カテドラル献堂50周年記念行事へのお誘い

2014年11月15日

image_pdfimage_print

+ 主の平和

この度、カトリック東京大司教区は、東京カテドラル聖マリア大聖堂の献堂50周年を迎えます。既に、ポスター等々でご存知のように、献堂50周年を祝うために、様々な記念行事が行われることになっております。

つきましては、この記念行事に、一人でも多くの皆様に参加して頂きたく、お誘いの手紙をお送りさせて頂くことに致しました。

また、この東京カテドラル聖マリア大聖堂の計画立案から献堂に至るまで、ご尽力くださいましたペトロ白柳誠一枢機卿様の追悼を、12月7日・日曜日の献堂記念ミサで行うことは、誠に相応しいことと考えておりますので、併せて、ご一緒にお祈り頂ければ幸いです。

12月7日(日)

午後3時30分より
 献堂記念ミサ(主司式:岡田武夫大司教)

 

12月8日(月)

午後4時より
 講演会 講師:幸田和生司教
 「教皇フランシスコの『福音の喜び』を読んで」
午後5時30分より
 無原罪の聖マリアの祭日のミサ(主司式:岡田武夫大司教)

 

12月14日(日)

午後4時より
 教会の祈り・晩課(司式:岡田武夫大司教)
午後5時より
 講演会 講師:浜矩子氏
 「教皇フランシスコの『福音の喜び』を読んで現代社会と教会の役割」

 

カトリック東京大司教区
大司教 ペトロ 岡田 武夫