ヤコブ幸田和生補佐司教:略歴・著書

    image_pdfimage_print

    略歴

    1955年3月11日 東京生まれ
    1976年11月14日 成城教会にて受洗
    1979年4月 東京カトリック神学院入学
    1984年3月4日 柏教会にて助祭叙階
    1985年3月3日 カテドラルにて司祭叙階
    1985年4月 高円寺教会助任
    1988年4月 高幡教会主任
    1991年4月 東京カトリック神学院モデラトール
    1997年4月 西千葉教会主任
    2002年4月 教区本部
    2003年4月 潮見教会小教区管理者兼任
    2004年11月29日 東京補佐司教任命
    2005年2月19日 カテドラルにて司教叙階

     

    ヤコブ幸田和生司教著書等 

    「ゆるしの力」

    「福音をきくために」 

    連載中

    「わかりやすいキリスト教のはなし」・・・『カトリック生活』(ドン・ボスコ社)2008年1月~ 

    CD

    「福音を聞く-新約聖書への招き-」

    「福音を生きる-信仰生活への招き-」

     

      

     

    「福音をきくために」 オリエンス宗教研究所発行

    イエスのメッセージから、当時の弱い立場に置かれた人々にとっての福音の意味とは何か、を見つめ直した珠玉の一冊。小教区司牧の第一線に立ち続け、東京カトリック神学院のモデラトール(養成担当)を経て、日本の教会の典礼の変革に関わったひとりの司祭(2005年、東京教区補佐司教に 叙階)が、わたしたちにとっての「良い知らせ」とは何かを、自分自身のことばでまとめた、静かな感動を呼び起こす書。

    「それぞれにそれぞれの悩みや傷ついた心を抱えながら」集ってきた人びとともに聖書を読んで改めて発見した、「生きる喜びと希望を見出すイエスのメッセージ」の数々がちりばめられている。

     

    カトリック書店、オリエンス宗教研究所のホームページなどにてお求めいただけます。 

     

     

     

    「ゆるしの力」 女子パウロ会発行

    もくじ

    罪とゆるしをめぐる現代の状況
    罪と言われても / 悪の体験 / 自分の問題と向き合う

    イエスのもたらしたゆるし
    アフェシス─解放のメッセージ / イエスの時代の罪の問題
    共感によるゆるし / 絶望からの回心 / つながりの回復─イエスの戦い
    十字架による関係回復 / 人と人とのゆるし合い

    ゆるしの実践に向けて
    罪とゆるしのプロセス/ゆるしを告げる教会/秘跡とゆるし

     

    カトリック書店、女子パウロ会のオンラインショップなどにてお求めいただけます。