東京教区こどものミサ説教

    image_pdfimage_print

    2009年10月11日 東京カテドラル聖マリア大聖堂にて

     

    聖書朗読 使徒パウロのエフェソの教会への手紙 2章14-18節
    福音朗読 ルカによる福音 23章34-47節

     

    みなさん、今年のこどものミサのテーマは「あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」です。これは、イエス様が十字架の上で言われたお言葉です。

    イエス様と一緒に二人の犯罪人が十字架につけられました。一人は右に、一人は左に。その中の一人はイエス様をののしって言いました。

    「お前はメシアではないか。自分自身とわれわれを救ってみろ。」

    もう一人の方は彼をたしなめて言いました。

    「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。われわれは、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことはしていない。」

    この犯罪人はどんな人だったのでしょうか?どんな犯罪をおかしたのでしょうか?人生の最後の場面で(まさに土壇場(=刑を行なう場所)で)彼は回心しました。十字架にかけられたイエス様に出会い、イエス様が苦しい息の中で言った言葉を聞きました。

    「父よ、この人たちをお赦(ゆる)しください。自分が何をしているのかを知らないのです。」

    イエス様は「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」(マタイ5・44)と教えていました。その教えの通り、自分を十字架につけた人たちのため、天の父にゆるしを願ったのです。 

    この犯罪人は人生の最後のときに十字架にかけられたイエス様に出会いました。イエス様の様子を見、お言葉を聞きました。この人とくらべて何と自分の生涯は罪深いものだったことか、と思ったことでしょう。自分は当然の罰を受けている。もうやり直しはできない。でも、こんな自分でも神のゆるしを受けて神のもとへ行くことができないだろうか、罪深い自分でもすくわれないだろうか・・・。敵のために祈るこの人にお願いすれば何とかなるかもしれない、と彼は思いました。そこで次の言葉で出て来たのだと思います。

    「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください。」

    この必死の願いに対してイエス様は、

    「はっきり言っておくが、あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」

    と答えられたのです。

    「はっきり言っておくが」の「はっきり」の原語(=もとのことば)は皆さんがよく知っている「アーメン」ということばです。わたしたちは祈るときいつも最後に「アーメン」といいますがその「アーメン」です。 

    「アーメン」は実際にイエス様の口から出た発音をそのまま伝えています。福音書の原文のギリシャでも「アーメン」となっています。さらにギリシャ語から他の言語に翻訳されたときも「アーメン」のままでした。日本語になったときも「アーメン」のままです。

    ただし今日のこの「はっきり言っておくが、あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」の場合は、「アーメン、言っておくが、あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」となると、言葉のつながりが分かりにくくなりますので、「はっきり」という訳になったと思います。

    「アーメン」はもともと「確かに、きっと、必ず、本当に」という意味です。イエス様はたびたび「本当にあなたがたに言う」と言っています。この「本当に」が「アーメン」です。それは「わたしの言うことは真実であり確実であり、必ず実現する」ということです。 

    イエス様はこの犯罪人に、

    「アーメン、言っておくが、あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」

    と言われました。ですからこの犯罪人が楽園に入るのは確実なことになったのでした。

    この人はどんな悪いことをしたのか、分かりません。彼にできたことは、ただただ人生の最後の時に、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」とイエス様にお願いしたことだけです。それなのに、人生の最後の場面で、救いをいただくことができたのです。

    人間は誰しも罪をおかします。しかし失望してはなりません、人は誰でも罪のゆるしを受けて、新しく生まれ変わることができます。父である神はわたしたちの罪をゆるし罪人を救うためにおんひとり子イエスをお遣わしになりました。おん子イエスは十字架によってすべての人のあがないをなしとげられたのです。

    誰でも自分の罪を認め、悔やみ、ゆるしを願うならゆるされ、楽園に入ることが出来ます。

    きょうわたしたちも「あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」というお言葉をいただいたのです。このことばはわたしたちの一人ひとりにも向けられています。ですからわたしたちはいつも聖母マリアに祈るのです。「・・・・今も死を迎えるときも祈ってください。」