カトリック豊四季教会

image_pdfimage_print

名称

カトリック豊四季教会

教会堂名

平和の元后 聖マリア

創立年月日

1971年4月27日

主任司祭

使徒ヨハネ 立花 昌和 (たちばな まさかず)

協力司祭

ペトロ 小川 拓郎 (おがわ ひろお)

信徒数

1,683人 (2016年12月31日現在)

主日のミサ

  • 土曜日 17:30
  • 日曜日 8:00 / 10:00
  • 第3日曜日 15:00(タガログ語)

週日のミサ

  • 金曜日 10:00
  • 火、木曜日 6:50
    (キリスト・イエズスの宣教会 流山修道院にて)
    キリスト・イエズスの宣教会 流山修道院
    〒270-0092  流山市東初石5-135-2 [Google地図]
    電話 04-7152-1022

宣教協力体

東葛飾

教会学校

  • 教会学校 第1、3、5日曜日 10:00ミサ後(対象:小学生)
  • 中高生会 日曜日 11:30

講座

  • 求道者向け入門講座(講師:渡邉神父) 毎週土曜日 16:00
  • 信徒向け「パウロ書簡」を読む会 (講師:渡邉神父)
    第1、3木曜日 10:00 / 第2、4土曜日 10:30
  • キリスト教水曜講座 (講師:小川神父) 毎週水曜日 19:00
  • Sr.マグダレナによる聖書の勉強会 第4木曜日 10:00

信徒による講座

  • 聖書通読会 毎週水曜日 10:00
  • 聖書の集い 毎週木曜日 10:00
  • 聖書100週間 第2、4土曜日 15:00
  • 聖書通読会「旅」  第2日曜日 10:00ミサ後
  • DVD映像による勉強会  第4日曜日 10:00ミサ後 ※いつからでも、どなたでも参加できます。
  • 小学生対象教会学校  第2、4、5土曜日 11:40

諸活動

売店:キリスト教関係の書籍、聖品、修道院製のクッキーなどを販売。日曜日午前中オープン。

住所

〒270-0134 千葉県流山市長崎2-444-1 [Google地図]

電話

04-7145-9933

Fax

04-7144-7988

ホームページ

http://catholic-toyoshiki.la.coocan.jp/

身障者設備

スロープ、トイレ、車椅子

交通案内

東武鉄道野田線「豊四季駅」より、徒歩20分。
(タクシーで1区間「長崎2丁目のカトリック教会」と言ってください。)  

日曜日には教会バスが豊四季駅~教会間運行しています。

  • 豊四季駅発 7:40 / 9:24 / 9:42
  • 教会発 9:10 / 9:30 / 11:25

【車でお越しの場合】 豊四季教会ホームページに詳しい地図がありますので、ご利用ください。

歴史

当教会は松戸教会から出発しており、柏地区の信徒の急激な増加により、柏にも教会が欲しいという信徒の熱意からできました。1970年に当時の教区長土井辰夫枢機卿の任命により、浜崎正雄神父が準備を始めました。残念なことに完成直前に死去され、甥にあたる深水正勝神父が後継し、 1971年5月、 国道16号線に沿った柏市東台に 「カトリック柏教会」 として最初の教会が献堂されました。 面積240坪あまりの土地に聖堂・ホールが所狭しと建てられ、駐車場も2台分しかありませんでした。  その後、信徒が増加したためにより広いものを求める声が大きくなり、移転が検討され、具体化していきました。土地等の交渉が難航し、想像を絶する努力の末、1991年9月この土地に建設され、白柳大司教により献堂式が行われました。移転に伴い教会名も「カトリック柏教会」から「カトリック豊四季教会」と改められ、主任司祭にスカボロ宣教会のハクシャー神父が赴任されました。 その後4代目の主任司祭だった岡田武夫大司教は東京教区長に任命され現在に至っています。 この教会は、聖母マリアのご保護を願って、 「平和の元后聖マリア」 に捧げられています。  

沿革

上野駅から常磐線で30分、 柏駅で東武野田線に乗り換え、 一つ目の豊四季駅から徒歩20分、 そこに豊四季教会があります。 その名のとおり、 緑豊かで四季折々の花が咲き、 鳥たちも集まり、 都会の教会とは少し違った趣を持っています。 柏市、 流山市、 我孫子市、 野田市など、 東京教区の東のはずれに位置し、 さいたま教区と隣接しています。  

現状

信徒数は1700名を越え、 信徒を中心に、司祭不在の将来に見据えて、信徒一人一人の意識改革にチャレンジ中です。 ヨゼフ会 (壮年男性)・婦人会・中高生会・光の子 (小学生対象の教会学校) と各活動グループが、それぞれ活動しています。 
特に最近は、 シニアの信徒の著しい高齢化に伴い、教会行事は自主ボランティアの方々中心に、教会委員会、役員らが連携して活動しています。しかしながら、恵まれた自然を生かした庭の手入れや整備等は、歴代緑化部の方々が高齢化になっても、後継者を一人、二人と集めつつ、維持管理しているグループをあります。日曜日の喫茶 (お薦めは手作りカレーと入れたてのコーヒー)やホーリーコーナー (教会用品の売店)は、 女性の奉仕グループによって催されています。このように、 豊四季教会の自慢は、森に囲まれた教会環境と、信徒の手作りの味です。 みんなで少しずつタレントと時間を出し合って作り上げている教会です。 
 また、 松戸・亀有・豊四季の三つの聖堂共同体で構成された 「東葛飾宣教協力体」 の連携体制も、 少しずつ充実し、各種の交流会(ゴルフコンペ、黙想会等)が行なわれ、 共に祈り、 親睦を深めように一歩づつ踏み出しています。 
主日のミサは土曜日夕方5時半から、 日曜日朝8時と10時からです。 タガログ語のミサが、 第3日曜日午後3時にあります。 
近くのキリスト・イエズスの宣教会流山修道院にて定期的黙想会(せせらぎ主催)が行われています。  ぜひ豊四季教会へ遊びにいらしてください。