「パウロ年」開始ミサ説教

    image_pdfimage_print

    2008年6月28日12:00~ 麹町教会にて

     

    朗読箇所
    第1朗読  イザヤの預言49.3,6-6
    第2朗読 使徒パウロのガラテヤへの手紙1.11-20
    福音朗読 マタイによる福音10.16-22

     

    本日、2008年6月28日より「パウロ年」が始まります。来年の6月29日までの一年、特に使徒パウロの教え、その生涯に学びたいと思います。 

    先日、6月6日、この主聖堂におきまして日本カトリック司教協議会主催による「パウロ年公開講座」が開催され、聖パウロ修道会の澤田豊成神父様(さわだとよなり)と朴憲郁(パクホンウク)先生による講演、両講師と三管区大司教とのパネルディスカッションが行なわれ、多数の皆様が参加されました。お二人から非常に示唆に富んだお話をうかがうことができ幸いでありました。この一年、このような研修の機会が多数設けられますよう願っています。 

    ご存じのようにミサの第二朗読は使徒パウロの手紙からとられることが多いです。主日の福音との関係でパウロの教えを学ぶのも一つの有益な方法だろうと思います。また一年をかけてパウロの全ての手紙を深く読み黙想、観想する、いわゆるlectio divinaに挑戦するのもすばらしいことです。 

    本日の朗読、ガラテヤの信徒への手紙が告げているように、パウロは元来熱心なユダヤ教徒でありました。「わたしは、徹底的に神の教会を迫害し、滅ぼそうとしていました。また、先祖からの伝承を守るのに人一倍熱心で、同胞の間では同じ年ごろの多くの者よりもユダヤ教に徹しようとしていました。」(1.13-14)。そのパウロがダマスコへの途上で劇的な回心を遂げます。「突然、天からの光が彼の周りを照らし」(使徒言行録9.3)「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」( 同9.4)という声を聞きます。このときからパウロはイエス・キリストに捕らえられた人となったのです。サウロはアナニアという人に上から手を置いて祈ってもらい(按手)、聖霊に満たされて、「目からうろこのようなものが落ち」( 同9.18)、洗礼を受け、早速、イエスこそ神の子であると宣べ伝え始めます。 

    このパウロの回心の体験とは何であったのでしょうか。わたしはしばしば思い考えます。まさに一方的な話です。一方的にキリストから声をかけられ捕まえられたのです。そのときからキリストが彼の中で働き始めました。殉教の最期を遂げるまでキリストはパウロのなかで生き続け、働き、彼を動かし続けました。それはまさにパウロ自身が言っているとおりです。「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしのうちに生きておられるのです」(ガラテヤ2.20)。自分で努力してキリストに出会いキリストを信じて使徒になったのではなく、ただ選ばれ召し出され、恵みに与って生きた人です。この体験が使徒パウロの信仰の根底にあったのだろうと思います。 

    パウロという人は人間としてどんな人だったか、関心がもたれる点です。非常に強い行動的な人、博識で雄弁な人という印象ですが、そうでもないという見方もあります。「わたしのことを、『手紙は重々しく力強いが、実際に会ってみると弱々しい人で、話もつまらない』という者たちがいる」(二コリント10.10)という箇所もみられます。また彼は人間としての弱さをもっていたらしく、それを「とげ」と言っています。(同12.7)そのとげとは何であったのか諸説があるようですが、彼はそのとげを取り除いてくださるよう三度主に祈ります。しかし、主の返事は次のようなことばでした。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(同12.9)。そこで彼は言います。「だからキリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです」( 同12.9-10)。すごい信仰、強く深い信仰だと感嘆します。そのような信仰に少しでも与りたいと思います。 

    今日の福音でイエスは言われます。「何をどう言おうかと心配してはならない。そのときには、言うべきことは教えられる。実は、話すのはあなたがたではなく、あなたがたの中で語ってくださる、父の霊である」(マタイ10.19-20)。父の霊は聖霊であります。パウロに宿ったのも聖霊であります。聖霊はパウロの弱さの中で働きました。

    今日のイザヤの預言では、主の僕は次のように言います。

    「主の御目にわたしは重んじられている。わたしの神こそ、わたしの力」(イザヤ49.5)。パウロの力はパウロのものではなく、キリストのもの、神の力でした。 

    さて2008年、日本の教会では11月24日、列福式が行われます。188人の殉教者たちは、17世紀前半の日本で、「わたしの神こそ、わたしの力」の信仰を証ししました。今のわたしたちの証しは何でしょうか?人々は精神的に非常に困難な状態に置かれているように思われます。人々は孤立し孤独な状態に置かれています。人と人とのつながりが薄く弱い時代です。人と人とのしっかりしたつながりはどうしたらできるでしょうか?ここにわたしたち教会の役割があると思います。信仰においてつながる、そのような人と人のつながり、かかわり、それが求められています。そのためにパウロ年を捧げたい、パウロの信仰をわたしたちにお与えくださいと切に祈ります。