2006年 主の降誕・夜半のミサ説教

image_pdfimage_print

2006年12月24日 22:00、東京カテドラル聖マリア大聖堂にて

 

 

2006年のクリスマスを迎えました。「クリスマス」は一年中で最も多くの方がミサに参加してくださる日です。信者でない方も多数来てくださいます。大変うれしく有難いことです。クリスマスとは「キリストのミサ」という意味です。ミサはすべてキリストのミサで、クリスマスだけがミサではありません。ミサは一年中ささげられています。そのミサのなかで今日のミサには最も多くの人が来てくださいます。日本ではキリスト教徒は非常に少なく、全人口の1パーセントに過ぎません。さらにそのなかでわたしたちはカトリック教会に属しているものです。それなのに、クリスマスにはこのように多くの方がミサに参加してくださいます。その理由はなんでしょうか。 

クリスマスはキリストの降誕を祝う祝祭、喜びのときです。それはわたしたち一人ひとりの誕生を祝うことと深い関係があります。わたしたちは、キリストの降誕を祝いながらわたしたち一人ひとりの誕生を喜び祝うのです。お互いにその存在といのちを大切にし、また喜び祝うのがクリスマスです。神はわたしたちにかけがえのないいのちを与えてくださいました。そのいのちを大切にしようということで、喜びと勇気をいただく、それがクリスマスです。実にクリスマスは喜びのときです。クリスマスのミサの雰囲気は喜びです。それで多くの人が魅かれてクリスマスのミサに来られるのではないでしょうか。 

さて、日本にキリスト教が伝えられたのは1549年、いまから457年前のことです。キリストの福音を伝えたのは、聖フランシスコ・ザビエルという人です。キリストの福音はまもなく多くの人に受け入れられ、教会は急速に発展しました。しかし、間もなくキリスト教は禁止されてしまいます。長い迫害と禁教の時代に入りました。明治時代になってやっとキリシタン禁制の高札が撤去されました(1873年)。それから130年以上がたちました。キリスト教は依然として少数派の宗教にとどまっています。なぜでしょうか。わたしどもはその理由を考えています。日本に来た宣教者は優れた立派な方々でした。彼らの働きに問題があったからでしょうか?日本の社会にはキリスト教を否定し受け入れない強い原因、何かがあるからなのでしょうか?それはともかく、今年もクリスマスなら聖堂は一杯です。実は今年はフランシスコ・ザビエル生誕500年の年なのです。ザビエルは1506年に生まれました。彼がキリスト教を伝えてくれたので、いま多くの人がクリスマスを祝っています。そこでこの機会に、キリスト教のメッセージを少しでも皆さんにわかっていただきたいと考えます。 

神が存在します。その神は愛です。これがキリスト教のメッセージの中心です。キリスト教は2000年の間ずっと同じこと、このメッセージを伝えてきました。神はわたしたちを愛してくださいます。旧約時代を通して神はいろいろな人を通してご自分の心、愛をお伝えになりました。でも、どうもよく通じない!そこで人となった神であるキリストをお遣わしになりました。キリストは人となられた神です。神が人であればこう生きたであろうという生き方を完全に実現された方です。神は人間となり、人間の心で人を愛し、人間への愛を伝えました。誰かを愛する者はその相手のそばにいることを望みます。喜び、苦しみ、悲しみ、楽しみを共にしたいと望みます。神は人となって、しかも貧しく無力な幼子となってわたしたちのもとへ来られました。そしてわたしたちを人間の心で愛し、人間の心で愛を表し伝えられました。 

いま祭壇の前に幼子イエスがいます。もちろんこれは像にすぎませんが。この幼子が人となった神であるとは信じがたいことでしょう。幼子は無力です。この無力な存在が全知全能の神であるとは信じがたいことです。でもここに神の愛があります。神は愛。神の愛は人の苦しみを担う愛です。人生は苦しみで一杯です。神は人となられてわたしたちの苦しみを背負ってくださいました。その頂点が十字架です。ここに神の愛があります。神は愛。そしてザビエル生誕500周年。今日はこの二つのことをお土産として、持ち帰っていただきたいと思います。