平和旬間 2010

image_pdfimage_print

祈りのリレー・寄せられたコメントと祈りの言葉
平和旬間2010 巡礼ウォーク参加者カード
三軒茶屋教会祈りの短冊の奉納

平和旬間 2010
8月6日(金)~15日(日)
平和を実現する人々は幸い
– 非暴力による平和 –

 

 

平和旬間2010にあたって

1981年、教皇ヨハネ・パウロ2 世は広島の地で「戦争は人間の仕業です。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。」と訴えられました。この広島での平和アピールにこたえて日本の司教団は平和旬間を定めました。広島に原爆が投下された8月6日 から8月9日の長崎の原爆投下をはさんで太平洋戦争敗戦に至る8月15日 までの10 日間を、とりわけ平和のために祈り、平和について学び、行動する期間としています。

2010年は戦後65年。昨年のオバマ大統領のプラハ演説以降、核兵器廃絶に向けた動きが全世界の注目を集めています。この動きのなかで、2005年の司教団メッセージ「非暴力による平和」の精神を思い起こして、東京教区の平和旬間委員会は今年のテーマを「非暴力による平和」としました。

  

若者と祈る平和祈願ミサと光の行列

 企画:中央地区(世田谷南宣教協力体)

8月7日(土) 

  • 13:00~ 上野毛教会 戦争と平和をめぐる談話会 (戦争体験者と戦争を知らない若者との懇談と祈り) 
  • 14:00~ 碑文谷教会 聖歌に基づく平和祈念ロザリオ  *終了後、各教会から平和行進 
  • 16:30~ 田園調布教会 (東京都大田区田園調布3-43-1 TEL 03-3721-7271)
  • 16:30~17:00 若者とともに祈る平和祈願と歌 オリジナルテーマソング「主の平和のためのうた」他
  • 17:00~18:00 平和祈願ミサ  主司式:岡田武夫大司教
  • 18:30~19:00 光の行列  
  • 19:00~20:00 交わりの夕べ

 

 

PEACE Festa!! in多摩 ~平和の輪を広げよう~

今、この瞬間、世界で飢餓や暴力に苦しむ人々のことを知っていますか?

企画:多摩地区(多摩北宣教協力体) 

8月7日(土)  

  • 18:00~ 立川教会 (東京都立川市錦町2-8-10  TEL 042-522-4265)
  • 18:00~ キャンドルナイト 19:00~ フェスティバル(参加費500円) 

8月8日(日) 

13:00~ 立川教会

 13:00~ 講演会 「共に生きる」

~水上村コンポンルアンで感じた平和~

講師:近藤西紀

15:00~ 平和を願うミサ 主司式:幸田和生司教

 

近藤西紀(こんどう にしき)さん

2003年、JLMM日本カトリック信徒宣教者会より派遣され、カンボジアへ。2006年に帰国。帰国後、理学療法士として都内のリハビリテーション病院に勤務。2007年に結婚、現在、一児の母として仕事と育児に追われる毎日。

*多摩地区では青年が中心となって準備しています。

  

平和を願うミサ

企画:千葉地区(千葉北東部宣教協力体) 

8月8日(日)  

13:00~ 成田教会   主司式:岡田武夫大司教 (千葉県成田市公津の杜2-2-1 TEL 0476-26-4926) 

講演会

企画:平和旬間委員会 

日 時:  8月14日(土) 13:00~15:30
講 演:  「いのちの感受性」
講 師:  落合恵子さん
場 所: カトリック麹町教会 ヨセフホール (東京都千代田区麹町6-5-1)

JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」下車、徒歩1分。
※会場へのご来場は公共交通機関をご利用ください。車での来場はご遠慮ください。

 

落合恵子(おちあい けいこ)さんプロフィール:

作家・東京家政大学特任教授。執筆と並行して、東京青山、大阪江坂に子どもの本の専門店クレヨンハウス、女性の本の専門店ミズ・クレヨンハウス、オーガニックレストランなどを主宰。月刊「クーヨン」発行人。社会構造的に「声の小さい側」の「声」をテーマに書き、語り、行動をしている。

 

落合恵子さんからのメッセージ:

誰かの幸せや、誰かの安心のために、ほかの誰かが不幸になったり、不安になるような社会は、結局誰にも幸せや安心を贈ることのできない社会と言えるでしょう。平和というテーマも、「どこかの、誰かの」問題ではなく、また、「誰かが実現」すべきテーマでもなく、わたしたちひとりひとりの想像力と創造力にかかわる問題です。誰かのために、が難しかったら、まずは「わたしのため」に、御一緒に考えてみましょう。そして、行動しましょう。

  

平和巡礼ウォーク

 日  時:  8月14日(土) 

 コース:
(1)16:00~ 麹町教会 → 東京カテドラル聖マリア大聖堂
*参加を希望される方は、麹町教会テレジアホールにお集まり下さい。

(2)16:45~ 目白駅前 → 東京カテドラル聖マリア大聖堂
*参加を希望される方は、JR山手線・目白駅前にお集まり下さい。

  • 帽子、飲料水等は各自でご用意ください。
  • 「のぼり」「ゼッケン」「平和の祈りのうちわ」等、平和旬間委員会で準備しています。

  

平和を願うミサ

日  時  8月14日(土) 18:00~ 

主司式:岡田武夫 大司教

場 所:東京カテドラル聖マリア大聖堂  (東京都文京区関口3-16-15)

東京メトロ有楽町線「護国寺駅」下車、徒歩10分。「江戸川橋駅」下車、徒歩15分。

JR山手線「目白駅」より、都営バス“白61系統新宿駅西口行き”「椿山荘前」停留所下車、徒歩1分。

 

祈りのリレー

開始 8月6日(金)08:00 ~ 終了 8月15日(日)20:00

 

祈りのリレーへの招き 岡田武夫大司教

「平和を実現する人は幸い!」では平和のために何ができるでしょうか?色々あるでしょうが、ひとつ、誰にでも出来ることで確実によいことがあります。それは祈る、ということです。では何を、どう祈ったらいいでしょうか?自分の祈りにあわせて自分は何をしたらいいでしょうか?この機会に考え話し合いましょう。そして自分の祈りを、場所を越え、時間を越えて、世界の兄弟姉妹の祈りにつなげるよう努めましょう。

 

祈りのリレー申込みページ / 申込み状況一覧

 

■祈りのリレーに関する要項

●申込方法 以下の何れかの方法でお申し込みください。

 ・申込用紙(教会・修道院にて配布)で本部事務局へFAX。

 ・東京教区ホームページの申込みフォームより送信。

 ・小教区、グループで申込用紙をまとめて郵送する。

  〒112-0014 東京都文京区関口3-16-15 Tel:03-3943-2301 Fax:03-3944-8511

●祈りのリレーの方法

  *30分を1単位とし、1人何単位でも可能です。

  *ホーム・ページ「祈りのリレー」エントリー・コーナーに募集状況を掲示します。

  すでに応募されている時間帯へのエントリーも可能です。

●祈りの場所:家、職場、通勤時、病院など、どこでも可能です。

●祈りの形式・内容:平和のための意向でロザリオ・平和の祈り、などご自由に・・・

 

 

平和のための祈り 2010

全能の神よ、

あなたがお造りになったこの美しい世界は

多くの戦争によって汚されてきました。

あなたがお造りになった人間は、

数知れない兵器によって

いのちを奪われてきました。

 

神よ、わたしたち人類に、

核兵器や軍事基地に頼るのではなく、

非暴力による平和への道を歩む

勇気と知恵をお与えください。

十字架によって、

すべての人の和解をもたらされた

主イエス・キリストをとおして

この祈りをささげます。アーメン。

 

 

この祈りのカードをダウンロードできます(ハガキサイズ)
[PDFWORD]

 

 

 

連絡先:

東京教区本部事務局 

〒112-0014東京都文京区関口3-16-15 

TEL 03-3943-2301 FAX 03-3944-8511

 

祈りのリレー・寄せられたコメントと祈りの言葉

ページ: 1 2 3 4