ネットワークミーティング in 東京 派遣ミサ説教

    image_pdfimage_print

    聖書朗読箇所

    第一朗読 イザヤ58・1-11
    喉をからして叫べ、黙すな
    声をあげよ、角笛のように。
    わたしの民に、その背きを
    ヤコブの家に、その罪を告げよ。
    彼らが日々わたしを尋ね求め わたしの道を知ろうと望むように。
    恵みの業を行い、神の裁きを捨てない民として
    彼らがわたしの正しい裁きを尋ね 神に近くあることを望むように。

    何故あなたはわたしたちの断食を顧みず
    苦行しても認めてくださらなかったのか。
    見よ、断食の日にお前たちはしたい事をし
    お前たちのために労する人々を追い使う。
    見よ
    お前たちは断食しながら争いといさかいを起こし
    神に逆らって、こぶしを振るう。
    お前たちが今しているような断食によっては
    お前たちの声が天で聞かれることはない。
    そのようなものがわたしの選ぶ断食
    苦行の日であろうか。
    葦のように頭を垂れ、粗布を敷き、灰をまくこと
    それを、お前は断食と呼び
    主に喜ばれる日と呼ぶのか。

    わたしの選ぶ断食とはこれではないか。
    悪による束縛を断ち、軛の結び目をほどいて
    虐げられた人を解放し、軛をことごとく折ること。
    更に、飢えた人にあなたのパンを裂き与え
    さまよう貧しい人を家に招き入れ
    裸の人に会えば衣を着せかけ
    同胞に助けを惜しまないこと。
    そうすれば、あなたの光は曙のように射し出で
    あなたの傷は速やかにいやされる。
    あなたの正義があなたを先導し
    主の栄光があなたのしんがりを守る。
    あなたが呼べば主は答え
    あなたが叫べば
    「わたしはここにいる」と言われる。
    軛を負わすこと、指をさすこと
    呪いの言葉をはくことを
    あなたの中から取り去るなら
    飢えている人に心を配り
    苦しめられている人の願いを満たすなら
    あなたの光は、闇の中に輝き出で
    あなたを包む闇は、真昼のようになる。
    主は常にあなたを導き
    焼けつく地であなたの渇きをいやし
    骨に力を与えてくださる。
    あなたは潤された園、水の涸れない泉となる。

    第二朗読 ヨハネ一4・7-16
    愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。 神はわたしたちに、御自分の霊を分け与えてくださいました。このことから、わたしたちが神の内にとどまり、神もわたしたちの内にとどまってくださることが分かります。 わたしたちはまた、御父が御子を世の救い主として遣わされたことを見、またそのことを証ししています。イエスが神の子であることを公に言い表す人はだれでも、神がその人の内にとどまってくださり、その人も神の内にとどまります。わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。 神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。

    福音朗読 マタイ25・31-40
    「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く。そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』

    説教へ戻る