ケルン大司教区の新しい大司教任命に関して

2014年07月12日

image_pdfimage_print

東京教区の皆さまへ

東京教区本部事務局
事務局長 高木賢一

 

昨日、2014年7月11日・金曜日に、教皇フランシスコは、2月28日・金曜日付けで、ケルン大司教区の大司教を引退されたヨアヒム・マイスナー(Joachim MEISNER)枢機卿の後継者として、現・ベルリン大司教区の大司教であるライナー・マリア・ヴェルキ(Rainer Maria WOELKI)枢機卿を任命したという発表がありました。

尚、新しい大司教の着座式は、ドイツ時間で、2014年9月20日・土曜日、午前10時30分から行われる予定です。

ケルン大司教区からの手紙によれば、重責を担われる新しい大司教のために、祈って頂きたいとのことです。

 

ヴェルキ枢機卿の経歴

 

1956年       ケルンに生まれる

1985年       司祭叙階

2003年3月30日  ケルン大司教区の補佐司教に叙階される

2011年7月 2日  ベルリン大司教に任命される

2011年8月28日  ベルリン大司教区に着座

2012年2月18日  枢機卿に親任される

2014年7月11日  ケルン大司教区の大司教に任命される