ペラール神父司祭叙階金祝ミサ説教

image_pdfimage_print

2015年5月10日 復活節第六主日 潮見教会にて

[聖書朗読箇所]

説教

今日のヨハネの福音は冒頭で次のように言っています。

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。」(15・9)

イエスは弟子たちを愛していました。そのイエスの愛は父である神がイエスを愛されたように愛するという愛でした。父である神の愛とはどんな愛でしょうか。イエスは父のみこころに適う愛する子(マルコ1・11、マタイ3・17参照)であり、神は御子にすべてを与え、「神は満ちあふれるものを余すところなく御子の内に宿らせ、その十字架の血によって平和を打ちたて」(コロサイ1・19-20)たのです。

父である神の愛は、御子の内に完全に現されました。その愛とはわたしたちを救おうとする愛です。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。」(ヨハネ3・16-17)

神の愛、それは愛する独り子が人々の救いのために十字架にかかることを忍ばれる愛でした。

 

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。」(ヨハネ15・12)

あなたがたもそのように愛し合いなさい、この神の愛をもって愛し合いなさい、とイエスは言われました。

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」(ヨハネ15・13)

人を愛するとはその人のために苦しむことです。そして人のために苦しむことの極みにあるのは友のために命をささげることに他なりません。

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。」(一ヨハネ4・10)

わたしたちのほうが先に神を愛したのではなく、神のほうが先にわたしたちを愛してくださったので、わたしたちは「愛」を知り学びました。神の愛は教えられ学ぶことによって知る愛です。

 

愛とは苦しむことです。人は愛する人のために苦しみを奉げます。この愛は既にわたしたちの中で実現しています。親は自分の子のために苦しみを忍び、奉げます。

私事を申し上げて恐縮ですが、実はこの連休、故郷の家で過ごしました。家には両親の思い出が一杯です。父母のこと、その場面、言葉が思い出されます。

思えば父も母もわたしのために犠牲をささげました。息子が司祭になったために忍ぶべき苦しみはより多くなったのです。わたしはその自覚が薄かったとしみじみ思います。息子に期待していた事柄・・・は大方、消えてしまいました。司祭、司教の働きの陰には多くの人々の苦しみ、犠牲があるのです。

誰かを愛するとはその人を大切にすること、それはその人のために苦しみ、そしてその苦しみの代償をその相手に求めないことではないでしょうか。

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。」(一ヨハネ4・10)

わたしたちのために誰かが苦しんでくれたのです。そしてわたしたちもそのおかげで人のために苦しむことを知りました。わたしもあなたもそのような愛を知り、実行しています。愛を知り、愛を実行できることを感謝しましょう。

今日わたしたちはペラール神父さんの司祭叙階50周年をお祝いしています。神父さんはこの神の愛を人々に告げ知らせ、愛のネットワークをつくるために50年の司祭の働きを奉げてくださいました。心から感謝いたします。