待降節第三主日ー晩の祈り講話

    image_pdfimage_print

    東京カテドラルにて

    今日は待降節第三主日です。待降節第三主日は昔から「喜びの主日」と呼ばれます。

    今日のミサの入祭唱は「主にあっていつも喜べ。重ねて言う、喜べ。主は近づいておられる」(フィリピ4・4-5)です。

    また第二朗読ではパウロは次のように言っています。

    「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」(一テサロニケ5・16-18)

    いうまでもなく晩の祈りでいつも唱える有名な「マリアの賛歌(マグニフィカート)」では、「わたしの心は神の救いに喜びおどる。」(ルカ1・47)と述べています。

    このように本日の聖書朗読は「喜び」をテーマにしています。今日のミサのテーマは「喜び」です。

    わたしたちは人生において度々喜びの体験をしますが、それは多くの場合、やがて儚く消え去る不確かな喜びにすぎません。人生にはむしろ悲しみの方が多いのではないでしょうか。「いつも喜んでいなさい。」(1テサロニケ5・16)といわれても、「冗談ではない、なかなかそうは行かないよ」という気持ちになります。

    実にこの世界は過酷であり、人生は困難であります。この世界は、生きるのが難しい「荒れ野」ではないでしょうか。この世界は大きな闇で覆われているように感じることがしばしばです。

    しかし、今日聖書が告げる「喜び」は人間としての自然の喜びではなく、信仰の喜び、厳しい現実があっても与えられる喜びです。イエス・キリストにおいて示された神の愛、無限の神の愛と出会い、愛の泉から受ける信仰の喜びです。

    それは罪の赦しを受ける喜び、小さな存在であるわたしたちがかけがえのないものとして愛されている喜びです。

    荒れ野に泉が湧いているように、この世界には永遠のいのちに至る泉が湧いています。夜の空に星が見えるように、世界の闇のなかに復活のキリストの光が輝いています。イエス・キリストは荒れ野の泉、闇の中に輝く光であります。

    わたしたち東京教区は洗礼者ヨハネに倣い、現代の荒れ野である大都会において、神を信じる神に祈り教会の姿を示し、また孤独な人、寄る辺のない人、病気や障害に悩む人の同行者、慰め励ます者として、復活の希望の光を灯す者として歩んで行きましょう。

    この信仰と希望をもってクリスマスを迎えましょう。この信仰と希望をもって喜びのうちに主の誕生をお祝いいたしましょう。