カトリック小岩教会

image_pdfimage_print

名称

カトリック小岩教会

教会堂名

聖ボニファチオ 

創立年月日

1958年5月5日

主任司祭

ミカエル 酒井 俊雄 (さかい としお)

信徒数

942人 (2016年12月31日現在)

主日のミサ

  • 9:30(日本語) 
  • 第2日曜日 13:30(タガログ語)
  • 第4日曜日 13:30(英語)

週日のミサ

水・木・土曜日 7:00  金曜日10:00

宣教協力体

京葉

教会学校

○ 月2回、日曜日ミサ後 (対象:小学生)

講座

入門講座

  • 日曜日 11:00
  • 火曜日 10:00/19:00

聖書講座

  • 木曜日 10:00/19:00
  • 金曜日 10時のミサ後

住所

〒133-0057 東京都江戸川区西小岩4-4-1 [Google地図]

電話

03-3657-0656

Fax

03-3657-8696

ホームページ

http://www.koiwa-ch.jp/ 

身障者設備

スロープ(または、バリア・フリー)、トイレ

交通案内

JR総武線「小岩駅」北口より、徒歩7分。 京成本線「小岩駅」より、徒歩15分。  

歴史

小岩教会は、1954年に本所教会の準教会として 発足、1956年に小教区となりました。発足当時の信者数は、30名くらいとのことです。 現在の聖堂は、1958年5月5日、ケルン大司教区の多大な援助によって献堂され、ドイツの守護の聖人「聖ボニファチオ」を保護の聖人としていただいて います。そして、2008年献堂50周年を迎えました。 聖ボニファチオは、ドイツの使徒と呼ばれており、ゲルマン民族をキリスト教に改宗させ、ドイツでその教会を組織した上に、フランク教会(今のドイツとフランスとを含む地域)と、ローマ聖座との結束を固めて、西欧文化の基礎を築きました。 聖ボニファチオは、722年に、ローマで司教に叙階されています。 小岩教会の教会印は、木と斧のマークですが、これは紀元724年に、北部ヘッセのフィツラー で異教徒たちが、「雷神トール」の宿る神木として礼拝していた樫の木を、聖ボニファチオが切り倒した、と伝えられていることに由来しています。異教徒たちが、「天罰が下る」と、かたずを呑むなか、何事も起こらず、それ以降は住民たちは、迷信の夢から覚め、聖ボニファチオを尊敬し、続々と受洗したそうです。 しかし、彼が754年に52人の宣教師とともに、フリースランドに行き、布教の最前線で働いていたところ、同年6月5日の聖霊降臨祭で教敵に襲われ、他の宣教師とともに殉教しました。 聖ボニファチオの記念日は6月5日 です。 献堂50周年の記念として、ケルン大司教区より聖ボニファチオの聖遺骨をいただき、2009年6月、聖堂に安置されました。  

現状

カトリック小岩教会は、東京都の東端に位置し、江戸川区西小岩、下町の活気と人情が感じられる町の一角にあります。ゆったりと流れる江戸川が、千葉県との県境となって、東京湾に注いでいます。伊藤左千夫の「野菊の墓」の舞台となった矢切の渡しや、寅さんシリーズで有名になった柴又帝釈天などが近くにあり、文学の香りの高いところです。 教会には、東京教区立のレジナ幼稚園が併設されています。 (小岩教会広報部)