成人式ミサ(カテドラル)

    image_pdfimage_print

    2003年1月13日、東京カテドラル

     

    今日成人式を迎えられる皆さん、おめでとうございます。

    成人式と言えば、堅信の秘跡を連想します。堅信は信徒を使徒にする恵みを授ける秘跡です。

    使徒とは「派遣された者」という意味です。誰が派遣するのかと言えば、主キリストです。何のために派遣するのかと言えば、キリストの使命(福音化、福音的使命)を実行させるためです。

    この使命を実行させるために天の父と主キリストは聖霊を派遣します。堅信の時には使徒の役割を生きるための聖霊の賜物が授けられます。その賜物とは次の7つの恵みです。すなわちそれは「知恵と理解、判断と勇気、神を知る恵み、神を愛し敬うこころ」です。本日お祝いに贈呈されるカードにはこのことばが印刷されています。

    すでに堅信を受けた方はその恵みを思い起こしてください。そして使徒として働く決意を新たにしてください。まだ堅信を受けておられない方は、できるだけ早い機会に堅信の秘跡を受けるようにしてください。

    若者はわたしたちの希望であり、明日の社会と教会を担う人々です。

    成人し大人になった人には自分の所属する共同体を支えるという責任が生じます。責任の主体となるということが成人となることだと思います。

    わたしたちは、いまという時、ここという場所で生きています。責任を担うということは今、ここでそうすることです。

    いまは明日に通じます。明日はやがていつか最後の日の完成にたどりつきます。わたくしはミサの交わりの儀の祈りをいつも思います。「わたしたちの希望、救い主、イエス・キリストが来られるのを待ち望んでいます」。

    今は過去があっての今です。今こうであるのはそうなるための過去の出来事があったからです。過去には善いこと悪いこと両方があります。責任を担うということは過去の善悪の結果を担うということです。善だけでなく悪の結果も引き受けなければなりません。

    成人したならば自分の所属する社会、教会、家庭、団体の過去に関心と注意を寄せなければならないのです。

    ところで私たちは知っています。この世界は主なる神によって創造されました。神から出たものですから基本的に善である世界です。今見られる世界の悪、人間の悪は、神と人、神と世界との関係が乱れてしまったからです。この世界と人類を刷新するために、あがなうためにキリストが来られました。キリストの救いの技は光に例えられます。彼は光として来ました。わたしたちはキリストの光を受けてこの世を照らします。

    責任ある成人は、キリストの光の証人です。

    「一隅を照らす」ということばがあります。仏教の言葉ですが、懐かしいことば、魅かれることばです。今置かれている場所でキリストの光になって照らしてください。小さな光で結構です。そのためにはキリストの光を受けなければならない。あなたがたはすでに光となっているはずです。そのことについて黙想していただきたいと思います。