平和旬間2014

image_pdfimage_print

祈りのリレー・寄せられたコメントと祈りの言葉 

 

平和旬間 2014
8月6日(水) ~ 15日(金)
平和を実現する人々は幸い
― 東アジアの兄弟姉妹とともに― 

 

平和旬間2014にあたって

1981年、教皇ヨハネ・パウロ2世は、広島の地で「戦争は人間の仕業です。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。」と 訴えられました。この広島での平和アピールにこたえて日本の司教団は平和旬間を定めました。広島に原爆が投下された8月6日から、8月9日の長崎の原爆投下をはさんで、太平洋戦争敗戦に至る8月15日までの10日間を、とりわけ平和のために祈り、平和について学び、行動する期間としています。 

2014年 平和旬間 日本カトリック司教協議会 会長談話(カトリック中央協議会ホームページ)

  

委員会企画 8/9(土)カトリック麹町教会~ カテドラル関口教会 

【麹町教会・ヨセフホール】

14:00~
講演会「罪は戸口で待ち伏せている(創世記4:7) ―過去を見る眼と反知性主義― 」 (開場13:00) 
※手話通訳があります。教会内には駐車できません。

シスター三好千春(みよしちはる)
プロフィール

愛媛県生まれ。南山大学人文学部教授。修道会入会以前は、埼玉大学助教授。専門は19世紀朝鮮王朝史。現在は、日本および韓国の近代キリスト教史の研究に従事。 大学の講義で「靖国問題」を取り上げた際の学生の反応から、若者の歴史認識に関心を持つようになる。共著として『死と再生』 (日本キリスト教団出版局)、『100年の記憶』(南窓社)、『3・11以後何が問われているのか』(南山大学社会倫理研究所)など。援助修道会修道女。

 15:20~ 司教からのコメント 岡田武夫大司教・幸田和生司教

Youtube動画

講演   シスター三好千春  [動画] (1:19:38) ★講演レジュメ(PDF)

コメント 岡田武夫大司教 [動画] (12:02)

コメント 幸田和生司教 [動画] (06:37)

 

平和巡礼ウォーク  ~カテドラル関口教会聖マリア大聖堂まで

コース(1) 16:00 麹町教会 出発(集合:テレジアホール)

コース(2) 16:30 本郷教会 出発(集合:本郷教会)

コース(3) 16:30 豊島教会 出発(集合:豊島教会)

コース(4) 16:45 目白駅前 出発(集合:JR山手線目白駅前)

      ※ 帽子、飲料水等は各自でご用意下さい。

      ※ のぼり、平和の祈りのうちわ等を、平和旬間委員会で準備しております。

 

【カテドラル関口教会】

18:00~ 平和を願うミサー戦争の犠牲になったすべての方々の追悼ー (岡田武夫大司教、幸田和生司教) 

       ※手話通訳があります。

 

多摩地区 8/10(日) カトリック立川教会 

10:00~ 平和を願うミサ(司式: 岡田武夫大司教)

11:20~ 講演会「私があなたがたを愛したように互いに愛し合いなさい」  

山浦玄嗣(やまうらはるつぐ)さん

プロフィール
岩手県大船渡市在住。医師。本業のかたわら、ふるさと気仙地方の方言をケセン語として研究。『ケセン語大辞典』(無明舎出版)、『ケセン語訳新約聖書』 (イー・ピックス)を発行。東北大震災で被災後も『イエスの言葉ケセン語訳』(文春新書)、『「なぜ」と問わない』(TOMOセレクト)など力強いメッセージを送り続けている。カトリック信者。 

13:00~ 交流会

※教会内には駐車できません。

企画運営 多摩北宣教協力体

 

千葉地区 8/10(日)カトリック木更津教会 

10:00~ 平和を願うミサ(司式:幸田和生司教)

11:30~ 講演会「コンゴ、東チモール支援活動の現状報告」  

シスター友田敦子(ともだあつこ)  

プロフィール

汚れなきマリアのクラレチアン宣教修道女会修道女。1965年入会。「市原市辰巳台福祉ネットワーク」会員。現在、コンゴと東チモールの支援活動中。  

12:30~ 交流会

9:00~14:00 パネル展示 

企画運営 安房・上総宣教協力体

  

中央地区 8/10(日)カトリック渋谷教会 

14:00~ 講演会「正義と平和をどう抱合せるか ―グローバル時代の聖書的な生き方―」 

浜矩子(はまのりこ) さん 

プロフィール

同志社大学大学院ビジネス研究科教授。エコノミスト。東京都生まれ。一橋大学卒業、三菱総合研究所入社。同社初代ロンドン駐在員事務所長、経済調査部長、政策経済研究センター主席研究員を経て、2002年より現職。専門は国際経済学。金融審議会や国税審査会等の委員を歴任。著書、テレビ出演、新聞・雑誌のコラム執筆多数。カトリック信者。 

16:00~ 平和を願うミサ(司式:岡田武夫大司教)

※手話通訳があります。  ※教会内には駐車できません。 

企画運営 玉川通り宣教協力体 

 

自主企画 8/10(日)カトリック上野毛教会 

13:30~ 講演会「 いのち・教育・平和 ―内戦の中で私は神を見た― 」 

カンベンガ=マリールイーズさん

プロフィール
NPO法人「ルワンダの教育を考える会」代表。ルワンダ内戦に巻き込まれ、三人の幼い子どもたちを守って逃げまどい、生き延びた経験をもつ。死と背中合わせの混乱の中で“神様と出会う”という体験をするとともに、戦争をなくし平和をもたらすには教育しかないという信念を抱く。日本に難民として受け入れられ、帰化。福島市在住17年。カトリック信者。 

15:00~ 平和を願うミサ(司式:今泉健神父・竹内正美神父・アキレ=ロロピアナ神父)

※教会内には駐車できません。

企画運営 世田谷南宣教協力体

 

自主企画 8/15(金)カトリック高円寺教会 

11:00~ 平和を願うミサ(司式:岡田武夫大司教)

12:00~ 交流会

      ※教会内には駐車できません。

企画運営 武蔵野南宣教協力体

 

祈りのリレー

開始 8月6日( 水)5:00 ~ 終了 8月15日(金)24:00

祈りのリレーへの招き 岡田武夫大司教

「平和を実現する人は幸い!」では平和のために何ができるでしょうか?色々あるでしょうが、ひとつ、誰にでも出来ることで確実によいことがあります。それは祈る、ということです。では何を、どう祈ったらいいでしょうか?自分の祈りにあわせて自分は何をしたらいいでしょうか?この機会に考え話し合いましょう。そして自分の祈りを、場所を越え、時間を越えて、世界の兄弟姉妹の祈りにつなげるよう努めましょう。 

祈りのリレー申込みページ / 申込み状況一覧 

■応募について

●期間中、いつでも何度でも参加いただけますが、1単位は30分とします。

●開始の時刻は0分と30分とします。

●祈りの形式は特に定めません。場所は、病床でも、自宅でも、職場でも、聖堂でも。

   主の祈り、アヴェ・マリアの祈り、ロザリオの祈り、平和のための祈り2014、あるいは自分のことばでお祈りください。

●参加希望の時間帯が、他の人やグループと重なっていたとしても、どうぞご応募ください。

●今年の祈りのリレーは、毎日午前5時から午後12時までとします。 

■応募方法

●ファクシミリで
申込用紙(教会・修道院にて配布) に必要事項を記入の上 03-3944-8511にFAX。

●インターネットで
申込みページより

●郵送で
申込用紙(教会・修道院にて配布)に必要事項を記入の上、下記へ郵送
東京教区本部事務局 平和旬間委員会
〒112-0014 東京都文京区関口3-16-15 (Tel:03-3943-2301)

 

平和のための祈り / Player for Peace / 为和平祈祷 / 평화를 위한 기도

平和のための祈り 2014

いつくしみ深い神よ、

御子イエス・キリストはすべての人に平和の福音を告げ知らせ、

十字架によって、人と人、民族と民族の間にある

敵意という隔ての壁を打ち砕いてくださいました。

キリストを信じるわたしたちが、この世界の中で、

和解と一致のパン種となることができますように。

聖霊がすべての人の心に働きかけ、

ともに平和への道を歩ませてくださいますように。

わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

Merciful and loving God,

your Son, our Lord Jesus Christ,

proclaimed a gospel of peace,

and by his cross broke down the wall of enmity

between individuals and between peoples.

May we who believe in Christ become a leaven of reconciliation and unity in this world.

May the Holy Spirit

inspire the hearts of everyone

to direct their steps on the path to peace.

We ask this through Jesus Christ. Amen

 

富于慈悲的天主,

您的圣子耶稣•基督向全人类宣告了和平的福音,

并以十字架拆毁了人与人之间、

民族与民族间阻隔的墙壁,就是双方的仇恨。

愿信从基督的我们能在这世界上成为

和解与合一的酵母。

也祈求圣神能在所有人类的心灵中进行圣工,

使大家合成一体,朝和平的道路迈进。

以上所求是靠我们的主耶稣•基督。阿们。

 

평화를 위한 기도 (동아시아의 형제자매들과 함께)

인자하신 하느님 아버지,

성자 예수 그리스도께서는 모든 이에게 평화의 복음을 선포하시고

십자가를 통하여 사람과 사람, 민족과 민족을 가르는

장벽인 적개심을 허무셨나이다.

그리스도를 믿는 저희가

세상의 화해와 일치를 이루는 누룩이 되게 하소서.

믿는 이들의 마음에 성령의 불을 놓으시어,

모두가 평화의 길을 걷게 하소서.

우리 주 예수 그리스도를 통하여 비나이다. 아멘.

 

 


 

「平和のための祈り」download (A5サイズ) 

 

連絡先:

東京教区本部事務局 平和旬間委員会

〒112-0014東京都文京区関口3-16-15 

TEL 03-3943-2301 FAX 03-3944-8511

 

祈りのリレー・寄せられたコメントと祈りの言葉 

 

ページ: 1 2