カトリック松原教会

image_pdfimage_print

名称

カトリック松原教会

教会堂名

聖母の汚れなきみ心

創立年月日

1965年2月28日

主任司祭

ルド・ゴーセンス   C.I.C.M (淳心会)

助任司祭

オノレ・カブンディ C.I.C.M (淳心会)

信徒数

1,244人 (2015年12月31日現在)

主日のミサ

土曜日 19:00  日曜日 8:30 / 11:00

週日のミサ

火・水・木・土曜日 7:00  金曜日 10:00

宣教協力体

世田谷北

教会学校

  • 『日曜学校』(ミサ含む)  日曜日 10:30-12:00 (対象:小学生)
  • 『中高生 』 第4日曜日 10:30-12:00 (対象:中学生・高校生 )
  • 『 青年会』 第4日曜日 12:00 (対象:学生・社会人) 

信仰養成

  • 聖書による分かち合い 水・木曜日 10:30-12:00 金曜日 19:00-21:00
  • 聖書の勉強会 火曜日 10:00-12:00 木曜日19:00-21:00 (聖パウロの書簡における教会)
  • キリスト教入門 土曜日 10:00-12:00 (自分、キリスト、教会に出会う講座)

福祉活動

「松原ボランティアビューロー」 火曜日 10:00-15:00

衣料奉仕、朗読奉仕、資金・物資援助、古切手・使用済みテレフォンカード集め等

「さら・ぴ~の」 第2・4水曜日 13:30-15:30

高齢になっても、家の中に閉じこもったりせず、皆で集い、手・足・頭脳・口を働かせて楽しむことを
目的に2005年から開催。信徒だけでなく、地域にも呼びかけるため、世田谷区社会福祉協議会に
も登録。内容は、軽体操、聖歌・唱歌の合唱、手工芸、茶話等。

諸活動

下記ホームページを参照ください。

住所

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-28-5 [Google地図]

電話

03-3321-0941

Fax

03-3321-0009

E-mail

matsubara-church@gray.plala.or.jp

ホームページ

http://matsubara-cath.chu.jp/

身障者設備

スロープ(または、バリア・フリー)、トイレ

交通案内

京王線・京王井の頭線「明大前駅」より、徒歩4分。 ※駐車場(16台)
 

歴史

松原教会の所在する世田谷区の一角に、キリストの教えの種が蒔かれたのは、1953(昭和28)年10月。当時の淳心会管区長が、会員の上京の折の宿泊兼宣教所として開設。当時の建物は、数寄屋造りの瀟洒(しょうしゃ)な日本家屋でした。
1954(昭和29)年ごろ、門に「カトリック淳心会」の表札が掲げられ、不定期にミサがささげられるという巡回教会(世田谷教会の分教会)の形がとられていました。
1955(昭和30)年8月、常駐の司祭の任命が決まり、9月に着任、教会付近に住む信徒の司牧と宣教が始まりました。松原カトリック教会はローマのプロパガンダ・フィデによって「修道会の小教区」として設立されて東京大司教区によってその通り承認されました。
1965(昭和40)年2月、小教区の設備や司祭の事務所と住居を含む新築が完成し、同時に聖堂は淳心会を意味する「マリアの汚れなきみ心」に献堂されました。初ミサのわずか7人のから現在1200信徒を越える教会共同体となりました。
 

現状

カトリック松原教会は、京王線と井の頭線の交わる明大前駅から徒歩4分の、 交通の便のよいところにあります。 ちなみに、世田谷、初台、赤堤教会と一緒に作る宣教協力体は、戦後4つの教会が世田谷教会から分かれたことを思い起こして、「世田谷ファミリー宣教協力体」の愛称があります。
「聖書と典礼」の発行所としておなじみの「オリエンス宗教研究所」 (所長はマタタ神父) は同じ敷地内にあります。
主任司祭と助任司祭は教会内に住み、協力しています。小教区内のいろいろな集まりの多くは、日曜の2回のミサの間に行われています。
聖堂は扇形で、その要の部分が祭壇となっており、司祭から全ての信徒の顔が見えるようになっています。 「自分に出会う」・「キリストに出会う」・「教会に出会う」の3時期からなる入門講座は毎年盛況で、復活祭には受洗者がいます。
音楽の伝統がある教会で、年1回行われるチャリティーコンサートは、音楽的質の高さが好評です。収益はフィリピン・ミンダナオ島での聖マリア修道女会活動の援助金となっています。
クリスマスと復活祭には聖歌隊が活躍します。 また年に数回、土曜日の夜などに、 壮年会有志のグレゴリオ聖歌によるミサがあります。
教会の子どもたちのための日曜学校は、 若いリーダーたちの熱意と聖マリア修道女会のシスター方の熱心な協力により運営されています。 毎年クリスマスには、練習を重ねたすばらしいオラトリオを上演しています。秋に行われるバザーの収益の大半は、国内外の援助に使われています。他にも、援助を必要としている人の支援グループがいくつかあります。その中のボランティアビューローは、信徒だけでなく、地域の方々と協力し、1974年以来、熱心な活動を続けています。

淳心会(スクート会)とは

松原教会の母体である「淳心会」は、1862年に中国の人々への宣教をめざす熱心なベルギ-人司祭テオフィル・ヴェルビスト神父によって、首都ブリュッセル郊外のスクート地域(中世期の聖母の巡礼チャペルがあり)で創立されました。その地名にちなんで「スクート会」とも言われています。
ヴェルビスト神父は、当時悲惨な状況にあった中国大陸の子どもたち、特に女の子の孤児に、福音」によって「神の救いの手」がさしのべられることを願って会を設立したが、内モンゴルの旅行途中で1868年に腸チフスのためになくなりました。
淳心会の会員は、「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」(マルコ16.15)というキリストの呼びかけにいつも耳を傾け、福音を告げ知らせるために、必要とされている所にはどこへでも、全世界に使わされています。
「淳心会」とは、ラテン語の Congregatio Immaculati Cordis Mariae = C.I.C.M..(マリアの汚れなきみ心会)の略であり、「心も思いもひとつにして」(Cor unum et anima una)は、創立以来のモットーとなっています。
日本においては1948年から活動を始め、ベルギー人とオランダ人のべテラン宣教師がいれば、コンゴ共和国、フィリピンとインドネシア出身の「若い」同僚が大阪と東京の大司教区と広島と仙台教区におります。