四旬節第一主日・洗礼志願式説教

    image_pdfimage_print

    東京カテドラルにて

    [聖書朗読箇所]

    説教

    今日は四旬節第一主日、ミサのなかで洗礼志願式が行われます。今日の聖書朗読と福音朗読はいずれも、洗礼を受ける準備のためにふさわしい聖書の箇所として選ばれています。

    第一朗読の創世記9章は、有名なノアの洪水について語ります。その前の6章を見ますと、「神は人間を造られたことを後悔した」という、不思議な表現が出てきます。

    「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。 主は言われた。『わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する。』」(創世記6・5-7)

    「神が後悔する」というのは不思議な話です。さらに「心を痛められた」とあるのは非常に興味深い記述です。わたしたちの神は「後悔し、心を痛める神である」ということを心に留めましょう。

    神は洪水を起こし、すべての生き物を滅ぼしますが、ノアとその箱舟に載っていた生き物は救われました。神は契約を立て「二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない」(創世記9・11)と言われました。そしてその契約のしるしを「虹」としたのです。

    わたしたちも時々空に虹を見ることがあります。虹とはしばし現実の世界の問題を忘れさせてくれる美しい現象です。神はこの虹を持って、すべての生き物を救おうとする神の約束のしるしとしたのです。虹を見るたびにわたしたちは、神はすべての生き物を救おうと望んでいる、という信仰と希望を新たにすることができます。

    新約聖書からみれば、神が洪水の後ノアに与えたこの約束は、洗礼の恵みの前表、すなわち新約の救いの出来事をあらかじめ指し示すための旧約聖書のなかでの出来事、と考えられます。

    今日の第二朗読、ペトロの手紙は、ノアの箱舟を持って、あらかじめ教会を指し示しているしるしと考え、箱舟に載って救われた人々は、洗礼によってイエス・キリストの復活の神秘に与る人々をあらかじめ指し示している、と考えます。

    さて、今日、四旬節第一主日、毎年、福音書はイエスが荒野での40日間にわたる悪霊の誘惑に打ち勝たれた次第を告げています。マタイ、ルカの併行箇所と比較すると、今日のマルコの福音の記述は実に簡潔です。

    「それから、“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。」(マルコ1・12)
    とマルコは伝えるのみです。

    マタイ、ルカの福音書ではイエスは三回の誘惑を受けたことが記されていますが、マルコはただ、「サタンから誘惑を受けられた」と告げているだけです。 

    まことの人間であったイエスはサタンから誘惑をうけることができました。イエスの受けた誘惑はわたしたち自身の受ける誘惑です。イエスはわたしたちのために誘惑と戦い、悪霊に勝利したのでした。

    荒れ野は野獣の住む危険なところです。東京というところも現代の荒れ野ではないでしょうか。わたしたち教会はその荒れ野に置かれ、日々悪霊の誘惑にさらされています。

    他方、イエスには天使が仕えた、とあります。イエスは天使の助けを受け誘惑に打ち勝ちました。わたしたちも天使に助けられて誘惑に打ち勝たなければなりません。

    わたしは、天使といえば、さりげない励ましの言葉、優しい笑顔、親切な行い、思いやりと同情など、そして何よりも日々の祈りを連想します。

    このような日々の善意がどんなにか、わたしたちを助けてくれていることでしょうか。このような善意がわたしたちを孤独から救い、一つの神の民、人類としてつないでくれていると思います。

    大都会のオアシスであろうとする教会は、天使に導かれて、日々互いに支えあい励ましあわなければなりません。

    今日はこれから洗礼志願式が行われます。

    洗礼は信仰の旅の出発です。この信仰の旅は、地上の生命の終わりのとき、死から永遠の命へ移される時に終わります。この時わたしたしたちは決定的に主の過ぎ越しの神秘に与り、主キリストの復活の命にあずかる者とされるのです。

    洗礼志願式では信条の授与が行われます。信条はわたしたちの信仰告白を、簡潔な文章にまとめたものであり、日々唱えて信仰を深める縁(よすが)とすべき大切な祈りです。

    その最初の部分は

    「天地の創造主、全能の父である神を信じます」
    という信仰告白です。

    この世界は神によって創られました。神の創造の働きは今も続いています。神は聖霊を送り、常に地上を新たにしています。

    わたしたち人間も聖霊の働きを受け、日々新しい人として生まれ変わることができます。信仰の旅は日々生まれ変わり新たにされる体験の連続であります。

    神の創造の働きはやがて完成の時を迎えます。その時とは主キリストの再臨の時です。

    洗礼志願者の皆さんは、日々この信条を唱えながら、信仰と希望を深め、また日々愛の業に励んで下さるようにお願いします。