聖母の被昇天説教(カテドラル関口教会)

    image_pdfimage_print

    2012年8月15日 7:00 東京カテドラル関口教会にて

     

    第一朗読 黙示録11・19a、12・1-6,10ab

    第二朗読 一コリント15・20-27a

    福音朗読 ルカ1・39-56

     

    (福音本文) 

    そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。そして、ザカリアの家に入ってエリサベトに挨拶した。マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、その胎内の子がおどった。

    エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言った。「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」

    そこで、マリアは言った。

    「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。

    身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。

    今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう、力ある方が、わたしに偉大なことをなさいましたから。

    その御名は尊く、その憐れみは代々に限りなく、主を畏れる者に及びます。

    主はその腕で力を振るい、思い上がる者を打ち散らし、権力ある者をその座から引き降ろし、身分の低い者を高く上げ、飢えた人を良い物で満たし、富める者を空腹のまま追い返されます。

    その僕イスラエルを受け入れて、憐れみをお忘れになりません、わたしたちの先祖におっしゃったとおり、アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」

    マリアは、三か月ほどエリサベトのところに滞在してから、自分の家に帰った。

     

    本日、8月15日は日本のカトリック信者にとって特別に大切な日です。8月15日は聖母の被昇天の祭日であり、同時に第二次世界大戦終了の日だからです。

    この戦争で実に多くの人が尊い命を落とされました。戦場でなくなられたすべての兵士だけでなく、戦争によって命を奪われた非戦闘員を含めて、すべての戦争による犠牲者のために、永久の安息を願ってミサをささげたいと思います。

    今日は平和旬間の最後の日です。今年は『原発と核のない未来へ』という副題を掲げて、祈りと学び、そして訴え(アッピール)を行ってきました。

    わたしは、原子力発電と核兵器の問題は、人類の思い上がりとエゴイズムのもたらした悲劇であると考えます。被造物である人間は、創造主であり神の定めを謙虚に守り尊重し、また互いに赦し合い、互いに仕えあわなければなりません。単純質素な生活、祈りと犠牲の生活に立ち戻る決意を新たにいたしましょう。

    今日のミサの福音は、ルカの1章から採られています。

    エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言いました。「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。・・・主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」(ルカ1・42-43,45)

    マリアはなぜ幸いであると言われるのか、と言えば、それはマリアが「主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方」だからです。その深い信仰の故にマリアは幸いな方と呼ばれます。

    マリアは自分が救い主の母となる、という天使の告げを信じました。「お言葉どおり、この身に成りますように」(ルカ1・38)という信仰、「なりますように(フィアット)」*という信仰による従順によってマリアは救い主の母となったのでした。

    天使を通して告げられた神の呼びかけに「はい」と答えるということは実に命がけの行為です。わたしたちはこのマリアの信仰に倣わなければなりません。

    おりしも今年10月11日より『信仰年』が始まります。聖母の取次ぎにより、わたしたちの信仰を深くしていただけるよう、祈りましょう。

    わたしたちは今日、聖母の被昇天を記念します。

    おんひとり子の母、汚れのないおとめマリアは、幸いな死を迎えられました。聖母のからだは腐敗をまぬがれ、からだも魂もともに主イエスの復活に与り、天にあげられました。**

    パウロは教えています。

    「キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となりました。」(1コリント15・20)

    マリアは復活されたキリストの復活に与るものとなりました。マリアは、いわば「復活した者の初穂であるキリストのそのまた初穂」である、といえましょう。

    イエスの十字架によって「剣で心を刺し貫かれます」(ルカ2・34)というシメオンの預言は成就しました。聖母は悲痛な思いをもって十字架のもとにたたずみ、御子イエスの苦しみに寄り添ったのでした。

    イエスは十字架を通して人類の隔ての壁、敵意と憎悪に打ち勝ち、人類に和解の恵みをもたらしました。聖母はこのイエスの使命のためにもっとも忠実な協力者であり、信じる者の信仰の模範でありました。すべての人の母である、被昇天の聖母の取次ぎによって祈りましょう。

    主イエスよ、わたしたちの心から、敵意、憎悪という心の壁を取り除いてください。わたしたちが自分のうちにある自己中心に打ち勝ち世界の平和のために働くものとなることができますように。

     

    *「フィアット」はラテン語で「なりますように」という意味。

    **1950年に教皇ピオ十二世によって宣言された教義による。