういうことでしょうか。
「1万タラントン赦されている」とは、「神さまがわたしたちと共にいてくださる」という神秘のことだと思います。わたしたちは土の塵から造られたもの(創世記2・7)で、もともと神さまに共にいていただく資格などありません。それなのに主なる神は、土の塵で形づくられた人の鼻に命の息を吹き入れてくださいました。
息とは、神さまの命そのもの。土の塵に過ぎないわたしたちの内に、主なる神が共にいてくださること、それこそが「神の赦し」、わたしたちが「1万タラントン赦されている」ということだと思います。
また、神さまがわたしたちをご自分の似姿として造り、「よし」としてくださっていること(創世記1・31)と言ってもよいかもしれません。

一方、「仲間の100デナリオンを赦す」というのは、自分に負い目のある仲間の内にも、「神さまが共におられる」という、神の赦しの神秘を「認める」ということだと思います。神さまがその人をご自分の似姿として造り、「よし」としてくださっていることを認めるということだと思います。

「神の赦し」と、「人の赦し」は違います。
神の赦しは「人間と共にいてくださること」。それに対して人間の赦しは、神の赦しの神秘、すなわち「神さまがその人と共におられること」を「認める」だけです。
それがイエスさまのたとえの、「1万タラントン」と「100デナリオン」の60万倍の額の開きとして表されているのだと思います。

たとえの中の家来は、自分の受けた負債を取り戻すまでは、絶対に相手を赦さず、牢に閉じ込めました。そこは相手の内に「神さまが共におられる」ことを決して認めない場所です。そして、相手に苦痛を与え続けようとするところです。
そこは言うならば、土の塵に過ぎない人間が、自分の滅びある「土」に立って、相手の滅びある「土」に向かう、「滅びから滅びへの堂々巡り」です。それを今日の福音は「すると主君は怒って、家来を牢役人に引き渡した。」と表しているのだと思います。

人は相手の人の内に「神さまが共におられる」神秘を認めない時、「自分と共におられる神さまの神秘」、すなわち「神の赦しの神秘」に決して出会えません。そしてその苦しみの中に生涯閉じ込められることになります。神さまが閉じ込める、というより、赦さない時、自分がそこに陥ってしまうのだと思います。

だから、
「決してそうであってはならない」ので、イエスさまは「七の七十倍赦せ」と言われます。
「わたしたちが求められている「赦し」とは、相手の中に「神の赦し」を認めること。何があっても、どんな時にも、相手の内に「神さまが共におられる」神秘を認めることだと思います。

わたしたちが、相手の内に「神さまが共におられる」神秘を認める時、わたしたちはどこにいるのでしょうか? 土の塵に過ぎないわたしたちの中に共にいてくださる「神の赦し」の中にいるのではないでしょうか。「相手の中に神のいのちを見出すお方」の中にいて、相手の中にいてくださる神さまに目を向けているのだと思います。
その時わたしたちは、土の塵に過ぎない人間の中にいてくださる「神の赦し」の中にいて、土の塵に過ぎない相手の中におられる「神の赦し」に向かう、「永遠から永遠へのいのちの交わり」に入るのだと思います。イエスさまは、すべての人をそこにお招きになりたいのです。そここそが、わたしたち人間がいるべきところだからです。
それが、イエスさまの言われる「七の七十倍赦しなさい」という教えの中心にあるものだと思います。自分を「よし」としてくださっている神さまの中にいて、相手を「よし」としてくださっている神さまに目を向け、認めることなのだと思います。

2.当日までに行なっていただきたいカテケージス(教え)

今年のテーマ「何回赦すべきでしょうか。七回までですか」(マタイ18・21)を受けて、当日のミサの福音の箇所はマタイ18・21~35としました。事前に福音の内容に親しんでおいていただくために、リーダーの皆さんに子どもたちといっしょにやっていただきたいことがあります。簡単に以下のようにまとめてみました。

1.当日の福音 マタイ18・21~35を子どもたちに読んで聞かせる。
イエスさまが弟子たちに「仲間を赦さない家来」のたとえを話される箇所です。リーダーのみなさんが、一度子どもたちの前で声を出して、読んで聞かせてほしいと思います。
その際、次のように問いかけながら読んでいただいたらどうでしょうか。
① マタイ「18章21節」を読む
「そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。『主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。』」
②子どもたちに質問する
「イエスさまは、こう尋ねられて、何回赦しなさいとおっしゃったと思う?」
*「5回」「10回」「100回」・・・等々
③「22節」を読む
「七回どころか七の七十倍までも赦しなさい」
④子どもたちに質問する
「ペトロさんは、これを聞いて、どう思ったかな?」
*「びっくりした」「たいへんだ」「無理だと思った」
⑤リーダーが一旦まとめる
「きっと、ペトロさんは『無理だ!』と思ったのではないかな」
「ペトロさんが『無理だ~』という顔をしていたので、イエスさまは次のたとえ話をなさいました。続きを聞いてください」
⑥続きの「23節~35節」を読む

2.言葉の説明をする。(必要に応じて、内容や、話す順序を、調整なさってください)
「そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った」
→「ペトロ」は、12人の弟子のリーダーです。弟子とは、先生から教えを受ける人のことですね。
「兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、」
→「罪」は子どもには難しい概念ですね。「兄弟が自分に対して『許せない』と思うようなことをしたら」と言い換えてみてはどうでしょうか。
「何回赦すべきでしょうか。七回までですか」
→当時は3回までは赦すようにと、一般的に考えられていたようです。ペトロはイエスさまがお優しい方であるのを知っていましたから、だいぶ譲って「七回までですか」と尋ねました。
「七回どころか七の七十倍までも赦しなさい」
→七の七十倍は、四百九十ですが、回数のことでなく「何回でも赦しなさい」という意味です。
「天の国は次のようにたとえられる」
→「神さまのおこころ」は、たとえて言うと、こういうことですよ、という意味です。
「ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした」
→「家来」とは、王さまにお仕えする人、部下、命令に従う人です。「決済」は貸したお金を返させること。
「一万タラントン借金している家来・・・家来の主君は憐れに思って・・・帳消しにしてやった」
→一万タラントンの金額、については、3~4頁を参照ください。
◆主君(王さま)は家来を「赦してやりました」。
「百デナリオンの借金をしている仲間を・・・家来は赦さず・・・牢に入れた」
→百デナリオンの金額、牢に入れた、ことの意味は、4頁を参照ください。
◆家来は仲間を「赦しませんでした」。
「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか」
→今日のたとえ話の中の唯一の「教え」です。

3.こどもたちに質問する。
たとえ話の中の家来は、王さまに1万タラントン赦してもらいました。これは一生働いたとしても、人生を4000回もくり返さなければ返せない金額でしたね。
ところが、赦してもらったすぐ後、100デナリオン貸している仲間に会った時、この家来は仲間を赦しませんでした。首を絞めて、返すまでと牢屋に入れてしまいました。

「皆さん、この家来のことをどう思う?」(補助質問)
→ひどい
→悪い
→仲間を赦してやればよかった
多くのこどもたちは、この家来に対しては、「よくない」という感情を持つと思います。リーダーも、「本当にそうだねえ」と軽く同意してくださったらよいと思います。
そして更に問いかけていただきたいと思います。(これが主質問です)
「この家来は、王さまにたくさん赦していただいたのに、なぜ仲間を赦さなかったのだろうか」(主質問)

→赦していただいたのを、忘れてしまった
→それとこれとは別
→わからない   

すぐ、上のような答えをするかもしれませんし、全くわからない・・かもしれません。
いつものことですが、無理に答えを出そうとしなくてよいと思います。
まず、どんな意見も「そうかもしれないね」と、答えてくれたことを大切していただいたらいいと思います。
おそらく、意見の中心は、
「忘れてしまった?」というものではないかと思います。
一度リーダーの皆さんが、
「この家来が、王さまにたくさん赦していただいたのに、仲間を赦さなかったのは、赦していただいたことを忘れてしまったからかもしれないね」
と、まとめていただければと思います。

そして、
「『赦された』ことを忘れて、『仲間を牢に入れて苦しめたら』、『自分も牢に入れられて苦しむことになってしまった』のだね。」
と、まとめていただければと思います。

4.リーダーが子どもたちに、教える・伝える・一緒に考える
最後に、子どもたちに次のようなことを話していただければ幸いです。
「ペトロさんはイエスさまから『七の七十倍までも赦しなさい』と言われて、『無理だ』と思いました。それでイエスさまは、このたとえ話をなさいました」
「1万タラントン、赦されたのだから、100デナリオンを赦しなさい、というお話でしたね。」
「このたとえ話の意味は、わたしたちは神さまから1万タラントン赦されているのだから、お友だちの100デナリオンを赦しなさい、ということだと思います」

「『神さまから1万タラントン赦されている』とは、どういうことでしょうね?」(追加の補助質問)
*ここで子どもたちは、いろいろな答えを言ってくれるかもしれません。
・世界を作ってくださったこと? ・人間を愛していること?・人間を作ってくださったこと?
・悪いことしたのを赦してくれたこと?・・・様々な答が予想されますが、ここで、「リーダーはこう思う」という形で伝えてくださったらよいと思います。

《たとえばですが》
「『神さまから1万タラントン赦されている』というのは、わたしたちのことを、神さまが『いいよ』って言って、一緒にいてくださることなのではないかな」
「リーダーも、悪いことをしたり、思ったりすることはたくさんあるのだけれど、でも神さまは『いいよ』って言って、いつも一緒にいてくださいます。それが『神さまから1万タラントン赦されている』ということではないかなと思います」

「だから、そのことを忘れないで、お友だちが自分に“ちょっと許せないようなこと”を、したとしても、お友だちにも、神さまが一緒にいてくださるから『いいよ』って言ってあげるんだよと、イエスさまは教えておられるのではないかな」

「『いいよ』って言ってあげないと、お友だちを『牢屋』に入れることになるでしょう?そうしたら、自分も『牢屋』に入らなくてはならなかったでしょう?」

「神さまは、どんな時でも『いいよ』と言って、一緒にいてくださるから、そのことを忘れないで、お友だちの中にも一緒にいてくださるのだから、『いいよ』って言えるようにしたらよいのではないかな?」 

「みなさん、今まで人に『いいよ』って言ってあげられたことがあるかな?また、人から『いいよ』って言ってもらったことがあるかな?」
「反対に、人に『いいよ』って言ってあげられなかったことがあるかな?また、人から『いいよ』と言ってもらえなかったことがあるかな?」
「これから、人に『いいよ』と言ってあげたいこと、人に『いいよ』と言おうと思うことがあるかな?」(以上、発展課題)
*「赦す」ということを、「いいよ」ということに置き換えて説明していますが、学年が上の子どもたちには「赦す」という言葉で伝えた方がよいかもしれません。「赦し」の本質は、わたしたちがどんなに悪くても、神さまが決してわたしたちから離れないということです。ただ、人を「赦さない」時、その神さまとまったく出会えなくなってしまうので、赦しなさいと言われています。

5.イエスさま(神さま)に手紙を書く
今日の福音を受けて、子どもたちに手紙に書かせていただきたいと思います。
◆「イエスさまに(神さまに)、お手紙を書こう」
・子どもたちに伝えやすいように「赦すこと」は神さまが一緒にいてくださるから、人に「いいよと言ってあげること」と、シンプルにとらえました。

・イエスさまに(神さまに)お手紙を書いてみましょう。
これから自分が「いいよ」と言ってあげようと思うこと。
これから自分はこんな時は「赦そう」と思うこと。
いままで「いいよ」って言えなかったけれど、次は言ってあげようと思うこと。
イエスさま(神さま)に書いてみましょう。どんなことがあるかな?
・それ以外の内容でも、イエスさま(神さま)に聞きたいこと、話したいことがあったら、自由に書いてください。
・イエスさま(神さま)は、皆さんが真剣に書いたことには、真剣に答えてくださいます。
だから、真剣に、誰にも内緒で、書いてみましょう。
・名前は書かなくていいです。

*この手紙が、奉納物「いいよくん(ちゃん)」(後で詳述します)と一緒に奉納されます。奉納物の作り方に応じて、手紙を書かせる紙(その他)の形状を工夫なさってください。
*できればリーダーも一緒に書いていただくと、子どもたちもより一生懸命に取り組めると思います。

3.当日持参していただきたいもの(奉納物の製作)の説明

今回の奉納は、小教区(聖堂共同体)ごとに、「いいよくん(ちゃん)」(後で詳述します)を奉納していただきます。一人の子どもが運べるような物にお作りください。(当日持って来てください)

製作していただく奉納物については、当日のスムーズな進行のため、ある程度の制約をこちらで決めさせていただきました。ご協力のほどよろしくお願いします。
「いいよくん(ちゃん)」
今回は、「七の七十倍までも赦しなさい」と言われた」イエスさまへの答えを、形に表したいと考えました。こどもたちにも伝えやすいように、「赦すこと」は、相手に神さまがいっしょにいてくださることを認めて「いいよ」と言ってあげること、とシンプルにとらえました。
カテケジスの5で書いた「イエスさま(神さま)への手紙」は、「これからは、いいよって言ってあげよう」という内容の手紙ですが、今回はみんなの「いいよ!」から生まれた「いいよくん(ちゃん)」を
作って、その中に「イエスさま(神さま)への手紙」を入れる、あるいは持たせるなどして、奉納していただきたいと考えました。
◇個数:小教区毎に1個(一体)
◇機能:「いいよくん(ちゃん)」は、カテドラルの祭壇の前の階段に置きます。倒れてしまうと、見えなくなってしまうので、自立するもの、にしてください。
◇大きさ:高さは、30センチはあるものにしてください。(その程度の大きさがないと、皆から見えないため)「いいよくん(ちゃん)」の台座の幅は、38センチ以下(祭壇の前の階段に置くため:38センチは階段の踏み台の幅です)でお作りください。
(ただし子ども一人で持って奉納できる大きさ・重さ以下(厳守))

◇材質:可燃物でお願いします。
特に、当日持ち帰りを希望されない教会の奉納物は、教会学校委員会で適切に後処理を行
いますので、金属、粘土などではないもので作って頂きますようお願いします。

作り方について

k3・特にありませんが、前述したように、全体の高さが、30センチはあるものにお作りください。
・こどもたちの「いいよ」という心を表すような姿に作っていただければ、ありがたいです。
・自立する形にお作りください。
・手紙の内容については、「2.ミサまでに行なっていただきたいカテケージス(教え)」を参照してください)

奉納物〈いいよくん(ちゃん)〉の奉納
◇「奉納物〈いいよくん(ちゃん)〉」はミサの中で奉納します。
・ 各教会1名の代表者(厳守)が、中央通路を通り、祭壇まで進みます。そして大司教様に手渡します。その後、係が奉納物を並べていきます。(※例年奉納の行列が長くなってしまうので、代表者は必ず1名でお願いします。)
・「奉納物」を持ち帰りたい教会は、ミサ当日に会場の受付で申し出て下さい。

4.ミサで歌う曲・申し込みハガキの控え

入祭 「愛されている子供らしく」
アレルヤ 「アレルヤ豊かな愛を」
奉納 「回心の祈り」「あなたに愛されて」
感謝 「感謝の賛歌」上村さん
平和 「キリストの平和」
拝領 「神さまがわかるでしょ」「フレンズ」「神さまのぬくもりのしるし」
閉祭 「アーメンハレルヤ」

申し込みハガキの内容

1.「こどものミサ」参加の有無
10月9日(日)の「こどものミサ」への参加の有無をお知らせください。
教会名 教会
参加する  参加しない      (○をつけてください)
*おおよそ      人 (リーダー    人、子ども    人)
*代表者名
*連絡先 ℡:          e-mail:
2.子ども侍者団・参加の有無
前項で「参加する」に○をつけた教会の方へ。ミサの中で子ども侍者団を形成す
る予定ですが,同侍者団への参加の有無をお知らせください。
参加する  参加しない (○をつけてください)
*各教会から1~2名でお願いします。
*自教会で使用している侍者服を着用ください。
*当日は午後2時00分迄に集合ください。
3.リーダー準備会への出席の可否
9月25日(日)夕方こどものミサに参加する教会のリーダーのための準備会が
あります。当日についての説明と,当日の朗読,共同祈願などの担当を決めます。
出席する  出席しない
*各教会から代表で1名ご参加ください。出席者名(   )
日時:9月25日(日)午後4時~6時
場所:東京カテドラル・関口会館2階,教区スペース。

*準備会に出られなくても,当日の係(会場設営,案内,etc)のお手伝いをして下さる方は
ご連絡ください。Keizo.ina@nifty.com 稲川圭三神父 迄
お手数ですが 9/18 (月)までにご返送下さい。
———————————————————————

以上、説明が大変長くなりましたが、
よろしくお願いいたします。ご質問等ございましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先: 

東京教区 教会学校委員会 担当司祭

稲川圭三神父(カトリック麻布教会 主任司祭)

電話: 03-3408-1500  fax:   03-3408-2575

e-mail: keizo.ina@nifty.com

 




教皇フランシスコのお悔やみのメッセージ


「津久井やまゆり園における殺傷事件へのお悔やみの手紙」

国務長官からのメッセージ

His Excellency Peter Takeo Okada

Archbishop of Tokyo

Saddened by the loss of life following the attack at the Tsukui Yamayurien facility for the disabled, His Holiness Pope Francis assures all affected by this tragedy of his closeness, and he sends his condolences to the relatives of the deceased and injured. Praying for healing during this difficult time, Pope Francis invokes upon the Japanese nation the divine blessings of reconciliation and peace.

 

                                   Cardinal Pietro Parolin

                                   Secretary of State


東京大司教区 

ペトロ岡田 武夫大司教様

 

教皇フランシスコは、障害者施設「津久井やまゆり園」が襲われ、人命が失われたことを悲しみのうちに受け止め、この悲劇に見舞われたすべての人々に寄り添うと約束しています。また、犠牲者の遺族に哀悼の意を表するとともに、負傷者に慰めのことばを送っています。教皇は、この困難な時に神のいやしが与えられるよう祈りつつ、和解と平和をもたらす神の祝福が日本の人々に注がれるよう願い求めています。

                     教皇庁国務省長官

                     ピエトロ・パロリン枢機卿

 



東京大司教区司祭人事について・第3次


東京教区の皆様

2016年3月23日付けで、サレジオ会管区長・山野内倫昭師より、サレジオ会会員の人事異動の報告がありましたので、お知らせします。

東京大司教 岡田 武夫

2016年度司祭人事異動   (氏名の右のカ ッコ内は現任務・所属)

調布教会主任司祭  ピオトル   ソ-リヒ師 (大分教区小林教会より )

足立教会協力司祭  藤川  長喜師 (調布教会主任司祭 ) 

尚、ソ-リヒ師が 4月3日付で移動を完了し、藤川師が4月10日付で、移動なさるとのことです。

以上




ヴェルキ枢機卿を迎えて・挨拶と謝辞(岡田武夫大司教)


 2016年3月6日 午後2時30分より

ヴェルキ枢機卿を迎えての四旬節第4主日ミサ

東京カテドラルにて

 (ミサ開祭の挨拶)

皆さん、本日四旬節第4主日、わたしたちは友好関係にあるケルン教区から四人のお客様をお迎えしております。
ご紹介申し上げます。
ライナー マリア ヴェルキ枢機卿様、一昨年ケルンの大司教に就任されました。
ドミニク マイエリング神父様、ケルン司教総代理でいらっしゃいます。
ルドルフ ゾルツバッハ氏、外国援助部門責任者です。
吉田慎吾さん。長い間、ケルン教区と東京教区の連絡を担当してくださってこられたかたです。
今日は教皇庁大使館からジョセフ チェノットゥ大司教、そしてパヴェル・オビエジンスキー一等書記官も参加してくださっています。
ヴェルキ枢機卿様はこの度、長い時間をかけて東京を訪問くださったのは、東方の「三博士」の聖遺物を東京カテドラルに献納してくださるためです。

「三博士」とは「主の公現」の日の福音に登場する占星術の学者です。ヨーロッパの教会では「三賢王」と呼ばれています。博士たちはベツレヘムに来て幼子イエスを拝み、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた、と述べています。(マタイ2・11参照)
後に三人の名前も伝えられるようになりました。三人は、メルキオール、バルタザール、カスパールと言います。
ところでケルンの大聖堂にはこの三博士(賢王)」の聖遺物が祀られていますが、この聖遺物の設置は今あるケルン大聖堂になっていく出発点であったということです。
その聖遺物をケルン教区の大司教であるヴェルキ枢機卿は分けて東京カテドラルに安置するために東京カテドラルを訪問しくださったのです。
三博士は東方から来たのですが、さらに東にあるこの日本にもメシア=キリストの光が届きました。わたしたちは御子キリストの光を受けて、その輝きを人々に表し伝えるという使命を受けています。
わたしたちは黄金、乳香、没薬は持っていません。その代りに日々の生活すべてを、ミサにおいて、主イエスを表すパンと葡萄酒とともに父である神に献げるのです。
わたしたちを通してキリストの復活の光が現れ伝えられますように、罪人である弱い人間を通して主キリストのみ顔が示されますように、わたしたちが神のいつくしみの目に見えるしるしとなることができますように、祈りましょう。

(閉祭辞謝辞)

閉祭に際して改めてヴェルキ枢機卿様とケルン教区の皆さんに感謝を申し上げます。
本日わたしたちは「三博士」(三賢王)の聖遺物を聖フランシスコ・ザビエルの聖遺物の隣に安置いたしました。ご承知のように、フランシスコ・ザビエルの聖遺物もケルン教区からいただいたものであり、東京―ケルン両教区友好の目に見えるしるしです。また、この「三博士」の聖遺物も、東京―ケルン両教区友好の目に見えるしるしです。この大聖堂を通して、三博士の信仰、知恵、勇気が多くの人に伝えられますように、また現代世界の東西の交流、理解、協力が前進しますように、現代世界の平和への貢献が一層前進しますよう、祈ります。そしてこのカテドラルが希望といつくしみしるしてして多くの人の心の安らぎ、よりどころとなることを心から願っています。
今日は皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 




ケルン教区大司教ヴェルキ枢機卿の説教


2016年3月6日・四旬節第4主日
  ヴェルキ枢機卿を迎えてのミサ
東京カテドラル聖マリア大聖堂において

説教

敬愛する兄弟姉妹のみなさま、

世界の各地では、今日の主日に、キリスト者たちが聖体の祭儀に集まっています。ケルン大司教区の信者たちは、このミサにあずかりながら、今日は、いつも以上に、ここパートナー教区である東京教区の兄弟・姉妹たちのことを思い起こしています。

地理的に見れば、わたくしたちの間には、地球半分ほどの距離がありますが、― 信仰においては、全く隔たりがありません、あるのは融和と絆のみです。

この融和は - 使徒パウロが、今日の朗読の中で、「キリストによって世をご自分に和解させ、かつ和解の務めをわたくしたちに授けてくださいました。(第2コリント書5章18)」と、わたくしたちに言われた様に - 神に由来します。

恐らく、この聖書の言葉、融和の務めを胸に、ケルンの当時のフリングス大司教とその司教総代理が世界に広がる教会の中でイニシャチブをとり、ケルン・東京両教区の協力・友好関係を築こうとしたのでしょう。

いずれにしても、わたしは、わたくし共の前任者たちが率先して双方の間に橋を渡し、この神の家・カテドラルを造られたことに心から感謝しています。

第二次世界大戦がもたらした残酷さの後、融和が、「いのち」に至る道に、どのような意味を持つのかを示したように、わたくしたちも、どこで、また、誰のために、今日、融和の行為を必要とするのかということについて、今、繰り返し考えるよう求められています。

ケルンで、特に崇められている聖なる三博士は、わたくしたちに、そのための道を示してくれる道標になることでしょう。

その昔、これらの博士たちが、その賢い行動によって、神の子、産まれたばかりの救い主の命を救いました。彼らは、ヘロデ王の指示にさからい、神の声に多くの信頼を置いたのです。それによって、三博士は、キリスト教の将来への橋を築くことができたわけです。三博士は、その聖遺骨がミラノからケルンに移されてから850年あまりも、ケルンで崇敬されています。

しかし、三博士が、特に崇められているのはケルンだけではありません。イタリアのブルゲリオでも、これら三博士たちのことは、身近に思われています。

この北イタリアの小さな町ブルゲリオにも、博士たちの聖遺骨があって、崇拝されていますが、これは4世紀の聖人、聖アンブロジウスが、彼の姉の聖マルチェリーナに送ったとされています。

彼女はブルゲリオの近くにある修道院のような施設に住んでいました。1618年、この施設は、ミラノに移されて修道院になりました。その際に、聖遺骨は、ブルゲリオの小教区である聖バルトロメオ教会に移され、今日に至るまでこの教会に安置されて崇められています。

ここには、毎年1月6日に、何千人という巡礼者が来てお祈りし、三博士の使命を自分たちの暮らしの中で豊かに実らせようとしています。

聖なる三博士が、異邦の地から来たということから、ブルゲリオの市当局は、数年来、地元の福祉組織カリタスと共同で、三博士に礼拝した人たちを市庁舎に招いて、皆で、お祝いをしています。

これには、地元の市民のほか、外来の人たち、避難民、貧しい人、豊かな人、孤独な人、家族等すべての人が招かれます。

ブルゲリオは、ケルンに次いで、三博士崇敬の盛んな町となっています。東方から来た三博士が、今日においても、信者たちを集め、とりわけ、キリストのもとに導いていることをわたくしは、ありがたく、また、嬉しく思うものです。そして、今日をもって、この聖マリア大聖堂も、これら三博士の生きた崇敬の場となるわけです。

また、博士たちが、キリスト教の将来に向けた橋を、ここ、東京に、東京とケルンそして北イタリアのブルゲリオをつなぐ架け橋を新たに築くことになるのです。

これらの橋は、わたくしたち皆が、唯一の神への信仰において、兄弟・姉妹であり、わたくしたち皆のために、神がイエス・キリストにおいて人間となられたことを示すものです。

ですから、わたしたちも、世界の他の地域に住む、ほかの町に住む兄弟や姉妹たちがどう暮らしているのかを、おろそかに思うことは許されません。

誰からも受け入れられることなく、飼い葉桶で生まれた子どもは、神の子だったのです。しかし、神はすべての人の神です。

神は、すべての人を、男性も女性も、大きく手を広げて抱き、赦してくださる、慈愛に満ちた父親です。それによって回心も、再出発も可能となるのです。- 新しく造られるのです。古いものは過ぎ去り、すべては新しくなるのです(コリント第二の手紙5章17)。

三博士は、その昔、生まれたばかりの救世主、永遠の神の子を求めて旅をして礼拝をしたことを、今日、わたくしたちに思い起こさせてくださり、そして、今日からは、この大聖堂にも新たな故郷を見出すことになったというわけです。

アーメン。




聖週間の典礼(3月24日~3月27日)


東京都

赤堤 156-0044 世田谷区赤堤3-20-1  Tel/03-3321-0019

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

赤羽 115-0045 北区赤羽2-1-12    Tel/03-3901-2902

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

秋津 204-0024 清瀬市梅園3-14-18  Tel/042-491-2781

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

あきる野 190-0142あきる野市伊奈1  Tel/042-596-1261

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:30 
  • 3月27日(日) 8:30

浅草 111-0053 台東区浅草橋5-20-5  Tel/03-3851-4009

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

麻布 106-0031 港区西麻布3-21-6  Tel/03-3408-1500

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

足立 123-0872 足立区江北3-40-27  Tel/03-3897-8356

  • 3月24日(木) 20:00         
  • 3月25日(金) 20:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

泉町 193-0814 八王子市泉町1287   Tel/042-625-5165

  • 3月24日(木)            
  • 3月25日(金)  
  • 3月26日(土)   
  • 3月27日(日)

板橋 193-0814 八王子市泉町1287   Tel/042-625-5165

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 10:00のみ(7:00なし)

上野 110-0004 台東区下谷1-5-9    Tel/03-3844-4477

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 12:00(中国センターとの合同ミサ)

梅田 123-0851 足立区梅田7-19-22   Tel/03-3880-4718

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 20:00  (日・英)
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

青梅 198-0041 青梅市勝沼1-197    Tel/0428-22-4895

  • 3月24日(木) 21:00         
  • 3月25日(金) 21:00
  • 3月26日(土) 21:00 
  • 3月27日(日) 11:00

大島 100-0101 大島町元町馬の背251  Tel/03-3943-2301

  • 3月24日(木)            
  • 3月25日(金)  
  • 3月26日(土)   
  • 3月27日(日)

大森 143-0016 大田区大森北2-5-11   Tel/03-3761-5047

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

荻窪 168-0072 杉並区高井戸東4-18-13 Tel/03-3334-8216

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

葛西 134-0083 江戸川区中葛西1-10-15 Tel/03-3689-0014

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

蒲田  144-0054 大田区新蒲田1-13-12    Tel/03-3738-0844

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

上野毛 158-0093 世田谷区上野毛2-14-25  Tel/03-3704-2171

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30(十字架道行15:00)
  • 3月26日(土) 18:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

亀有 120-0003 足立区東和4-3-20  Tel/03-3606-1757

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

神田 101-0065 千代田区西神田1-1-12  Tel/03-3291-0861

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

北町 179-0081 東京都練馬区北町3-16-1 Tel/3933-5057

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 9:30

吉祥寺 180-0005 武蔵野市御殿山1-7-8 Tel/0422-44-0181

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00(十字架の道行き15:00)
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

清瀬  204-0022 清瀬市松山1-21-12 Tel/042-491-0104

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 18:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

小岩 133-0057 江戸川区西小岩4-4-1 Tel/03-3657-0656 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

高円寺 166-0003 高円寺南2-33-32 Tel/03-3314-5688

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

麹町 102-0083 千代田区麹町6-5 Tel/03-3263-4584 

  • 3月24日(木) 19:00        
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間   

小金井 184-0005 小金井市桜町1-2-20 Tel/042-384-5793 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

小平 187-0001 小平市大沼町2-32-10 Tel/042-343-9981 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

三軒茶屋 154-0024 世田谷区三軒茶屋2-51-32 Tel/03-3421-1605 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30(十字架道行15:00)
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

潮見 135-0052 江東区潮見2-10-5 Tel/03-3644-8189

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

渋谷 150-0036 渋谷区南平台町18-13 Tel/03-3463-5881 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 10:00のみ  8:00なし

志村 174-0043 板橋区坂下1-38-22 Tel/03-3960-3566 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 10:00

下井草 167-0021 杉並区井草2-31-25 Tel/03-3396-0305 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 7:00 9:30 (18:00なし)

成城 157-0066 世田谷区成城2-21-16 Tel/03-3417-5211 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 18:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

関口 112-0014 文京区関口3-16-15 Tel/03-3945-0126 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 8:00 10:00 (12:00なし)

関町 177-0051 練馬区関町北2-11-7 Tel/03-3920-2211 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 9:30のみ (7:00なし)

瀬田 158-0095 世田谷区瀬田4-16-1 Tel/03-3708-0222 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

世田谷 155-0031 世田谷区北沢1-45-12 Tel/03-3467-0974 

  • 3月24日(木) 19:30(聖体賛美式「ラテン語聖歌」)      
  • 3月25日(金) 19:30(主の十字架の記念)
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 10:30

洗足 145-0064 大田区上池台4-7-5 Tel/03-3726-7108 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

高輪 108-0074 港区高輪4-7-1 Tel/03-3441-5556 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

高幡 191-0042 日野市程久保4-7-14 Tel/042-592-2463

  • 3月24日(木) 20:00         
  • 3月25日(金) 20:00
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日) 10:00

立川 190-0022 立川市錦町2-8-10 Tel/042-522-1475 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

多摩 206-0022 多摩市聖ヶ丘1-30-2 Tel/042-374-8668 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:30
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

調布 182-0033 調布市富士見町3-21-12 Tel/042-482-3937 

  • 3月24日(木) 19:00(サレジオ神学院聖堂)         
  • 3月25日(金) 19:00(サレジオ神学院聖堂)
  • 3月26日(土) 19:00(教会聖堂)
  • 3月27日(日) 8:00  10:30 (教会聖堂)

築地 104-0044 中央区明石町5-26 Tel/03-3541-8185 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 9:30

田園調布 145-0071 大田区田園調布3-43-1 Tel/03-3721-7271

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00(15:00から十字架の道行)
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

東京韓人 112-0014 文京区関口3-16-15 Tel/03-3941-0929 

  • 3月24日(木) 19:00(関口教会とともに)       
  • 3月25日(金) 19:00(関口教会とともに)
  • 3月26日(土) なし 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

徳田 176-0013 練馬区豊玉中1-39-1 Tel/03-3991-2101 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 10:00 14:30(ベタニアホーム)

豊島 171-0051 豊島区長崎1-28-22 Tel/03-3957-2540 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

豊田 191-0062 日野市多摩平3-12-10 Tel/042-581-8352 

  • 3月24日(木) 20:00         
  • 3月25日(金) 20:00
  • 3月26日(土) 20:00 
  • 3月27日(日) 10:00

八王子 192-0066 八王子市本町16-3 Tel/042-622-1642 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

初台 151-0053 渋谷区代々木5-16-3 Tel/03-3466-0361 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

碑文谷 152-0003 目黒区碑文谷1-26-24 Tel/03-3713-7624 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 7:00 10:30 18:00

府中 183-0055 府中市府中町1-40-11 Tel/042-361-9888 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

本郷 113-0021 文京区本駒込5-4-3 Tel/03-3941-5916 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

本所 130-0011 墨田区石原4-37-2 Tel/03-3623-6753 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

町田 194-0021 町田市中町3-2-1 Tel/042-722-4504 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 18:30
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

松原 156-0043 世田谷区松原2-28-5 Tel/03-3321-0941 

  • 3月24日(木) 19:30         
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:00
  • 3月27日(日)   通常の主日ミサの時間

三河島 116-0002 荒川区荒川3-11-1 Tel/03-3891-3033 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 7:00 10:00 19:00

目黒 141-0021 品川区上大崎4-6-22 Tel/03-3491-5461 

  • 3月24日(木) 19:00 21:00(英語)        
  • 3月25日(金) 19:00 21:00(英語)
  • 3月26日(土) 19:00(日・英)
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

六本木 106-0032 港区六本木4-2-37 Tel/03-3401-2141 

  • 3月24日(木) 19:30        
  • 3月25日(金) 19:30
  • 3月26日(土) 19:30 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

千葉県

市川 272-0021 市川市八幡3-13-15 Tel/047-322-5488 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

鴨川 296-0001 鴨川市横渚1727-1 Tel/04-7092-0432 

  • 3月24日(木)            
  • 3月25日(金)  
  • 3月26日(土)   
  • 3月27日(日) 14:00

木更津 292-0831 木更津市富士見3-1-13 Tel/0438-22-3873  

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

五井 290-0081 市原市五井中央西 1-33-10 Tel/0436-21-3830 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 8:30 11:00(国際ミサ)

佐原 287-0003 佐原市佐原イ417 Tel/0478-52-4079 

  • 3月24日(木) なし          
  • 3月25日(金) なし
  • 3月26日(土) なし
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

館山 294-0045 館山市北条1901-7 Tel/0470-22-0780 

  • 3月24日(木) 15:00         
  • 3月25日(金) 15:00 
  • 3月26日(土) なし
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

千葉寺 260-0844 千葉市中央区千葉寺町70 Tel/043-261-2920 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

銚子 288-0812 銚子市栄町1-1448 Tel/0479-22-2795 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

東金 283-0802 東金市東金251-2 Tel/0475-52-2357 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

豊四季 270-0134 流山市長崎2-444 Tel/04-7145-9933 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

習志野 262-0044 千葉市花見川区長作町1385-2 Tel/043-216-0035

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

成田 286-0048 成田市公津の杜2-2-1 Tel/0476-26-4926

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

西千葉 260-0034 千葉市中央区汐見丘町11-14 043-241-4812 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 18:30
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

松戸 271-0092 松戸市松戸1126 Tel/047-362-3516

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 8:00 10:30(国際ミサ)

茂原 297-0029 茂原市高師992 Tel/0475-22-2420 

  • 3月24日(木) 19:00         
  • 3月25日(金) 19:00
  • 3月26日(土) 19:00 
  • 3月27日(日) 通常の主日ミサの時間

                                                                             




東京大司教区司祭人事について・第2次


東京教区の皆様  

東京教区では、2016年度の司祭の人事異動・第2次を以下のように決定しましたので、お知らせします。  移動は、原則として、3月27日の復活祭後、すみやかに行なってください。皆様のご協力をお願いいたします。  尚、他の小教区人事に関しては、適宜、お知らせいたします。          

  東京大司教  岡田 武夫           

2016年度司祭人事異動 

(氏名の右のカッコ内は現任務・所属)

教区本部事務局次長・聖園幼稚園園長・本郷教会 教会管理者                  

浦野 雄二師     (本郷教会 教会管理者)

関口教会助任司祭・本部典礼祭儀担当・本郷教会協力司祭等 (原則として、関口教会に居住)

古郡 忠夫師     (成城教会助任司祭)

※ 但し、「東京大司教区司祭人事について・第1次」でもお知らせしましたように、成城教会・新主任司祭である山本量太郎師が着任する2016年5月末まで、成城教会に居住し、同教会助任司祭を続けます。

さいたま教区へ転任        

オリビエ シェガレ師 (本部協力司祭)   

以上




東京大司教区司祭人事について(第1次)


 東京教区の皆様

2016年1月10日

東京教区では、2016年度の司祭の人事異動・第1次を以下のように決定しましたので、お知らせします。

移動は、原則として、3月27日の復活祭後、すみやかに行なってください。皆様のご協力をお願いいたします。

尚、他の小教区人事に関しては、適宜、お知らせいたします。 

   東京大司教   岡田 武夫

2016年度司祭人事異動

(氏名の右のカッコ内は現任務・所属)

関口教会主任司祭              西川 哲彌師 (浅草教会・上野教会主任司祭)

浅草教会・上野教会主任司祭     晴佐久 昌英師 (多摩教会主任司祭)

成城教会主任司祭              山本 量太郎師 (関口教会主任司祭)

※  但し、山本師の着任は2016年5月末より。また、その間は、助任司祭の古郡忠夫師が成城教会に留まります。
尚、古郡忠夫師の人事異動の内容については、第2次の発表において、お知らせいたします。

西千葉教会・千葉寺教会主任司祭  福島 一基師 (成城教会主任司祭)

西千葉教会・千葉寺教会助任司祭  グエン スアン ティエン師 (西千葉教会助任司祭)

西千葉教会協力司祭             小林 敬三師 (西千葉教会主任司祭)

目黒教会主任司祭               マルコ・アントニオ マルティネス師 (千葉寺教会主任司祭)

目黒教会協力司祭               泉 安廣師 (本部協力司祭)

CTIC副所長・目黒教会協力司祭     高木 健次師 (高幡教会主任司祭)

八王子教会主任司祭・高幡教会 教会管理者   辻 茂師 (八王子教会主任司祭・立川教会 教会管理者)

八王子教会・高幡教会助任司祭     ロールド ザビエル師 (浅草教会・上野教会助任司祭)

立川教会主任司祭               門間 直輝師 (立川教会助任司祭)

築地教会主任司祭               レオ シューマカ師 (目黒教会主任司祭)

※  これまで、築地教会の教会管理者であった高木賢一師は、本来の役職である教区本部事務局長・法人事務部長、
及び、大島教会担当に戻ります。

秋津教会主任司祭              天本 昭好師 (北町教会主任司祭)

多摩教会主任司祭              豊島 治師 (秋津教会主任司祭)

成田教会主任司祭              関 光雄師 (銚子教会・佐原教会主任司祭)

銚子教会・佐原教会主任司祭     森 一幸師 (八王子教会助任司祭)

北町教会主任司祭               田中 昇師 (目黒教会助任司祭) 


 病気療養(千葉寺教会居住)    坂倉 恵二師 (成田教会主任司祭)   

以上




2015年クリスマスと新年のミサ


2015年
クリスマスと新年のミサ

貧しい人として馬小屋でお生まれになったイエスは、すべての人々に光をお与えになりました。イエスは「私はこの世の中の光である。私に従う者は、決して闇の中を歩むことはない」、とおっしゃいました。光の中を歩む人は、いつも、勇気と永遠の生命への希望、そして、愛をもって天の国を目指して歩んでいるのです。祈りの雰囲気の中で、クリスマスの真の意味を味わうために、どうぞ、教会にいらしてください。降臨された幼子イエスを見つめ、そこから命、希望、愛を汲み取ってください。

恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。
この方こそ主メシアである。
あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中で寝ている乳飲み子を見つけるであろう。
これがあなたがたへのしるしである。
(ルカ 2・10 – 14)


クリスマスと新年のミサの時間

車でお越しの方は、駐車場の有無を必ずをご確認ください。
 

※スマートフォンで下の表をご覧の際は、表を左右にスクロールして詳細を見ることができます。

☆★☆東京都☆★☆
教会名 12月24日 12月25日 1月1日 住所 電話
赤堤  19:00 10:00 10:00 156-0044
世田谷区赤堤3-20-1
03-3321-0019
赤羽 17:00   19:00 7:00      9:00 0:00(23:30よりロザリオの祈り)
10:00
115-0045
北区赤羽2-1-12
03-3901-2902 
秋津 16:00(ベトレヘム学園)
19:00
10:00
14:30(聖家族ホーム)
11:00 204-0024
清瀬市梅園3-14-18
042-491-2781
あきる野 19:00 キャンドルサービス 8:30 8:30 190-0142
あきる野市伊奈1
042-596-1261
浅草 19:00 10:00  0:00  12:00 111-0053
台東区浅草橋5-20-5
03-3851-4009
麻布 19:00 21:30 9:30 9:30 106-0031
港区西麻布3-21-6
03-3408-1500
足立 20:00  9:00 11:00 123-0872
足立区江北3-40-27
03-3897-8356
泉町  19:00 ・・・・・・ ・・・・・・ 193-0814
八王子市泉町1287
0426-25-5165
板橋 19:00 10:00  10:00  173-0034
板橋区幸町8-6
03-3955-5470
上野 20:00(日・中)(19:30クリスマスキャロル ) 10:00
12:00(中)
10:00 110-0004
台東区下谷1-5-9
03-3844-4477
梅田 20:00(日・英)  11:00  12/31 20:00(英)
1/1 11:00 
123-0851
足立区梅田7-19-22
03-3880-4718
青梅 21:00  11:00 11:00 198-0041
青梅市勝沼1-197
0428-84-2258
大島       100-0101
大島町元町馬の背251
03-3943-2301
大森 18:00 20:00  9:30  9:30  143-0016
大田区大森北2-5-11
03-3761-5047
荻窪 18:30キャンドルサービス 10:00 0:00  11:00 168-0072
杉並区高井戸東4-18-13
03-3334-8216
葛西 18:00 ・・・・・・ 10:00  16:00(英) 134-0083
江戸川区中葛西1-10-15
03-3689-0014
蒲田 19:00  10:00 10:00 144-0054
大田区新蒲田1-13-12
03-3738-0844
上野毛 17:00子どもと共に 20:00  24:00 7:00 10:30 18:00 0:00(23:30聖体賛美)  7:00 10:30 18:00 158-0093
世田谷区上野毛2-14-25
03-3704-2171
亀有 19:00  9:30     12/31 23:15(ロザリオ)  23:45     
1/1  11:00     
120-0003
足立区東和4-3-20
03-3606-1757
神田 18:30  
21:00
・・・・・・ 0:00     12:00  101-0065
千代田区西神田1-1-12 
 03-3291-0861
北町 20:00( 19:30クリスマスキャロル) 9:30  9:30  179-0081
練馬区北町3-16-1
03-3933-5057
吉祥寺 18:00   20:00  
22:00
10:30   16:00(英)    19:00 0:00   10:30  
12:00
180-0005
武蔵野市御殿山1-7-8
0422-44-0181
清瀬 17:30聖劇   
19:30ミサ
10:00 11:00 204-0022
清瀬市松山1-21-12
042-491-0104
小岩 16:00キャンドルサービス
16:30  19:30
9:30 0:00 11:00 133-0057
江戸川区西小岩4-4-1
03-3657-0656
高円寺 18:00   21:00 10:00 0:00   
11:00
166-0003
高円寺南2-33-32
03-3314-5688
麹町 17:00
19:00
21:00
22:30(英)
7:00 8:30  10:00   12:00(英)  
13:30(スペイン)
15:00(ポーランド)   18:00
0:00  7:00  8:30  10:00
12:00(英)   
13:30(スペイン)  
15:00(ポーランド)  18:00      
マリア聖堂 10:00(ベトナム)  
マリア聖堂12:30(ポルトガル)  
ザビエル聖堂16:00(インドネシア)
102-0083
千代田区麹町6-5
03-3263-4584
小金井 17:00   19:00   
21:00 
6:30  14:00 0:00  11:00 184-0005
小金井市桜町1-2-20
042-384-5793
小平 19:00(18:30 キャンドルサービス) 10:00 10:00  187-0001 東京都小平市大沼町2-32-10 042-343-9981
三軒茶屋 18:30「聖劇」
19:00子どもと家族のミサ  
21:00 23:00
6:30   10:30 0:00 11:00 154-0024
世田谷区三軒茶屋2-51-32
03-3421-1605
潮見 19:00 10:00 10:00 135-0052
江東区潮見2-10-5
03-3644-8189
渋谷 18:00  21:00 10:00 11:00 150-0036
渋谷区南平台町18-13
03-3463-5881
志村 19:00 キャンドルサービス  10:00 12:00  174-0043
板橋区坂下1-38-22
03-3960-3566
下井草 19:00      
22:00クリスマスキャロル
10:00 0:00   10:00  167-0021
杉並区井草2-31-25
03-3396-0305
成城 16:00  18:00  
20:00  22:00 
10:00 0:00  7:00  10:00  157-0066
世田谷区成城2-21-16
03-3417-5211
関口 17:00   19:00   
22:00   24:00
10:00 0:00   10:00  112-0014
文京区関口3-16-15
03-3945-0126
関町 19:00 10:00 12:00 177-0051
練馬区関町北2-11-7
03-3920-2211
瀬田 21:00  7:00  10:00   0:00  10:00  158-0095
世田谷区瀬田4-16-1
03-3708-0222
世田谷 19:00  19:30
20:30
11:00 12:00 155-0031
世田谷区北沢1-45-12
03-3467-0974
洗足 17:45クリスマスキャロル
18:00子どもミサ
20:45キャロル21:00
9:45クリスマスキャロル
10:00
11:00 145-0064
大田区上池台4-7-5
03-3726-7108
高輪 17:30子どもと共に捧げるミサ  21:00 10:00 0:00  11:00 108-0074
港区高輪4-7-1
03-3441-5556
高幡 19:00キャンドルサービス 10:00 0:00  11:00  191-0042
日野市程久保4-7-14
042-592-2463
立川 18:00
21:00(20:00クリスマスキャロル)
10:00  11:00  190-0022
立川市錦町2-8-10
042-522-1475
多摩 17:00ミサ後パーティ
21:00
10:00 11:00 206-0022
多摩市聖ヶ丘1-30-2
042-374-8668
調布 17:00  20:00   
0:00 
8:00  10:30 8:00  10:30 182-0033
調布市富士見町3-21-12
042-482-3937
築地 19:00 10:00 10:00 104-0044
中央区明石町5-26
 03-3541-8185
田園調布 15:00幼稚園児とともに 17:00子どもたちとともに   
20:00  23:00 
10:00 0:00  7:00  10:00 145-0071
大田区田園調布3-43-1
03-3721-7271
東京韓人 ・・・・・・ 19:00 12:00 112-0014
文京区関口3-16-15
03-3941-0929
徳田 19:30 10:00   14:30  10:00 176-0013
練馬区豊玉中1-39-1
03-3991-2101
豊島 18:30クリスマスキャロル
19:00  22:00
9:30  
11:30(英)
11:00 171-0051
豊島区長崎1-28-22
03-3957-2540
豊田 20:00  10:00  10:00  191-0062
日野市多摩平3-12-10
042-581-8352
八王子 17:00   20:00 10:00  0:00  11:00 192-0066
八王子市本町16-3
0426-22-1642
初台 19:00 0:00  10:30 0:00  10:30 151-0053 渋谷区代々木5-16-3 03-3466-0361
碑文谷 16:00  19:00 
22:00  24:00
7:00  10:30 0:00  7:00
10:30
152-0003
目黒区碑文谷1-26-24
03-3713-7624
府中 18:00  20:15キャンドルサービス  21:00ミサ後ティーサービス 10:00ミサ後ティーサービス 12/31  19:00 
1/1  8:00 10:00
183-0055
府中市府中町1-40-11
042-361-9888
本郷 19:00  10:00 10:00 113-0021
文京区本駒込5-4-3
03-3941-5916
本所 19:00 9:30
17:00子供とともに捧げるミサ 
0:00
9:30
130-0011
墨田区石原4-37-2
03-3623-6753
町田 17:00   19:30   22:00 11:00 0:00     11:00 194-0021
町田市中町3-2-1
042-722-4504
町屋 19:00 10:00 11:00  116-0002
荒川区町屋4-7-9
03-3809-0414
松原 17:00  20:00 11:00 0:30  11:00 156-0043
世田谷区松原2-28-5
03-3321-0941
三河島 19:30キャンドルサービス続いてミサ  7:00  11:00 11:00 116-0002
荒川区荒川3-11-1
03-3891-3033
目黒 17:00 19:00
21:00(英)  23:00
11:00(日・英) 0:00(英)
11:00
141-0021
品川区上大崎4-6-22
03-3491-5461
六本木 16:30   18:00 (日本語) 
20:15   21:00  
7:00 (日本語) 8:00  12:00 19:00 0:00 7:00 (日本語)  8:00 12:00 18:00 106-0032
港区六本木4-2-37
03-3401-2141

最寄りの教会をお探しの方はこちらへ(教会検索)

 
☆★☆千葉県☆★☆
教会名 12月24日 12月25日 1月1日 住所 電話
市川 19:30キャンドルサービス   
20:00  
10:30   10:30  272-0021 
千葉県市川市八幡3-13-15
047-322-5488
鴨川 ・・・・・・  14:00  14:00  296-0001 
千葉県鴨川市横渚1727-1
047-092-0432
木更津 19:00 10:00 10:00 292-0831 
千葉県木更津市富士見3-1-13
0438-22-3873
五井 19:00国際ミサ  9:30  10:30  290-0081 
千葉県市原市五井中央西1-33-10
0436-21-3830
佐原 ・・・・・・ ・・・・・・  14:00 287-0003 
千葉県香取市佐原イ417
0478-52-4079
館山 ・・・・・・ 14:00 14:00 294-0045 
千葉県館山市北条1901-7
0470-22-0780
千葉寺 19:00 10:00 0:00(英)
10:00
260-0844 
千葉県千葉市中央区千葉寺町70
043-261-2920
銚子 19:00 海上寮8:00
10:15
海上寮7:30
12:00
288-0812 
千葉県銚子市栄町1-1448
0479-22-2795
東金 19:15キャンドルサービス 
19:30
9:30  9:30  283-0802 
千葉県東金市東金251-2
0475-52-2357
豊四季 18:00  
21:00キャンドルサービス15分前
10:00 0:00 11:00 270-0134 
千葉県流山市長崎2-444-1
04-7145-9933
習志野 17:00  20:00 10:00 11:00 262-0044 
千葉県千葉市花見川区長作町1385-2
043-216-0035
成田 17:00  20:00 9:30 0:00  12:00  286-0048 
千葉県成田市公津の杜(こうづのもり)2-2-1
0476-26-4926
西千葉 17:00  20:00 10:00 10:00 260-0034 
千葉県千葉市中央区汐見丘町11-14
043-241-4812
松戸 18:00 子どもの奉仕するミサ  
キャンドルサービス  
20:30 国際ミサ  
(20:15クリスマスキャロル) 
10:30 12/31  23:00
1/1  10:30
271-0092 
千葉県松戸市松戸1126
047-362-3516
茂原 19:00  10:00子どもミサ   0:00   11:00 297-0029 
千葉県茂原市高師992
0475-22-2420

最寄りの教会をお探しの方はこちらへ(教会検索)

 

 

 




【訃報】コンスタン・ルイ神父


 パリ外国宣教会司祭コンスタン・ルイ神父様が、2015年8月30日、午後6時30分(現地時間)に、フランスのトゥルーザン地方、モン・トバン市立病院で、帰天されました。享年88歳。

 ルイ神父様のためにお祈りください。

 

経 歴

1927年4月6日        フランスのブルターニュ地方に生まれる。
1955年10月           司祭叙階。
1956年から1957年  東京の日本語学校で学ぶ。
1958年から1962年  徳田教会助任司祭。
1962年から1977年  徳田教会主任司祭。
1977年から1991年  潮見教会主任司祭。
1991年から1998年  高幡教会主任司祭。
1998年から2005年  成城教会主任司祭。
2005年から2015年  志村教会主任司祭。

2015年5月27日に、南フランス、プロバンスのパリ外国宣教会所有の引退司祭の家での生活のために、帰国。

*葬儀は、家族と相談のため、現時点で未定。




教会学校リーダーの皆さんへ「東京教区こどものミサのお知らせ」


2015.8.15
東京教区教会学校委員会

2015年度東京教区「こどものミサ」

【日  時】  2015年10月11日(日) 午後2時半~5時
【場  所】  東京カテドラル関口教会「聖マリア大聖堂」&前庭 
【テーマ】  「だれがいちばん偉いのか」(マルコ9・34)
                    -すべての人に仕える者になりなさい-

komisa2015a今年も東京教区主催の「こどものミサ」が、10月11日(日)午後2時半から、東京カテドラルにて、岡田大司教様の主司式でおこなわれます。「こどものミサ」では、毎年参加される小教区ごとに、テーマに基づいた奉納物を準備していただき、当日のミサで奉納するという形をとっています。
そこで、今年のテーマについて、テーマに関するカテケージス(教え)、奉納物など、教会学校リーダーの皆さんに、当日までに子どもたちと共に準備していただきたい事についてお知らせします。

 

お知らせの内容

1.テーマについて
テーマとなっている聖書の箇所についての説明です。子どもたちとより豊かな準備が出来る様に、 リーダーの皆さんもテーマとなっている聖書の箇所を深く味わってみてください。

2.当日までに行なっていただきたいカテケージス(教え)
「1.テーマについて」および「2.当日までに行なっていただきたいカテケージス(教え)」を参考にしながら、当日までに子どもたちにカテケージス(教え)を行ってください。

3.当日持参していただきたいもの(奉納物の製作)の説明
製作していただく奉納物についての説明と注意点、製作時のヒントなどをまとめました。製作した奉納物は、こどものミサ当日に持参してください。 ミサ中に奉納して頂きます。

4.ミサで歌う曲・申し込みハガキの控え

 

1.テーマについて

「だれがいちばん偉いのか」(マルコ9・34)
-すべての人に仕える者になりなさい-

今年のテーマとなっている聖書の言葉は、マルコによる福音書の9章から取られたものですが、登場人物の「誰かが言った言葉」ではありません。「弟子たちのした行動」を説明する表現の中にその言葉があり、そこから選びました。
ある時のこと、イエスさまの一行が家に着いた時、イエスさまは弟子たちに「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになりました。その時、弟子たちは黙っていました。途中で「だれがいちばん偉いか」と議論し合っていたからでした。
そこで今年のテーマは、弟子たちの一番の関心事であった「だれがいちばん偉いのか」としました。弟子たちの考える「偉さ」と、イエスさまのお教えになる「偉さ」は違っていました。弟子たちは「いちばん先」になることを「偉い」(原意は「大きい」)と考えましたが、イエスさまは「いちばん後になること」そして、「仕える者になること」を「偉い(大きい)」と教えられました。
イエスさまこそまさに仕える者。だから弟子たちにも「仕える者になりなさい」と言われたのです。そして、「仕える者になること」こそ、「イエスさまに従うということ」なのでした。
しかしながら、わたしたちはすぐに弟子たちと同じように、「自分がいちばん先になりたい」という「勘違い」と「的外れ」に陥ってしまいます。それで、ご一緒に今年のこどものミサの中で、イエスさまの「仕える者になりなさい」という福音をしっかりと受取らせていただきたいと思います。
まず、マルコ9章33~37節を一度お読みいただきたいと思います。

その時、イエスさまと弟子たちの一行はカファルナウムに来ました。家に着いてから、イエスさまは弟子たちに、「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになりました。
彼らは黙っていました。
途中でだれがいちばん偉いかと議論し合っていたからです。
イエスさまが座り、十二人を呼び寄せて言われました。

「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。」そして、一人の子供の手を取って彼らの真ん中に立たせ、抱き上げて言われました。

「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」

(マルコ9章33~37節参照)

この箇所は「いちばん偉い者」という小見出しがついているところで、小見出しの通り、弟子たちは、だれがいちばん偉い者であるかを、議論し合います。しかしイエスさまは、彼らの議論が全くの的外れであることをわからせるために、十二人を呼び寄せて教えられました。

今回の「こどものミサ」では、テーマとして「だれがいちばん偉いのか」という言葉を選び、また、サブテーマとして、イエスさまが言われた言葉をもとに-すべての人に仕える者になりなさい-という言葉をもうけました。本当はサブテーマの内容の方が、テーマに相応しいのですが、すぐに「だれがいちばん偉いのか」と考えてしまうわたしたちの現実により身近な、弟子たちの思いを表した言葉を、テーマの文言として取り上げました。

教皇フランシスコは、今年(2014年11月30日~2016年2月2日)を、「奉献生活の年」と定められました。これは「仕えて生きる」ことを呼びかけるものです。この呼びかけは、まず修道者を初めとする、すべての奉献生活者に向けて呼びかけられています。しかし、同時にすべてのキリスト信者に向けて呼びかけられているものです。そのメッセージの中心は、「感謝をもって過去を見る」こと、「熱意をもって現在を生きる」こと、そして「希望をもって未来に向かう」ことです。

わたしたち一人ひとりが「仕える者となる」ことの真の意味を認め、深めていくことができますように、今年のテーマに沿ってご一緒に学んでいきたいと思います。
ここでは福音書の言葉に解説を加えながら、テーマについて説明していきたいと思います。

「その時、イエスと弟子たちの一行はカファルナウムに来た。家に着いてから、イエスは弟子たちに『途中で何を議論していたのか』とお尋ねになった。彼らは黙っていた。途中でだれがいちばん偉いかと議論し合っていたからである。」

「その時」・・・がどんな時であるのかを、まず確認しておきましょう。

今日読んでいる箇所は9章33節からですが、この時点で弟子たちは、既に2度、イエスさまから「死と復活の予告」を受けています。弟子たちへの「死と復活の予告」は極めて重要な出来事ですので、そのことを少し丁寧に確認しておきましょう。

8章29節で、イエスさまは弟子たちに「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」と問われました。弟子を代表してペトロが「あなたは、メシア(救い主)です」と答えました。イエスさまは「このことを誰にも話してはならない」と戒められた後、弟子たちに教え始められました。「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日の後に復活することになっている」と教え始められました。しかも、そのことをはっきりとお話しになりました。このことが初めての「死と復活の予告」です。

するとペトロはイエスさまをわきへお連れして、諫め(いさめ)はじめました。おそらく(イエスさま、そんなことがあってはなりません!)というような言葉でイエスさまをお諫めしたのでしょう。しかしそれに対してイエスさまは「サタン、引き下がれ、あなたは神のことを思わず、人間のことを思っている」とお叱りになられます。

そして弟子たちを呼び寄せて言われました。

「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者はそれを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。」

・・・そう教えられたのです。イエスさまの思いと弟子たちの思いがかけ離れていたからです。

その後、更にもう一度、イエスさまは弟子たちに「死と復活の予告」をなさいます。イエスさまは

「人の子は、人々の手に引き渡され、殺される。殺されて三日の後に復活する」

と言われました。これは二度目の「死と復活の予告」でした。弟子たちはこの言葉が分かりませんでしたが、怖くて尋ねられませんでした。

このような出来事の後に、今日の福音の「その時」があります。

 

そんな時、一行がカファルナウムに来て、家(ペトロの家:一行はそこを拠点にして活動していたと考えられています)に着いてから、イエスさまは弟子たちに「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになったのです。弟子たちがきまり悪そうに黙っていたのは、自分たちが議論していたことが、イエスさまがお喜びになることではない・・・と、直観的に気付いていたからではないでしょうか。イエスさまは「自分を捨てること」を教えられたのに、自分たちは「だれがいちばん偉いのか」を議論していたからです。

ここで「偉い」と訳されている箇所に使われている元々の単語は、ギリシャ語の「メガス」で、「大きい」という意味です。つまり弟子たちは、自分たちの中で、「だれがいちばん大きいか」・・・、だれがいちばん「ビッグ」であるかを議論していたという訳です。

おそらくイエスさまは、彼らが「だれがいちばん大きいか」を議論していたことを知っておられたと思います。ご存じの上で、イエスさまが弟子たちにお尋ねになったのは、彼らに「本当に大きい者とはだれか」をお教えになろうとしたからだと思います。

「イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。『いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。』」

問われても黙っていた弟子たちに、イエスさまは働きかけられました。「座る」とは、イエスさまの時代には、「先生が弟子たちにものを教える時の姿勢」です。イエスさまは弟子たちを呼び寄せ、しっかりとお教えになられたのです。

「いちばん先」はギリシャ語の「プロトス」。これは、第一の(時間・場所)、最高の、最重要の(地位)、という意味です。一方、すべての人の「後」はギリシャ語の「エスカトス」。これは、最後の(場所)、最も価値の低い(等級・序列)、最も遅い、最終の(時)という意味です。

イエスさまは、「自分が一番先でなければがまんできない弟子たち」に対して、「すべての人の後になるように」と言われました。そしてイエスさまはその言葉の意味を、更に具体的に「すべての人に仕える者になりなさい」という、行動目標を通してお教えになったのです。

ここに、弟子たち(人間)の眼差しと、イエスさま(神さま)の眼差しの違いが、明確に現れています。普通の人間の考える「大きさ」とは、どれだけ多くの人に「仕えてもらうか」です。たくさんの人に「仕えられている者」がVIPであり、「ビッグな者」です。しかしイエスさまの言われる「大きさ」とは、どれだけ多くの人に「仕えるか」です。イエスさまは、たくさんの人に「仕える者」を「大きい」と言われるのです。

なぜなら、最大のお方である父である神さまは、「仕える方」だからです。神さまはすべてのものを創り、すべてのものにご自分のいのちを注ぎ、すべてのものを永遠のいのちで生かすという仕方で、すべてのものに「仕えておられるお方」です。父である神さまこそが、最も大きいお方。このようにイエスさまは「仕える者」を「大きい」と言われるのです。
更にイエスさまは「仕える」ということの本当の意味を教えるために、続けられました。

「そして、一人の子供の手を取って彼らの真ん中に立たせ、抱き上げて言われた。『わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。』」 

現代の日本においては、「大人も子どもも、等しく大切な人間として尊重されなくてはならない」という考えが一般的な社会通念となっています。ですから「子どもを受け入れる」ことは特別なことではありません。しかし、イエスさまの時代はそうではありませんでした。

古代社会においては、子どもは「価値のない」、「取るに足らない」者と考えられていました。それは、独り立ちできず、お金を稼ぐこともできず、他の人から助けられなければ生きられないので、「まだ人間になりきっていない者」と考えられたということです。

イエスさまは、そのように考えられていた一人の子どもの手を取って、弟子たちの真ん中に立たせ、抱き上げて言われました。つまり弟子たちの目の前で、「取るに足りないと思われていた者」「いちばん後ろと思われていた者」をいちばん高く挙げたのです。そうすることによって、イエスさまの眼差しが、何に向かっているのかを、弟子たちにはっきりと示されたのです。

イエスさまは、一人の子どもを、ご自分と同じものと見ておられます。つまり、この子の内に神のいのちがあり、この子が神さまに愛された子、「神の子」であることを見ておられたのです。それこそがイエスさまの眼差しでした。そのように人を御覧になるのが「イエスさまというお方」であり、それが「イエスさまの人格」であり、そしてそれが「イエスさまの名」なのです。

その「イエスさまの名において」、人を神の子として受け入れるなら、イエスさまを受け入れるのだと、おっしゃられるのです。

そしてまた、イエスさまを受け入れる人は、イエスさまを受け入れるのでなくて、イエスさまをお遣わしになった、父である神さまを受け入れるのだと、おっしゃるのです。

イエスさまを受け入れるとは、イエスさまの眼差しに入ること。「イエスさまの名」という真実の中に入って、イエスさまと一緒の向きで生きることだと思います。その時、天の父である神さまの真実の中に入り、天の父である神さまと一緒の向きで生きるいのちとなるのだと思います。

その時わたしたちは、人の中に神のいのちがあることを見る者となり、人を神の子として受け入れる者になります。それはすなわち、「人を愛する者になる」ということだと思います。そして、それこそが、「仕える者となる」ということの、具体的な意味なのだと思います。

すべての人を神の子として受け入れた「イエスさまの名において」、人を神の子として受け入れ、「人を愛する者となる」こと。イエスさまと一緒に生きる者となり、父である神さまと一緒に生きる者となり「人を愛する者となる」こと。これが「すべての人に仕える者となる」ということの、究極的な意味なのだと思います。

まとめてみます。

「だれが一番偉いのか」・・・「いちばん先になりたい」。・・・これは、わたしたちもすぐ陥る的外れです。しかし、イエスさまは「すべての人の後になりなさい」「すべての人に仕える者になりなさい」と言われました。「仕える」とは、人を「神の子」として受け入れること、その人の中に、神さまが共におられる「神の子の真実」を認めることです。それはすなわち「人を愛すること」です。

イエスさまは、すべての人の中にその真実を見出してくださいました。イエスさまはまさに「仕える方」でありました。すべての人を「愛する方」でありました。そしてわたしたちは、イエスさまに倣うように命じられているのです。

そして最後に、付け足しになりますが、今日の福音の少し後の箇所でイエスさまが、

「人の子は仕えられるためではなく仕えるために来た」(マルコ10・45)

と言われたことを覚えておきたいと思います。これは言い換えれば、イエスさまというお方は「人から、『あなたは神の子だ』と言われるために来た」のではなく、「人に『あなたは神の子だ』と言うために来た」方だ、ということです。「人から愛されるために」ではなく、「人を愛するために」来た方だということです。

「だれがいちばん偉いのか」・・・、わたしたちはすぐ、「人から『あなたは神の子だ』と言われたい」あるいは「人から『あなたは神の子だ』と思われたい」、「人に仕えられたい」「人から愛されたい」と思ってしまうかもしれません。しかし、それは的外れです。

イエスさまはすべての人間に、「あなたは神さまの子だ」「神さまに愛された人だ」と、告げるために来られました。そして十字架に挙げられ、死と復活を通して、人間の中には、死を超えて生きる神のいのちがあること、人間が神に愛されていること、を証ししてくださいました。

イエスさまは、ご自分のいのちを捧げて、すべての人間に仕えてくださったお方、愛してくださったお方です。そのお方にならって、わたしたちも「仕える者になるように」呼びかけを受けています。

 

2.当日までに行なっていただきたいカテケージス(教え)

今年のテーマ「だれがいちばん偉いのか」(マルコ9・34)を受けて、当日のミサの福音の箇所はマルコ9・33~37としました。事前に福音の内容に親しんでおいていただくために、リーダーの皆さんに子どもたちといっしょにやっていただきたいことがあります。簡単に以下のようにまとめてみました。

1.当日の福音 マルコ9・33~37を子どもたちに読んで聞かせる。
イエスさまが弟子たちに「途中で何を議論していたのか」と言われる箇所です。リーダーのみなさんが、一度子どもたちの前で声を出して、読んで聞かせてほしいと思います。
 
2.言葉の説明をする。(必要に応じて、内容を調整なさってください)

「家に着いてから」

  • →「家」は、カファルナウムにあった「ペトロとアンデレの家」のこと。イエスさまと弟子たちは、そこを住まいとして活動しておられたと考えられています。

「途中で何を議論していたのか」

  • →弟子たちは「だれがいちばん偉いのか」と議論していました。おそらくイエスさまは、弟子たちが「だれがいちばん偉いのか」と議論していたことを知っておられました。それなのにお尋ねになったのは、弟子たちに「本当に偉いとは何か」を考えさせたかったからだと思います。
  • この出来事が起こる前に、イエスさまは弟子たちに、「皆の救いのためにご自分が十字架にかけられる」と話していました。それなのに弟子たちは、「だれがいちばん偉いのか」と議論していました。「偉い」という言葉の元々の意味は「大きい」です。弟子たちは、だれが一番「ビッグ」であるかを議論していたということです。

「弟子たちは黙っていた」

  • →イエスさまに聞かれても、弟子たちは「だれが一番偉いのか」と議論していたとは、言いませんでした。黙っていました。

「イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。『いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。』」

  • →「座る」とは、先生が弟子に教える時の姿勢です。イエスさまは「自分がいちばん先頭でなければ我慢できない」弟子たちに、わたしに付いて来たいなら、「いちばん最後になりなさい」「すべての人に仕える人になりなさい」と教えられたのです。

「そして、一人の子供の手を取って彼らの真ん中に立たせ、抱き上げて言われた。」

  • →イエスさまは、一人の子どもを、弟子たちの真ん中で抱き上げました。いちばん高く上げたのです。当時子どもは、「人間になりきっていない者」「価値のない者」と考えられていました。いちばん後の者を、いちばん高く上げたのです。

「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」

  • →イエスさまが子どもを抱き上げて受け入れたように、子どもを受け入れる人は、イエスさまを受け入れるのだと、イエスさまはおっしゃっています。
    そして、イエスさまを受け入れる人は、父である神さまを受け入れるのだと、イエスさまはおっしゃいます。

3.こどもたちに質問する。
イエスさまは弟子たちに、「途中で何を議論して(話し合って)いたのか」と尋ねられました。それなのに、弟子たちは黙っていました。

「どうして、弟子たちは黙っていたのだろうか」(補助質問)

  • →だれが一番偉いかと言い合っていて、恥ずかしかったから。 →イエスさまに叱られるかもしれないと思ったから。 →わからない。

こどもたちはすぐ、上のような答えをするかもしれませんし、全くわからない・・かもしれません。
いつものことですが、無理に答えを出そうとしなくてよいと思います。
まず、どんな意見も「そうかもしれないね」と、答えてくれたことを大切していただいたらいいと思います。

おそらく、意見の中心は、
「自分たちがしていたことが、イエスさまからは褒められない、喜ばれないことだと、薄々感じていたから」といったところではないかと思います。

一度リーダーの皆さんが、
「(弟子たちが黙っていたのは)、自分たちがしていたことが、なんとなくイエスさまに喜ばれない、もしかしたら叱られるかもしれないと思ったから・・・、かもしれないね」
と、まとめていただければと思います。

そして、更に問いかけていただきたいと思います。(これが主質問です)

(弟子たちは、『だれがいちばん偉いのか』と議論していて、黙っていたけれど)

「もし、イエスさまに『だれがいちばん偉いのですか』と尋ねたら、イエスさまは何とおっしゃるだろうか?」(主質問)

  • →人を助ける人
  • →仕える人
  • →子ども? 
  • →神さま 

この問いについても、こどもたちはすぐ、上のような答えをするかもしれませんし、全くわからない・・・かもしれません。
ここでも、無理に答えを出そうとしなくてよいと思います。
まず、どんな意見も「そうかもしれないね」と、答えてくれたことを大切していただいたらいいと思います。

4.リーダーが子どもたちに、教える・伝える・一緒に考える
最後に、子どもたちに次のようなことを話していただければ幸いです。
「弟子たちは『だれがいちばん偉いのか』と議論していました。きっと「いちばん力がある人」、「いちばん正しい人」、「いちばん頭がいい人」・・・、そんな人を『偉い』と思ったのだと思います。」

「でも、イエスさまと弟子たちでは『偉い』ということについて、考えが違っていました。
弟子たちは、『たくさんの人から、仕えてもらう人』を偉いと考えました。

でも、イエスさまは『たくさんの人に、仕える人』を『偉い』つまり『大きい』と考えておられるのです。」
「いちばん偉いのは、『仕える人』、イエスさまはそう言われるのだとおもいます」

「イエスさまも『人に仕える人』でした。人から罪人と呼ばれていた人のことを、神さまに愛された『神の子』であると言って助けました。人から罪人と呼ばれていた人のことを愛しました。そして、それが原因で十字架にかけられました。」
「仕える」とは「愛すること」と言ってもいいのではないかな?

「みなさんの回りの、『人に仕える人』は、どんな人がいるかな?」
「また、みなさんができる『人に仕えること』が、なにかあるかな?」(発展課題)

*「仕える」ということは、子どもたちには難しい概念だと思いますが、「仕えて、相手を本当に大切にする人」、「人を愛する人」が、いちばん大きい人です。自分の身の回りの「仕える人」を、子どもたちと一緒に探してみていただきたいと思います。お父さん、お母さん、先生・・・。また自分たちができる「仕えること」が何かも、考えてみていただきたいと思います。

5.イエスさま(神さま)に手紙を書く
今日の福音を受けて、子どもたちに手紙に書かせていただきたいと思います。 

◆「イエスさまに(神さまに)、お手紙を書こう」

子どもたちに伝えやすいように「仕えること」は「人を大切にすること」「人を愛すること」とシンプルにとらえました。

  • イエスさまに(神さまに)お手紙を書いてみましょう。
    自分が出来る「人を大切にすること」、自分が出来る「人を愛すること」を、イエスさま(神さま)に書いてみましょう。どんなことがあるかな?
  • それ以外の内容でも、イエスさま(神さま)に聞きたいこと、話したいことがあったら、自由に書いてください。  
  • イエスさま(神さま)は、皆さんが真剣に書いたことには、真剣に答えてくださいます。だから、真剣に、誰にも内緒で、書いてみましょう。
  • 名前は書かなくていいです。

 

*この手紙が、奉納物「ハートの木」(後で詳述します)の一部になっていきます。ハート形の紙など、奉納物の作り方に応じて、手紙を書かせる紙(その他)の形状を工夫なさってください。

*できればリーダーも一緒に書いていただくと、子どもたちもより一生懸命に取り組めると思います。

 

3.当日持参していただきたいもの(奉納物の製作)の説明

今回の奉納は、小教区(聖堂共同体)ごとに、「ハートの木」(後で詳述します)を奉納していただきます。一人の子どもが運べるような物にお作りください。(当日持って来てください)

製作していただく奉納物については、当日のスムーズな進行のため、ある程度の制約をこちらで決めさせていただきました。ご協力のほどよろしくお願いします。

「ハートの木」
今回は、「だれがいちばん偉いのか」と議論していた弟子たちに対して、「仕える者になりなさい」と言われた」イエスさまへの答えを、形に表したいと考えました。
こどもたちにも伝えやすいように、「仕えること」は、「人を大切にすること」、「人を愛すること」とシンプルにとらえました。
自分たちの出来る「仕えること」をハートの形の中に書き、皆の分を集めて「ハートの木」を作り、奉納していただきたいと思います。
以下の要領で、各小教区で「ハートの木」をお作りください。

komisa2015_h◇ 個数:小教区毎に1個
◇ 機能:「ハートの木」は、カテドラルの祭壇の前の階段に置きます。倒れてしまうと、見えなくなってしまうので、自立するもの、にしてください。
◇ 大きさ:高さは、30センチはあるものにしてください。(その程度の大きさがないと、皆から見えないため)「ハートの木」の台座の幅は、38センチ以下(祭壇の前の階段に置くため:38センチは階段の踏み台の幅です)でお作りください。  (ただし子ども一人で持って奉納できる大きさ・重さ以下(厳守))
◇ 材質:可燃物でお願いします。

特に、当日持ち帰りを希望されない教会の奉納物は、教会学校委員会で適切に後処理を行いますので、金属、粘土などではないもので作って頂きますようお願いします。

作り方について

・特にありませんが、前述したように、全体の高さが、30センチはあるものにお作りください。
・こどもたちがしようと考えた「仕えること」を「ハートの形のもの」に書いて、一つの木にまとめていただきます。
・自立する形にお作りください。
・手紙の内容については、「2.ミサまでに行なっていただきたいカテケージス(教え)」を参照してください)

奉納物(ハートの木)の奉納
◇「奉納物(ハートの木)」はミサの中で奉納します。
・ 各教会1名の代表者(厳守)が、中央通路を通り、祭壇まで進みます。そして司教様に手渡します。その後、係が奉納物を並べていきます。(※例年奉納の行列が長くなってしまうので、代表者は必ず1名でお願いします。)
・ 「奉納物」を持ち帰りたい教会は、ミサ当日に会場の受付で申し出て下さい。

 

4.ミサで歌う曲・申し込みハガキの控え

入祭   「愛されている子供らしく」
アレルヤ  「神の国と神の義を」
奉納   「私をお使いください」、「マリアの賛歌」
感謝   「感謝の賛歌」上村さん 
平和   「キリストの平和」
拝領   「主は水辺に立った」、「主の恵みの水」、「あなたに愛されて」
閉祭   「アーメンハレルヤ」

——————-(申込みハガキ内容)——————————–
1.「こどものミサ」参加の有無
10月11日(日)の「こどものミサ」への参加の有無をお知らせください。
教会名 教会
参加する  参加しない      (○をつけてください)
*おおよそ      人 (リーダー    人、子ども    人)
*代表者名 
*連絡先 Tel:          e-mail:

2.子ども侍者団・参加の有無
前項で「参加する」に○をつけた教会の方へ。ミサの中で子ども侍者団を形成する予定ですが、同侍者団への参加の有無をお知らせください。

参加する  参加しない (○をつけてください)
 *各教会から1~2名でお願いします。
 *自教会で使用している侍者服を着用ください。
 *当日は午後2時00分迄に集合ください。

3.リーダー準備会への出席の可否
9月27日(日)夕方こどものミサに参加する教会のリーダーのための準備会があります。当日についての説明と、当日の朗読、共同祈願などの担当を決めます。
 出席する  出席しない 
 *各教会から代表で1名ご参加ください。出席者名(           )

日時:9月27日(日)午後4時~6時
場所:東京カテドラル・関口会館2階 教区スペース。

*準備会に出られなくても、当日の係(会場設営,案内,etc)のお手伝いをして下さる方はご連絡ください。Keizo.ina@nifty.com 稲川圭三神父 迄
お手数ですが 9/14 (月)までにご返送下さい。
———————————————————————

以上、説明が大変長くなりましたが、

よろしくお願いいたします。ご質問等ございましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

 

問い合わせ先:

東京教区 教会学校委員会 担当司祭
稲川圭三神父(カトリック麻布教会 主任司祭)

電話: 03-3408-1500
fax:   03-3408-2575
e-mail: keizo.ina@nifty.com




カリタスジャパンより〈ミャンマー洪水被害〉募金、受付開始


東京教区の皆様へ

2015年8月18日
東京教区本部事務局
事務局長  高木 賢一

カリタス・ジャパンより、以下の連絡が入りましたので、皆様にお知らせいたします。

 

カリタス・ジャパン責任司教 菊地 功
担当司教 幸田和生

 

〈ミヤンマー洪水被害〉救援募金受付の件

 

7月から8月にかけてミヤンマーで発生しました「洪水被害」について、以下の対応とさせていただきますので、ご連絡申し上げます。

ミヤンマーでは、7月の半ば以降の豪雨の影響により、川や運河が氾濫し、非常に大きな被害が出ています。ここ数十年で最悪の洪水被害が発生していると見られ、25万人以上の人が被災しています。

現地ではカリタス・ミヤンマーを中心に、現地入りした国際カリタス救援チームが協力して救援活動を開始しました。

まずは、洪水により生活の糧を失った人々のために、食料、飲み水、衛生用品などの提供、シェルターの確保などを行います。

カリタス・ジャパンは、このカリタスの救援活動に協力し支援を行っていくため、募金を「受付ける」ことと致しました。お寄せ頂いた募金は、この洪水被害に関する援助要請(国際カリタスのEmergency Appeal/EAなど)に支援金として、送金させていただく予定です。

 

募金受付口座は、次のとおりです。

郵便振替番号

00170-5-95979

加入者名

カリタスジャパン

※ 通信欄に、「ミヤンマー洪水」とご明記ください。




【 訃報 】マルセル・ルドールズ神父(パリ外国宣教会)


東京教区の皆様へ

2015年8月18日
東京教区本部事務局
事務局長  高木 賢一

【 訃 報 】

 

本日、8月18日・火曜日付で、パリ外国宣教会の管区長であるオリビエ・シェガレ神父より、訃報が届きましたので、皆様にお知らせいたします。

パリ外国宣教会の司祭マルセル・ルドールズ神父様が、フランス時間の2015年8月16日・日曜日に、フランスのブルターニュ地方、サンタンヌ・ドーレー (Sainte-Anne-d’Auray)村の養老院で、老衰のために帰天なさいました。享年97歳。

皆様、お祈りください。

 

経 歴

1919年   フランス、ブルターニュ地方のモルビハン県、サン・ジェラン村に生まれる。1946年 パリ外国宣教会にて、司祭叙階。
1948年   中国に派遣され、成都市大神学校の教授に任命される。
1952年   中国から追放され、日本に派遣され、清瀬教会で、日本語の勉強。
1954年   那須にある慈生会の指導司祭として任命される。
1955年から1987年まで、上野教会で、主任司祭として働く。
1987年から2002年まで、真生会館ににおいて、聖書百週間の活動に専念する。
2002年から、サンタンヌ・ドーレー村にあるヴァンヌ教区の司祭養老院に入る。

尚、葬儀ミサ・告別式は、フランス時間8月19日・水曜日に行われるとのことです。




カリタスジャパンより〈ネパール大地震〉救援募金 呼びかけのお願い


東京教区の皆様へ

カトリック東京大司教区   
教区本部事務局長 高木 賢一

+ 主の平和
以下の文書が、カリタス・ジャパンより送付されてきましたので、そのまま、皆様に配布させて頂きます。

 

カリタスジャパン 責任司教 菊地 功
担当司教 幸田和生

  
〈ネパール大地震〉救援募金 呼びかけのお願い

4月25日に発生しました「ネパール大地震」について、以下の対応とさせていただきますのでご連絡申し上げます。

ネパール中部で起きたM7.9の地震では数千人が負傷し、死者も近隣諸国と合わせ2,500人を超えました。多くの家屋や建物が崩壊し、道路は断絶、首都カトマンズは麻痺状態に陥っています。M6.7を初めとする大小さまざまな規模の余震も続いており、予断を許さない状況です。

現地ではカリタスネパールを中心に国際カリタスが協力して救援活動を開始しました。まずは、家を失い寒い路上に投げ出された人々のために、食料やシェルターの配布などを行います。

カリタスジャパンは、このカリタスの救援活動に協力し支援を行っていくため、募金の呼びかけを行うことと致しました。お寄せ頂いた募金は、この地震被害に関する援助要請(国際カリタスのEmergency Appeal/EAなど)に支援金として送金させていただく予定です。
以上、募金の呼びかけにご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

募金受付口座は次のとおりです。


郵便振替番号:00170-5-95979

加入者名:カリタスジャパン

通信欄に、「ネパール地震」とご明記ください。

 

 

 

 




名古屋教区・教区長任命のお知らせ


2015年3月29日

 事務局長 高木 賢一

 

教皇庁大使館から、教区本部事務局宛に、名古屋教区・教区長任命の文書が届きましたので、お知らせ致します。

 

「2015年3月29日・日曜日、日本時間午後7時(ローマ時間正午)に、教皇フランシスコは、名古屋司教区のアウグスティヌス野村純一(のむら じゅんいち)司教の定年に伴い、野村司教の辞任願いを受理され、現・大阪教区補佐司教のミカエル松浦悟郎(まつうら ごろう)司教を、名古屋司教区の新しい司教として任命したと発表される」という旨の内容です。  

 

新司教と名古屋司教区のために、神様の豊かな祝福をお祈り下さい。

 

以上




聖週間の典礼(4月2日~4月5日)


東京都

赤堤    156-0044  世田谷区赤堤3-20-1  Tel/03-3321-0019

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:00

赤羽    115-0045  北区赤羽2-1-12  Tel/03-3901-2902

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

秋津     204-0024 清瀬市梅園3-14-18  Tel/042-491-2781

  • 4月2日(木)   19:30           
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:00 
  • 4月5日(日)   通常のほうか  全生園 9:00  聖家族ホーム 14:30

あきる野  190-0142 あきる野市伊奈1   Tel/042-596-1261

  • 4月2日(木)   21:00           
  • 4月3日(金)   21:00
  • 4月4日(土)   21:00
  • 4月5日(日)   11:00

浅草    111-0053 台東区浅草橋5-20-5 Tel/03-3851-4009

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

麻布    106-0031 港区西麻布3-21-6  Tel/03-3408-1500

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

足立    123-0872 足立区江北3-40-27  Tel/03-3897-8356

  • 4月2日(木)   20:00          
  • 4月3日(金)   20:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

泉町    193-0814 八王子市泉町1287   Tel/042-625-5165

  • 4月2日(木)             
  • 4月3日(金)   
  • 4月4日(土)   
  • 4月5日(日)   

板橋    193-0814 八王子市泉町1287   Tel/042-625-5165

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00 
  • 4月5日(日)   10:00のみ

上野    110-0004 台東区下谷1-5-9    Tel/03-3844-4477

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

梅田    123-0851 足立区梅田7-19-22   Tel/03-3880-4718

  • 4月2日(木)   19:30          
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:00    14:00(英語)

青梅    198-0041 青梅市勝沼1-197    Tel/0428-22-4895

  • 4月2日(木)   18:30          
  • 4月3日(金)   18:30
  • 4月4日(土)   18:30
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

大島    100-0101 大島町元町馬の背251  Tel/03-3943-2301

  • 4月2日(木)             
  • 4月3日(金)   
  • 4月4日(土)   
  • 4月5日(日) 

大森    143-0016 大田区大森北2-5-11   Tel/03-3761-5047

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

荻窪    168-0072 杉並区高井戸東4-18-13   Tel/03-3334-8216

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:00のみ

葛西    134-0083 江戸川区中葛西1-10-15  Tel/03-3689-0014

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00 
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

蒲田        144-0054 大田区新蒲田1-13-12    Tel/03-3738-0844

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00 
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

上野毛   158-0093 世田谷区上野毛2-14-25  Tel/03-3704-2171

  • 4月2日(木)   19:30            
  • 4月3日(金)   19:30  
  • 4月4日(土)   18:30 
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

亀有     120-0003 足立区東和4-3-20  Tel/03-3606-1757

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   15:00~「十字架の道行」 19:00儀式
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

神田     101-0065 千代田区西神田1-1-12  Tel/03-3291-0861

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

北町     179-0081 練馬区北町3-16-1  Tel/03-3933-5057 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

吉祥寺    180-0005 武蔵野市御殿山1-7-8  Tel/0422-44-0181

  • 4月2日(木)   19:00洗足式         
  • 4月3日(金)   15:00「十字架の道行」  19:00十字架の崇敬式
  • 4月4日(土)   19:00洗礼式
  • 4月5日(日)   7:00 9:00 10:30 12:00 16:00(英語) 18:00   

清瀬      204-0022 清瀬市松山1-21-12   Tel/042-491-0104  

  • 4月2日(木)    19:30            
  • 4月3日(金)    19:30 
  • 4月4日(土)    18:30
  • 4月5日(日)     英語ミサ(12:15)なし   

小岩      133-0057 江戸川区西小岩4-4-1  Tel/03-3657-0656 

  • 4月2日(木)   19:30         
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:30
  • 4月5日(日)   9:30

高円寺    166-0003 高円寺南2-33-32  Tel/03-3314-5688 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   18:30
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

麹町     102-0083 千代田区麹町6-5  Tel/03-3263-4584 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常時間加え 15:30洗礼式ミサ  

小金井    184-0005 小金井市桜町1-2-20  Tel/042-384-5793 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

小平      187-0001 小平市大沼町2-32-10  Tel/042-343-9981 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   18:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

三軒茶屋   154-0024 世田谷区三軒茶屋2-51-32  Tel/03-3421-1605 

  • 4月2日(木)   19:30          
  • 4月3日(金)   15:00十字架の道行  19:00主の受難の典礼
  • 4月4日(土)   19:30
  • 4月5日(日)   8:30   10:30          

潮見      135-0052 江東区潮見2-10-5  Tel/03-3644-8189

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

渋谷      150-0036 渋谷区南平台町18-13  Tel/03-3463-5881 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:00のみ

志村      174-0043 板橋区坂下1-38-22  Tel/03-3960-3566 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:00

下井草     167-0021 杉並区井草2-31-25   Tel/03-3396-0305 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   7:00   9:30  (18:00なし)

成城      157-0066 世田谷区成城2-21-16  Tel/03-3417-5211 

  • 4月2日(木)   19:30           
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   18:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

関口      112-0014 文京区関口3-16-15  Tel/03-3945-0126 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   8:00 10:00  (12:00なし)

関町      177-0051 練馬区関町北2-11-7  Tel/03-3920-2211 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   9:30のみ

瀬田      158-0095 世田谷区瀬田4-16-1  Tel/03-3708-0222 

  • 4月2日(木)   19:30          
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:30
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

世田谷     155-0031 世田谷区北沢1-45-12  Tel/03-3467-0974 

  • 4月2日(木)   19:30          
  • 4月3日(金)   19:00黙想 聖十字架礼崇敬の典礼 19:15オルガン・メディテーション  
  • 4月4日(土)   19:00 主の復活光の祭儀
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

洗足     145-0064 大田区上池台4-7-5  Tel/03-3726-7108 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00 
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   9:30

高輪     108-0074 港区高輪4-7-1  Tel/03-3441-5556 

  • 4月2日(木)   19:30          
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

高幡    191-0042 日野市程久保4-7-14  Tel/042-592-2463 

  • 4月2日(木)   20:00           
  • 4月3日(金)   20:00 
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:00

立川    190-0022 立川市錦町2-8-10  Tel/042-522-1475 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   18:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

多摩    206-0022 多摩市聖ヶ丘1-30-2  Tel/042-374-8668 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   18:30
  • 4月5日(日)   10:00  16:00

調布    182-0033 調布市富士見町3-21-12  Tel/042-482-3937 

  • 4月2日(木)   19:00        サレジオ神学院聖堂      
  • 4月3日(金)   19:00        サレジオ神学院聖堂
  • 4月4日(土)   19:00        教会聖堂
  • 4月5日(日)   8:00  10:30     教会聖堂

築地  104-0044 中央区明石町5-26  Tel/03-3541-8185 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

田園調布   145-0071 大田区田園調布3-43-1  Tel/03-3721-7271

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00  (15:00~大聖堂で「十字架の道行」)
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

東京韓人  112-0014 文京区関口3-16-15  Tel/03-3941-0929 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   なし
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

徳田  176-0013 練馬区豊玉中1-39-1  Tel/03-3991-2101 

  • 4月2日(木)   19:30           
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:30
  • 4月5日(日)   10:00のみ   14:30(ベタニアホーム)

豊島   171-0051 豊島区長崎1-28-22 Tel/03-3957-2540 

  • 4月2日(木)   19:00             
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   9:30  11:30(英語)  7:00なし

豊田   191-0062 日野市多摩平3-12-10  Tel/042-581-8352 

  • 4月2日(木)   20:00          
  • 4月3日(金)   20:00
  • 4月4日(土)   19:30
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

八王子   192-0066 八王子市本町16-3  Tel/042-622-1642 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00 
  • 4月4日(土)   19:00 
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

初台   151-0053 渋谷区代々木5-16-3  Tel/03-3466-0361 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

碑文谷  152-0003 目黒区碑文谷1-26-24  Tel/03-3713-7624  

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

府中  183-0055 府中市府中町1-40-11  Tel/042-361-9888 

  • 4月2日(木)   19:30          
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   19:30
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

本郷   113-0021 文京区本駒込5-4-3  Tel/03-3941-5916  

  • 4月2日(木)   19:00            
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00 
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

本所  130-0011 墨田区石原4-37-2  Tel/03-3623-6753 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

町田  194-0021 町田市中町3-2-1  Tel/042-722-4504 

  • 4月2日(木)   19:30           
  • 4月3日(金)   19:30
  • 4月4日(土)   18:30
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

松原  156-0043 世田谷区松原2-28-5  Tel/03-3321-0941 

  • 4月2日(木)   19:30  主の晩さんのタベのミサ        
  • 4月3日(金)   19:00  十字架の道行 19:30 主の受難の祭儀
  • 4月4日(土)   19:00  復活徹夜祭・入信式
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

三河島   116-0002 荒川区荒川3-11-1  Tel/03-3891-3033 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

目黒  141-0021 品川区上大崎4-6-22  Tel/03-3491-5461 

  • 4月2日(木)   19:00  21:00(英語)           
  • 4月3日(金)   19:00  21:00(英語)
  • 4月4日(土)   19:00(日本語・英語)
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

六本木  106-0032 港区六本木4-2-37  Tel/03-3401-2141 

  • 4月2日(木)   19:30           
  • 4月3日(金)   19:30 
  • 4月4日(土)   19:30 
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

千葉県

市川   272-0021 市川市八幡3-13-15  Tel/047-322-5488 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

鴨川   296-0001 鴨川市横渚1727-1  Tel/04-7092-0432 

  • 4月2日(木)             
  • 4月3日(金)   
  • 4月4日(土)   
  • 4月5日(日)   

木更津 292-0831 木更津市富士見3-1-13  Tel/0438-22-3873  

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

五井   290-0081 市原市五井中央西 1-33-10  Tel/0436-21-3830 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   11:00国際ミサ

佐原 287-0003 佐原市佐原イ417  Tel/0478-52-4079 

  • 4月2日(木)   なし          
  • 4月3日(金)   なし
  • 4月4日(土)   なし
  • 4月5日(日)   14:00

館山   294-0045 館山市北条1901-7  Tel/0470-22-0780 

  • 4月2日(木)   なし           
  • 4月3日(金)   なし 
  • 4月4日(土)   なし
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

千葉寺  260-0844 千葉市中央区千葉寺町70  Tel/043-261-2920 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常11:00合同国際ミサ(日・英・スペイン)

銚子288-0812 銚子市栄町1-1448  Tel/0479-22-2795 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

東金    283-0802 東金市東金251-2   Tel/0475-52-2357  

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

豊四季   270-0134 流山市長崎2-444  Tel/04-7145-9933 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

習志野   262-0044  千葉市花見川区長作町1385-2  Tel/043-216-0035 

  • 4月2日(木)   19:00           
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

成田     286-0048  成田市公津の杜2-2-1   Tel/0476-26-4926 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   通常の主日ミサの時間

西千葉   260-0034  千葉市中央区汐見丘町11-14  043-241-4812 

  • 4月2日(木)   19:00 主の晩さんのタベのミサ          
  • 4月3日(金)   19:00 主の受難式
  • 4月4日(土)   18:30 復活の聖なる徹夜祭
  • 4月5日(日)   9:30のみ

松戸    271-0092  松戸市松戸1126   Tel/047-362-3516 

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   10:30 国際ミサ

茂原    297-0029  茂原市高師992   Tel/0475-22-2420    

  • 4月2日(木)   19:00          
  • 4月3日(金)   19:00
  • 4月4日(土)   19:00
  • 4月5日(日)   11:00

         




「2015四旬節・回心と祈りの集い」について


司祭・信徒の皆様

+主の平和

灰の水曜日(2月18日)から四旬節が始まります。フランシスコ教皇は昨年に続いて今年も全世界の教会に「主のための24時間」を呼びかけておられます。

教皇は今年の四旬節メッセージ『心を固く保ちなさい(ヤコブ5・8)』の中で、わたしたちが神の愛を深く受け止めながら、無関心を乗り越え、貧しい人に心を向けるよう促しておられます。
その中に以下の文章があります。

「わたしたちは、一個人としても無関心になりがちです。人々の苦しみを伝える報道や衝撃的な映像が氾濫する中、わたしたちは自分には何も出来ないと感じてしまいます。こうした憂いと無力感の連鎖に捕らわれないためには、どうしたらよいでしょうか。

まず最初に、わたしたちは、地上の教会と天上の教会の交わりのうちに祈ることができます。祈りのうちに結ばれた多く人々の声の力を軽んじてはなりません。こうした祈りの必要性の表れとして、わたしは、3月13日から14日の間に『主にささげる24時間』という取り組みが教会全体、そして教区レベルで行われるよう望みます。」

東京教区では教皇のこの要望に応えて、以下のような祈りの集いを持つことにいたしました。皆様のご参加をお待ちしております。また参加できない方も同じ意向でお祈りいただければ幸いです。

なお、この日は教区の宣教司牧評議会が予定されていますが、時間を変更し、14 時30分開始・16時終了とさせていただきます。

 
東京大司教  ペトロ 岡田 武夫

 

 
集いの名称

2015四旬節・回心と祈りの集い~「あわれみ豊かな神(エフェソ2・4)」~

日 時

3月14日(土)

16:30~16:45  聖体顕示と招きの言葉(岡田大司教)
16:45~17:45  黙想とゆるしの秘跡  
18:00~19:00  四旬節第4主日のミサ(司式:幸田司教)

場 所

 東京カテドラル聖マリア大聖堂