世田谷南宣教協力体合同堅信式説教

image_pdfimage_print

2010年10月31日 年間第31主日 田園調布教会にて

 

第1朗読 知恵の書11・22-12・2

第2朗読 使徒パウロのテサロニケの教会への手紙二1・11-2・2

福音朗読 ルカ19・1-10

 

「神はひとり子をお与えになるほど世を愛された。神を信じるすべての人が永遠のいのちを得るために。」今日のアレルヤ唱です。

「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでいます。」(Ⅰテモテ2・4)使徒パウロの教えです。

神はすべての存在をいとおしまれ愛しておられます。本日の第1朗読の知恵の書は言います。

あなたがお望みにならないのに存続し、

あなたが呼び出されないのに存在するものが

果たしてあるだろうか。

命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、

あなたはすべてをいとおしまれる。

 

わたくしは「福音、喜びの便りとは何か」といえば、まずこのメッセージを思います。

存在するものすべては神の御心によって存在し、そして神の愛によって造られたのです。わたしたちの人生には多くの困難があり、この世界には多くの悪が存在します。しかし、神がすべての人の救いを望んでおられる、このわたしたちは神のお望みによってこの世に生まれたのである、という信仰はキリスト教の中心にある信仰宣言です。

 

本日の福音はザアカイという人の救いの話です。ザアカイという人は「徴税人の頭で、金持ちであった」とあります。

彼は罪深い人とされていました。罪深い人とはどんな人でしょうか?ユダヤ人の支配者ローマ帝国のために税の徴収を請負っていました。しかも不正に税をだまし取っている人と考えられていたようです。しかもザアカイは金持ちでした。人々の恨みを買い、後ろめたい気持ちを持っていた人かもしれません。複雑な屈折した心を抱えて救いを待ち望んでいた人だったと思います。イエスの評判を聞き、是非会ってみたいと思いました。「今日はぜひあなたの家に泊まりたい」というイエスの言葉を聞いて天にも昇るような気持ちになったことでしょう。「今日はぜひあなたの家に泊まりたい」は、原文の直訳では「今日私はあなたの家に泊まることになっている」「泊まらなければならない」となります。普通は、「あなたの家に泊めてくれませんか」となるのですが、一方的に「泊まることになっている」というのは変な言い方ではないでしょうか。イエスは、このような表現で、罪人とされていたザアカイに対する神の愛を告げ知らせたのだと思います。この言葉によってザアカイは救いを体験しました。彼は「わたしは、財産の半分を貧しい人に施します。また、誰かからだましとっていたら、それを四倍にして返します」と宣言します。イエスは言われました。「今日、救いがこの家を訪れた。」

イエスは貧しい人、圧迫された人のために来られました。わたしたちはよくそう言いますし、実際そうです。しかしもう一つの重要なメッセージがあります。それは、イエスは罪人のために来た、ということです。罪人の中には、金持ちもいれば権力者もいます。

金持ちには金持ちの悩みがあるでしょう。ザアカイは金持ちでした。そして人々から嫌われていました。彼の悩みと孤独は深いものであったかもしれません。

権力を持つ者にも悩みがあるでしょう。神はこの人たちの神でもあり、彼らを救う神ではないでしょうか。神の愛は罪人を赦す愛です。神の赦す愛はイエス・キリストの十字架によって示されました。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネ3・16)のです。

皆さん、とくにきょう堅信を受けられる皆さん、この神の愛を深く信じ、この神の赦す愛を多くの人々へ伝えることができますよう、祈りましょう。

世の中には、大きな財産あるいは権力を委ねられている人々がいます。時としてそれは大きな重荷となります。財産と権力を神のために用いて初めてその人々は解放と救いを経験します。ザアカイの回心がそのことを示しています。

主キリストの再臨の日、神はすべての悪を滅ぼし神の支配を完成されます。そのときまでわたしたちは、自分に委ねられている財産と権力を管理し神様にみ旨に従ってよいことのために使わなければならないのです。聖霊の導きを祈りましょう。