バチカン図書館・文書館管理責任者 Raffaele Farina (ラファエレ・ファリーナ)枢機卿のあいさつ

2011年8月14日 東京カテドラル関口教会にて

 

岡田大司教様、
司祭職における兄弟である司祭の皆様、
主においての兄弟姉妹の皆様、

 

今日はここで年間第20主日のミサを司式することは私にとって喜びであり、名誉です。このカテドラルの典礼に参加するのは初めてではありません。心から尊敬している故白柳枢機卿との友情のうちに、何年も前から東京教区とこのカテドラルにつながりを感じています。この理由もあって、喜んでミサを司式することを承諾しました。岡田大司教に感謝しております。

 

教皇庁の枢機卿がローマを離れるとき、いつでも、どこにいても連絡がとれるように必ず国務長官と枢機卿団の団長に連絡先を伝えなければなりません。

国務長官であるベルトーネ枢機卿は私が東京に行くことを伝えた時、ぜひ岡田大司教と東京教区の信徒の皆様、特に今日カテドラルで集まった皆様にごあいさつを申し上げるようにと言ってくれました。

聖パウロの手紙にもあるように、初代教会であいさつはたんなる社交辞令ではなく、心からの愛のしるし、祈りにおける一致のしるし、困難なときの連帯と助け合いのしるしでした。

この度日本を襲った恐ろしい出来事(地震、津波、福島の原発事故)にあって、ローマの教会より、特に私の属している枢機卿団からのあいさつも同じです。

 

日本人が多くの死者と膨大な破壊の大惨事を、勇気と平静と現実性をもって対処し、一致と連帯、苦しみの共感と物資や資金の分かち合いを示したことにカトリック教会と全世界が称賛しました。

全世界は日本と日本人の技術的、科学的能力においた信頼を再確認しています。

最先端技術と科学的研究をもって、また政治家の誠実な意志によって、死と破壊の道具を生命のエネルギーや世界平和と連帯に変換する倫理的選択を保ち続けることを信頼しています。

カトリック信者の私たちには祈ることだけではなく、この良い努力の中における光であること、小さくてもいつも輝く光である使命を与えられているのです。




「ペトロの家」オープンハウス 資料

教区内全ての信者・修道者の方々、近隣住民の方々をお招きし、

2010/10/11(月・祝)に行われた司祭レジデンス「ペトロの家」のオープンハウス。

当日配られた資料を、掲載します。(画像はクリックすると大きく表示されます)


パンフレットP1


パンフレットP2


パンフレットP3


パンフレットP4


ごあいさつP1


ごあいさつP2

この文書をダウンロードできます

  • パンフレットP1~P4 [PDF]
  • ごあいさつP1~P2 [PDF]



新パイプオルガン計画 ~進捗状況(11) 2004年2-3月~

オルガン建設作業

 

 

オルガン建設作業

 

 

オルガン建設作業

 

 

メカニックの一部

 

 

金属パイプの一部

 

 

演奏台

 

 

完成間近の喜び

 

 

技師たちの夕食後

 

 

建設完成の祝い

 

 

足場をとる前、ギエルミ先生とエンリコ・マショーニさんが調律の基礎を打ち合わせる 

 

 

完成の姿

 

 

完成の姿

 

なお、2004年の4月半ば過ぎまで、調律の作業が進行中




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(10)~

2004年1・2月  設置場所の改造。オルガンの重量(11.6トン)を支えるのに鉄骨が組まれ、その上に新しい床が敷かれた。ペダルの大きいパイプを通すのに3階の床が切り取られ た。後ろの大窓一面に遮光フィルターが張られた。  

 

 

2月13日。パイプオルガンは2台のコンテナーに入って、カテドラルに到着

 

 

荷下ろし作業  

 

 

金属製のパイプの一部

 

 

木製のパイプと木材  

 

 

2月16日。後ろの部分の組み立て

 

 

ペダルの重低音(Subbasso 32″)の木製のパイプとフイゴ




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(9)~

2003年12月末 マショーニ社はオルガンを発送、東京カテドラル内に足場の準備
2004年1月始め、旧パイプオルガンの解体始まる

パイプオルガンのケースがコンテナに詰められる (マショーニ社、12月29日)  

 

 

既存オルガン解体と、新オルガン建設のための足場 (東京カテドラル内、12月30日)

 

 

  

既存パイプオルガンの解体が始まる (2004年1月3日)。

 

40年近く東京カテドラルで鳴り響いたオルガンは解体され、修道会の学園のチャペルのために新しい形で再現される予定。




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(8)~

2003年11月末  オルガンの組立てが完成しました。もう一度ばらして、ケースを塗装し、各部分を梱包します。12月末に2つのコンテナに入れて、ジェノヴァ港に運び、1月7日に船が日本へ向かって出港します。

 

 

グランドオルガノのメインケース 

 

 

リュック式ポジティーボ 

 

 

リュック式ポジティーボのパイプ

 

 

演奏台

 

 

手鍵盤とストップ・ノブ。 鍵は天然木。黒は黒檀、白は黄楊(ツゲ)。 鍵盤の端と譜面台に寄木細工が施されています(寄木細工は黒檀、ツゲと洋ナシの木)。




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(7)~

2003年9月末  オルガンの形が見えてきました

 

 

グランドオルガノのメインケースの組立て。 レチタテイーボの風箱が上げられる

 

 

演奏台の前に

 

 

パイプオルガンの正面。メインケースの組立てが完成した

 

 

パイプオルガンの正面。高さは11メートル

 

 

メインケースの裏

 

 

ペダーレの風箱

 

 

ペダーレのケース

 

 

木製のパイプ

 

 

ペダーレの最も大きい木製のパイプ

 

 

金属製のパイプ

 

 

金属製のパイプ

 

 

最も小さい金属製のパイプ

 

 

最も大きい金属製のパイプ Principale 16’

 

 

最も大きい金属製のパイプ Principale 16’

 

 

手鍵盤。黒いキーは黒檀(コクタン)、白いキーは黄楊(ツゲ) 飾り模様は寄木細工

 

 

手鍵盤の後ろ。左側に4つのコンビネーションのモーター




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(6)~

2003年7月  マショーニ社の工房

 

 

足鍵盤のキーを磨く(材料は樫の木)

 

 

設計図から部品が生まれる(カエデ材)

 

 

演奏台の複雑なメカニズム

 

 

モミ材の板を組み立てて、木管を製作する。
糊付けされた板を木製の道具で締める。木管の内側は古い伝統に従って赤土と糊のペーストを塗り、完全に木の細孔をふさぐ。

 

 

糊付けされた木管は積み重ねられる。

 

 

ノミで木管の口を完成させる。

 

 

オルガンの心臓とも言える風箱の組み立てには最高の材料と特別な注意が必要。

 

 

風箱の製作。板に風を通すための切込みが施されている。

 

 

風箱の下の面。バルブの穴が並んでいて、バルブを組み立てるための真鍮の釘と革のストッパーが見える。

 

 

風箱の製作。皮でできた小さい「ふいご」は空気の力でバルブを開ける。

 

 

オルガンの製作を取材するNHKのディレクター

 

 

取材中のカメラマン

 

 

ポジティーボのケースができました。
(右からエンリコとエウジェニオ・マショーニ)




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(5)~

2003年6月  マショーニ社の工房

 

二つの窓が金管工作室、その奥高い屋根が木工室 

 

 

チューニング台、エンリコ氏の仕事

 

 

金管工作室

 

 

金管工作室2

 

 

金管工作室3

 

 

材木乾燥場

 

 

木材倉庫

 

 

 

写真提供: 斎藤直子




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(4)~

2003年5月6日  金属パイプの製作が続きます

 

前列の Principale 16′ のパイプに正確な丸みをつけるため、型の上から叩いています。

 

 

 

 

パイプの「足」も同じように叩きます

 

 

 

それから水と石鹸の液体をつけて半月型の金具で磨きます。

 

 

 

最後にパイプを干し草で磨きます。
運搬と設置の作業中にパイプを傷つけないために、ナイロンの薄い幕を張ります。

 

 

 

前列の Principale 16′ のパイプの「足」が並んでいます。

 

 

 

 

丸みをつけた内側のパイプの「足」。

 

 

 

職人は作品を愛しています

 

 

 

前列のパイプの盾(ミトリア)を溶接します。
正確な溶接をするために、溶接する部分に赤土、水と糊のペーストを塗ります。




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(3)~

2003年3月  パイプを製作するための合金版の準備が始まりました。

 

 

 

250℃の錫と鉛の合金を滑走式容器に入れ、溶解台の上で延ばして合金板を作る。

 

 

溶けた合金の入った滑走式容器が溶解台を滑ると直ぐに合金は固まり、厚さ3ミリ長さ5メートルの板が出来上がる。最も長いパイプ(16フィート)の製作に使う。 金属が均等に固まるためには、温度を正確に保ち、一定の速度で冷ますことが大切。

 

 

合金板を動かす前に台をきれいに掃除する。板1枚は70-80Kgの重さ。

 

 

板は大きな旋盤に載せられ、正確な厚さになるまで削られる。ストップ(音栓)によって、パイプになる板の厚さは異なる。

 

 

調律師が指示した大きさにカットしてから、手作業で板を磨き、完成させる。




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(2)~

2003年2月  風箱とメカニズムの設計が進む


ポジティーボの風箱の図
 


グランドオルガンの風箱の図
 


ポジティーボのメカニズム
 


レチタテイーボのメカニズム
 


重低音パイプ(Subbasso 32’、Contrabasso 16’)の風箱の図




新パイプオルガン計画 ~進捗状況(1)~

2001年11月  オルガンの最終デザインが決まる


最初に考えたデザイン
 


リュック式のポジティーボが付きました
 


魅力的なデザイン
しかし露出のパイプは地震に弱く、埃がたまりやすく、メンテナンスしにくいので、あきらめました。


マショーニ社の伝統的で、落ち着いたデザイン


こちらの意見を取り入れたデザイナーの最終バージョン
(写真は板とアルミで作った模型)




新パイプオルガン計画 ~新オルガンの特徴~

MASCIONI ORGANS

 

 

2004年春に設置が予定されている東京カテドラルの新しいメカニカルオルガンの建造計画を紹介します。新オルガンは正面入り口に現在建っている電気式(ニューマチック)オルガンの代わりに設置されます。

ミサ典礼、結婚式など諸儀式の伴奏、会衆の歌と聖歌隊の歌の一体感を一番の目的とするオルガンの建造にあたり、良く鳴り響き、難しい残響をクリアーにする音量と音質の検討が、大聖堂の大きさの考慮とともに要求されます。又、聖具一式のひとつとしてみなされる事にも重点が置かれております。同時に新オルガンには柔軟性と完全性が求められています。伝統的なイタリア・オルガン様式に則りつつ、すべての音楽様式に も対応できるように設計されています。

特にバッハの曲の演奏にも配慮した本オルガンは、教会に起源をもつ元来のオルガン・レパートリーを再現できる貴重な楽器のひとつになるでしょう。

東京カテドラルは現代的な建築物です。オルガンと建物が一体となるようなデザインの現代性も期待されています。

 

オルガンの概要

46ストップ 手鍵盤三段 58鍵 足鍵盤、30鍵  

メカニカルキーアクション エレクトリックストップアクション

コンビネーションメモリー          6×256

カプラー Ⅲ―Ⅱ Ⅰ―Ⅱ Ⅲ―P Ⅱ―P

パイプ本数 3130本

 

手鍵盤 3段 58鍵 C~a”’ (ド~ラ) 

第一鍵盤 ポジティーボ(リュック型)

第二鍵盤 グランドオルガノ

第三鍵盤 レチタテイーボ

 

足鍵盤  ペダーレ 30鍵 C~f’ (ド~ファ)

 

オルガン全体

本オルガンのケースは厳選された樅(もみ)の木を中心に製作されます。樅の木の利点を最大限に活かし、また美しく仕上げるために工程は全て手作業で進めらます。

このオルガンは大小二つのケースで構成されて、それぞれの鍵盤のためのパイプのセットが収められています。小さいケースにはポジティーボ が入っています。大きいケースにはグランドオルガン、レチタティーボ、ペダーレと演奏台が入っています。ポジティーボはリュック式で、演奏者の 背面にあって、2階から突き出しています。

この構成が最も合理的と考えられています。演奏のしやすさ、楽器の響き、音の会衆への届きやすさ、これらの要求を最も満たす位置にオルガンは設置されます。又、この配置はオルガンの後ろのガラスからの光を妨げる事にもなりません。メカニックの動きに余裕を与え、メンテナンスを容易にするために、オルガン内を最大限に広くする設計がなされます。

 

演奏台(手鍵盤と足鍵盤)

 

演奏台はグランドオルガンにつきます。オルガニストにとって演奏が一番聴きやすい位置です。足鍵盤は手鍵盤の下に位置します。演奏台の材料は全てムクの樫の木か、胡桃の木を100%使用し、合板は一切用いません。製作は手作りで仕上げます。手鍵盤についても歴史的なスタイルで 製作し、全ての鍵盤を一本ずつ手作りで製作します。足鍵盤は平行型で樫の木を使用、やはり手作りで製作します。

 

ストップノブ゙の材料

丸いつまみの引き出し式で、各つまみ(52個)の文字は手書きです。それぞれのつまみは手鍵盤の両側に配置されます。

 

伝達方式 (鍵盤からパイプまでの間のメカニズム)

鍵盤は全てメカニカル(機械式)、コンビネーションは電気でコントロールします。手鍵盤はタッチが軽く、反応が速い(鍵盤の動作が速い)吊り鍵盤です。足鍵盤はタッチが軽く、雑音がしないように作られています。

カプラ-はメカニカル(機械式)です。メモリー、コンビネーションを含め最新のシステムを使用します。

 

風箱

風箱(各パイプのある所まで風を送るために風を貯めておく箱)は伝統的な構造と作り方で製作しております。使用される木材は樫の木、胡桃、樅の木です。蛇腹 の箱は樅の木で作り、低音部は鳴りが良く、弾きやすいように(風が足りなくならないように)補助的に電気的な方法で強い風を送る構造になっております。中音、高音部は機械式の構造になっております。蛇腹には羊の皮を使用します。

 

ふいご (送風装置、モーターにより送風)

信玄袋タイプです(手動でも使用可)。使用する木材は樅の木のムク材です。送風装置は木製の箱(樫の木製)の中に収まっており、外部に音が漏れにくい作りになっております。送風装置を置く位置はオルガン 本体のうしろの部分になります。手鍵盤、足鍵盤によって風圧 を変えます。

 

第Ⅲ鍵盤レチタティーボのケース

扉の開閉によって音の強弱を調整する装置(よろい戸のように木の板が開閉します)に使用する木材は樅の木で、厚さ45mmのムク板です。開閉装置は正面に位置しメカニカル(機械式)です。

 

パイプ

大きなカテドラルの空間に充分に響き、建物に適合したパイプを製作します。金属パイプの材料は鉛と錫の合金で、錫の割合は30~87%(パイプの種類により異なります)。フルーパイプとリ-ドパイプは、マショーニ社の伝統の手作りで製作します( 台の上に布を敷いて金属を溶かして合金板を伸ばす)。木のパイプは樅の木と樫の木で製作し、湿気を防ぐために赤土色に(イタリア・オルガンの伝統的の色彩)塗り、接着はにかわを使用します。

 

調律・整音

調律・整音は、最初にマショーニ社の工房で行います(プレ整音)が、日本で組立てた時に建物の響きに合わせながらさらに調律・整音をします。

 

外装のデザイン

オルガン製作技術の手法に従って、伝統的なスタイルを基に、最新の技術を生かし、楽器としての完全な機能の確保のために細部にわたり入念に仕上げられます。各部分に使用される部材はマショーニ社の工房において管理された、全て天然乾燥による最上質の木材を使います。

 


 

ストップ(音栓)の構成 (ギエルミ先生の提案)

  

Ⅰ Tastiera – Organo Positivo (Tergale)

第一鍵盤 ポジティーボ(リュック型)

(6-11はイタリア独特の音栓)  

1. Bordone 8’

2. Principale 4’

3. Sesquialtera Ⅱ 2.2/3’

4. Ripieno Ⅲ 2’

5. Dulzian 8’

6. Principale italiano 8’

7. Ottava 4’

8. Decimaquinta 2’

9. Decimanona 1.1/3’

10. Flauto in ottava 4’

11. Voce Umana (DO25~)  8′

Tremolo

 

Ⅱ Tastiera – Grand Organo

第二鍵盤 グランドオルガノ 

12. Principale 16’

13. Principale 8’

14. Ottava 4’

15. Quinta 2.2/3’

16. Ottava 2’

17. Mistura Ⅴ 2’

18. Cimbalo Ⅲ 2/3’

19. Flauto a camino 8’

20. Flauto a cuspide 4’

21. Nazardo 2.2/3’

22. Terza 1.3/5’

23. Tromba 8’

 

Ⅲ Tastiera – Recitativo (Espressivo)

第三鍵盤 レチタテイーボ 

24. Bordone 16’

25. Bordone 8’

26. Viola da Gamba 8’

27. Principale 4’

28. Flauto 4’

29. Flauto 2’

30. Cornetto Ⅲ/Ⅴ   8’

31. Ripieno Ⅳ 2’

32. Dulziana 16’

33. Tromba 8’

34. Oboe 8’

35. Clarone 4’

Tremolo

 

 

Pedale

足鍵盤  30鍵 C~f(ド~ファ) 

36. Subbasso     32’

37. Contrabasso   16’

38. Violone 16’

39. Subbasso 16’

40. Basso 8’

41. Bordone 8’

42. Principale 4’

43. Mistura Ⅳ 2.2/3’

44. Tromboni 16’

45. Tromba 8’

46. Tromba 4’

カプラー 

47. Ⅲ―Ⅱ

48. Ⅰ―Ⅱ

49. Ⅲ―P   

50. Ⅱ―P

 

 

 




新パイプオルガン計画 ~プレリュード~

カテドラル聖堂のパイプオルガンが新しくなるそうですが―

今のオルガンは1964年のカテドラル建築の際に設置されたもので、修理、メインテナンスをしながら使用してきましたが、2004年の復活祭をめどに、新しいオルガンに取り替えることとなりました。

 

現在使っているオルガンはもう使えないのですか―

設置された当初は毎月のようにコンサートを催しておりました。その間、雨漏りにより大修理もありましたし、30年以上たって交換する部品もなかなか見つからず、費用もかさみ、メインテナンスも限界になってきたため、1990年から検討してきましたが、2000年夏に新設する事を決定しました。

 

パイプオルガンはもっと長く使えるのかと思いましたが―

色々なタイプがあり、寿命もそれぞれなのですが、カテドラルに設置されたオルガンの特徴は電気式(ニューマチック)で、パイブ本数が3200本ある大きなもので、音の出る仕組みが、鍵盤を押すと電気仕掛けで弁が開く仕組み のため電気部品が多く、古くなるにしたがい部品が劣化し故障が多くなりました。故障すると、対応できる部品も今では作られていない物もあり、修理に膨大な費用がかかっていました。

 

新しいオルガンはどんなものですか―

イタリアのマショーニ社 (MASCIONI) 製の伝統的なメカニカル式(機械式)のものです。ふいごは電動送風機を使います。コンピュータ制御によるストップの組み合わせをメモリー出来るため、プロでない方でも 操作がしやすく演奏が可能です。オルガンの素材は殆ど天然ムクの材料を使い、伝統的な工法で製作されますので何百年も持つと思われます。

 

 

どのようにこのオルガンを選んだのですか―

パイプオルガンは元々イタリアの教会で使われましたが、日本にある大きなオルガンはたいていドイツ製のもの が多いようです。イタリアの伝統的メカニカル式オルガンの中には、500年前に作られて今も使われているものがあります。そして、色々調査したところ、マショーニ社は評判も高く、規模、実績、170年の伝統があり、応対も迅速、親切、丁寧でした。

 

 

苦労している点は―

ひとつにはカテドラルの建築構造上の問題です。今、使用しているオルガンは2、3階部分にパイプとコンソール(演奏台)に分けて設置されていますが、新しいオルガンは一体型で、高さは10m以上となるため、3階部分 の床を取り壊したかったのですが、建物の構造上無理なので、“梁”だけ残し、9トンの重さを支えられるように、2階部分を強化します。

もうひとつは繊細な楽器なので急激な温度と湿度の変化に対するため工夫が必要となります。カテドラルは冬は暖房によりとても乾燥するため、加湿設備の検討をしています。

 

 

いつ頃新しいオルガンの音が聞けますか―

今、イタリアで製作中です。出来上がると一旦工房で仮組し、OKならばらして梱包し、コンテナ2台分ほどになったものが東京に送られてきます。2003年クリスマス 直後に現オルガンを解体し、1月に設置場所の改造工事を行い、2月から新オルガンを組み立てて、整音、調律し、2004年の復活祭頃には完成の予定です。

 

今後の進み具合など、進捗状況をまたご報告しますので、楽しみにして下さい。

 

 


 

東京カテドラル聖マリア大聖堂の新パイプオルガンについての問い合わせはカトリック東京大司教区、本部事務局長のチェレスティーノ神父までお願いします。

cele@tokyo.catholic.jp

このパイプオルガンの新設には多大な費用がかかりますので、皆様からの寄付を募っています。

寄付金の送り先は 

銀行振込みの場合:
東京三菱銀行 江戸川橋支店 普通預金 口座番号: 0789871
口座名義: 宗教法人 カトリック東京大司教区

 

郵便振替の場合:
郵便振替口座: 00130-4-351822
口座名義: カトリック東京大司教区




教皇ヨハネ・パウロ2世追悼ミサ(メモリアルミサ) 式次第

2005.4.8教皇ヨハネ・パウロ2世追悼ミサ(メモリアルミサ) 式次第